RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■クローラーキングのBTA(ビハインドザアクスル)化に挑戦!

■クローラーキングを禁断のKATAOKAリンク化!』の記事が予想外の大人気で驚いている今日この頃ですが、次なるカスタマイズ記事は『クローラーキングのBTA(ビハインドザアクスル)化に挑戦!』です。      

 

ホーシングの裏側にステアリングロッドがっ!!

ホーシングの裏側にステアリングロッドがっ!!

 

「BTA(ビハインド・ザ・アクスル)」とは、普通は車両の正面にあるステアリングロッドをホーシングの裏側に移動させる改造方法です。 左の写真をご覧ください。ステアリングロッドが裏側に回っています。実はまだ未完成なのですが、BTA化の制作手順を追っていきます。

     

 

 

 

 

 

 

 

ステアリングロッドが邪魔

ステアリングロッドが邪魔

 

これが元の状態です。車体の正面にステアリングロッドが横たわり、ナックルアームも角のように前に突き出しています。これがよく岩に当たるんだ・・・ おまけにロッドが低い位置にある上にリンク位置を変えたらホーシングが前傾姿勢になっちゃって、ますますロッドが低くなってしまいました。      

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーシングが前傾姿勢なの、わかります?

ホーシングが前傾姿勢なの、わかります?

 

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、ホーシングが前傾しています。これはアッパーリンクを少し短くすれば解消しますが、リンクを自作する材料が手に入っていないので、後半で別の方法で解消することにします。                  

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはナックルを裏返し

まずはナックルを裏返し

 

さて、ここからBTA化がスタートです。 クローラーキングの場合、ナックルは上下対称なので左右を入れ替える必要はありません。上下ひっくり返せばOKです。 しかし、このままではステアリングロッドがダンパーステーのアルミブロックにぶつかってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

お馴染み、AX10用ベントロアアーム

お馴染み、AX10用ベントロアアーム

 

そこで、ダンパーステーを上に移動するためにベントロアアームにしちゃいます。本来はロードクリアランスを確保するための部品ですが、ちょっと目的が違いますね。 クローラーキングにはAX10用のベントロアアームがそのまま使えます。ボールエンドの穴-穴の距離がクローラーキングと同じなんです。

 

 

 

 

 

 

 

ついでに、ベントボールエンドも採用

ついでに、ベントボールエンドも採用

 

ついでに、ボールエンドは付属品ではなくアルミベントボールエンドを使いました。ロッドエンドは斜めに張られることが多いので、少し角度が付いたボールエンドでまっすぐスイングさせることができるようになります。

  ただ!角度が付いているおかげで、きっちり絞め込んだ時に向きが合わないんです。シャフトの中にあるネジも六角レンチで回せるので微調整できるんですが、それでも合わない!今回は向きを合わせて絞め込むことが結局できませんでした。後日調整します。

 

 

 

 

 

 

とりあえずステアリングロッドを付けてみた

とりあえずステアリングロッドを付けてみた

 

ベントロアアームとステアリングロッドを付けたらこうなりました。ナックルアームの上にステアリングロッドを付けるとまたダンパーステーにぶつかるので、仕方なくナックルアームの下に取り付けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ギヤボックスにはステアリングロッドは当たらない!

ギヤボックスにはステアリングロッドは当たらない!

 

ステアリングを右にフルロックしたところです。一番心配だったステアリングロッドとギヤボックスの接触はありません。 普通BTA化する場合はステアリングロッドをクネクネと曲がったやつに交換する必要があることが多いんですが、クローラーキングの場合はナックルを後ろ向きにするだけで行けます。(ベントロアアームは必要ですが)

 

 

 

 

 

 

 

AX10用ロアプレートを流用

AX10用ロアプレートを流用

 

ステアリングロッドがそのまま使えることがわかったので、フロントホーシングの前傾姿勢の修正をすることにします。

左の写真の黒いプレートは、AX10用のロアプレートです。これはネジ位置が合わないため、ロアプレートとしてはクローラーキングには使えません。しかしメカプレートのアルミ板の位置にはギリギリ使えます。

これを使って、アッパーリンクの取り付け位置を後ろに下げることにします。

これの都合で、今までアッパーリンクと共締めしていたフロントダンパーのシャシー側の取り付け位置をデフォルト位置に戻しました。

 

 

 

 

フロントがスッキリ

フロントがスッキリ

 

ここまでで、フロントからステアリングロッドがなくなりました。これで岩にぶつかって進めないということは減りますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンパーステーにぶつかりそう

ダンパーステーにぶつかりそう

 

ダンパーを付けてみてわかったのですが、やっぱりダンパーステーにステアリングロッドの取り付けネジやタイヤがぶつかることが分かったので、暫定的にホーシング側のロアリンク取り付け位置を内側に移動しました。

長いネジを使って、間にカラーを挟んで移動していますので、強度不足だと思います。まーとりあえず。

ベントボールエンドも角度が付きすぎです。シャシー側だけでいいかも。

 

 

 

 

 

 

 

今日はここまで。

今日はここまで。

 

今日手が付けられたところはここまで。図らずもベントロアアーム化してしまいましたが、実際に取り付けてみると上向きになって低重心化に貢献してます。角度だけならCLINGERっぽいですね。

グリーンアルマイトは今後「パイプフィニッシュにドブ漬け」で剥がしてしまう予定です。

 

 

 

 

 

 

で、お気づきの方は多いと思いますが、ステアリングロッドが後ろに回っただけで、サーボとつながってないんですね。サーボを後ろ向きに付けるとサーボホーンがギヤボックスにぶつかるし、前向きのままだと複雑なリンクを作る必要がありそうです。

また、ステアリングをフルロックさせたときに左右のタイヤの切れ角が違うのも修正したいところです。

 

とりあえず今回はBTA化ができるかを試した、程度なので、いったん元に戻しつつ、サーボとステアリングロッドのつなぎ方を考えます。

そして今日、次のカスタムパーツを買ってきました。全部ホームセンターで♪

 

 

チューバー「ボディ」の材料

チューバー「ボディ」の材料

 

次は、チューバーボディのお手軽自作、をやってみたいと思います。チューバーフレームではなく、「ボディ」です。強度は最低限で作りやすさを最重視したチューバーになります。

クローラーキングのハマーボディがバッキバキになってしまったので、ハマーのボンネットだけ使って自作チューバーとして生き返らせる計画です。

左がチューバー「ボディ」の材料です。

 

 

 

 

 

・φ5mm×1mアルミ棒:メインフレームにあたる、強度が必要な箇所に使用します。

・φ2.6mm×23mステンレス線:硬いですが、曲げられます。トラス構造にして強度を出します。

・エアツール用ゴムチューブ:ステンレス線を通す皮膜の役割です。ピアノ線の食い付きを良くする目的もあります。

・φ0.6mm×21mピアノ線:ロウ付けではなくピアノ線で結わいて作ります。

・ワイヤーカッター:ステンレスなどの硬線も切れるタイプです。

 

パイプカッターは持っているので、アルミ棒はパイプカッターとサンダーでカットします。

アルミ棒を曲げるにはパイプベンダーが欲しいところですが、材木とかで適当な治具を作って曲げるかもしれません。

「曲げ」よりむしろ、ステンレス線を「まっすぐ」にするのが大変かも・・・

 

来週以降の着手予定なのでレポートできるのはもっと先になりそうですが、普通のハードパイプ+ロウ付けor溶接よりずっと手軽な作り方になるはずです。ごゆっくりお楽しみに!

2009年 3月 7日 - Posted by | すべて, BTA, Crawler King | , , , , , , , , , , , , , ,

2件のコメント »

  1. 2.2インチのクローラーキングはAX10用のベントロアアームがそのまま使えていいですね。
    スーパーサイズだと兼用出来るパーツが少ないもんですから、リンクロッドを自分で曲げてみようかとこの休みに予定していたのですが、4セット発注しておいたボールエンドが1セットしか届かなかったので中止しました。
    電子ディグは届いたので搭載して動かしてみたのですが、数秒でフロントサーボのプラギヤが破損しちゃいました。・゜゜⌒(TOT)⌒゜゜・。
    リアタイヤをロックするだけでステアリングには負担がかかるんですね。
    早く発注した金属ギヤが届かないかなぁ~!
    2.2インチのパーツも今回届かなかったみたいで、もう発注してから2ヶ月程になるかも!?
    私もΦ5アルミ棒とペットボトルでボディーを作ってあります。
    最初はロウ付けできないか?と思ったのですが、アルミのロウ付けは難しく、金属バテで接続しちゃいました。
    画像を送れると見てもらえるんですが・・・

    コメント by kazuto | 2009年 3月 8日 | 返信

    • スーパーサイズのタイヤの大きさと重量になると、本当にサーボへの負担が大きくなるんですね。うちの2.2だとサーボの心配は全く要らない(というか、心配したことがない)です。
      そのサーボ、BTA化にあたってどうやって取り回そうか悩み中です。たぶんカンチレバーを造って2段階にリンクさせることになるかと想像してます。

      アルミ棒&ペットボトルですか!アルミ缶の模様を利用してパネルを作る、というのは見たことがありますが、ペットボトルというのは予想外でした。
      金属パテの接合もメジャーな方法みたいですね。転倒落下したときに耐えられる程度ならピアノ線で縛るだけでもいいか、という手抜きチューバーを試してみますが、ダメな時は金属パテでやってみます。
      本当は樹脂棒で造りたかったんですけどね。適当な大きさの樹脂棒が見つからなかったので。今回のやつを作り上げたら、今度は樹脂で「しなるチューバー」を作ってみたいと思います。

      画像の送り先、後ほどメールしますねー是非送ってくださいませ!

      コメント by モリカワ | 2009年 3月 8日 | 返信


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。