RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■ゼロ円カスタム

 クローラーキングを手軽にカスタマイズする『ゼロ円カスタム』をご紹介します。

パーツ交換や追加なしで、セッティング変更だけで走破性を上げよう!それが『ゼロ円カスタム』です。

 

低重心を狙ったセッティングです。

低重心を狙ったセッティングです。

車体を真横から。右側がフロントです。ネジ位置がよくわかります。
ロアアームを内側に入れたので見た目もスッキリしました。

よく見るとわかるのですが、かなり多くのネジをステンレス製に交換しています。2.5mmの六角ソケットネジってすぐにナメてしまうので、硬いステン製に。

前後サスペンションを低い位置にセット。前後ともドゥループセッティング(スプリングを抜いただけ)で常に低重心をキープします。

リヤはバネありの方がよさそうな気がしますが、リヤが上がりすぎるので仕方なく。

前後ダンパーは上下さかさまに付けて少しでも低重心化します。

アッパーアーム、ロアアームともにいろんなネジ穴の位置を試しましたが、デフォルトの穴位置以外にするとドゥループセッティングでは「尺取虫現象」が起きて性能が落ちました。

アッパーアームがほんの少し前上がりになっていることで、岩に前輪が接触したら車体を上に持ち上げようとする力が発生し、スムーズに岩の上に前輪を載せることができます。

次はロアアームをベントタイプに交換予定。ロアアームにアルミ削り出しのダンパーステーが付いているのですが、これが岩にガンガン引っかかります。ゆくゆくはこのステーをホーシング側に移動したいところです。

 

 

�アアームを内側に

ロアアームを内側に

車体の裏側から見た写真です。

ロアアームのシャシー側取り付け位置を内側にセットして、車体のねじれすぎを防ぎます。内側への移動を「ゼロ円カスタム」で実現するためにサスマウントに使われていたカラーを流用してます。

左右をつないだ方が剛性が上がっていいんでしょうけど、まずは追加パーツなしのゼロ円セッティングです。

ちゃんと左右をつないでいるカスタムはOption No.1ブログにあります。ねじ切りされているパイプが売っていれば作れるんですけどねぇ。

バッテリーホルダーが付いていたアームがロアアームの逆反り防止のストッパーになっています。

バッテリーもフロントに移動したのでホルダーを取っ払いました。これがよく岩に引っかかっていたのでスッキリ。

ただシャシープレートとロアアームの付け根の段差が岩にひっかかるので、スキッドプレートを自作予定です。

スキッドプレートをつけたら、アンプや受信機も下側に移動できてさらに低重心化できます。(アンプはフロントに移動するかもしれませんが)

本当は車体の幅を狭めたいんですが、車体幅を縮めるとアッパーアームがモーターと干渉してしまいます。 また、モーターのおしりが地面に接触することもあります。Bergと違ってモーターを縦にしていることによる、このホーシングの設計上の限界です。(縦がダメでBergの横位置が優れている、というわけではなく、縦位置の制限です。)

モーターの全長が短いものにすれば干渉が減るのですが、そうするとモーターのトルク不足が起きるかも。ブラシレスモーターでトルクとショートケースの両立をしているものがあれば・・・ 車体が非常に重たいので、モーターのパワー&トルクアップは必須。もう少し高回転まで回った方がよさそうな気もします。

 

-p

バッテリーを輪ゴムで縛る:-p

車体の真ん中にあったバッテリーをフロントに移動。

といっても、フロントモーターに輪ゴムでくくりつけただけです。

#その後、車体が左右に傾いたときにバッテリーがずれるのを防ぐために、100円ステーを両脇にセットしました。これを台座にしてバッテリーホルダーを作る予定です。

俵型のリポバッテリーを使うのが王道なんでしょうけど、アンプもバッテリーも充電器も買い替えになって車体より高額、ってのはツラいので、しばらくはこのチープカスタムで行きます。

あと、地味にフロントサーボのリンクを後ろ側に付けて路面との接触を減らしています。

 

 

 

アッパーアームとダンパーを共締め

アッパーアームとダンパーを共締め

フロントのアッパーリンクの取り付け位置にダンパーも共締めしてあります。

これによりサスは前後に伸びる動きとなり、ねじれ方向には効かなくなります。

良し悪しですが、セクションで詰まるのがステアケースを上るような場面ばかりで、片足を上げるような場面では困っていなかったので、前後方向のみに的を絞りました。

当初、リヤもアッパーアームとダンパーを共締めして前後同じリンク位置だったのですが、これだとリヤの伸びが足りないので、リヤのみ一段上のネジ穴にダンパーを取り付けています。

あまり前後の屈折角を大きくしすぎると力が逃げるようなので、全体で60度くらいに収まるようにサスの伸び量を調節しています。 

 

 

足上げは45度以内に

足上げは45度以内に

足上げのロール角はこれが最大です。45度以内を目安にしています。

これ以上の角度になるとグリップも逃げるし横転の危険性も高まります。いろいろ試しましたが、あまり高く足が上がっても意味がないようです。

ロール角の制限はロアアームのシャシー側の取り付け位置を内側にすることと、ダンパーの伸び量の調節で実現しています。

足を乗せている白い石はホワイトモルタルを鉢植えの中に掘った穴の中に流し込んで造った擬岩です。簡単に好きな形の岩が作れます。

 

 

 

 

今はこの仕様から少し手を入れています。さすがにゼロ円ではないですが、それでも安価なカスタマイズばかりです。

2009年 2月 17日 - Posted by | すべて, Crawler King | , , , , , , , , , , , , , , ,

まだコメントはありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。