RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■やっぱりバッテリーか!?

いやーWBC、優勝しましたねー。今日は職場で大勢が携帯のワンセグでWBCを見ながら仕事していて、1プレイごとに歓声やため息が上がってました。お偉方も今日は「仕事しろ!」とは言わずに一緒に盛り上がっていました。勝利を決めた瞬間に事業部長がハイタッチしてくるんだもの:-p

15時からクライアント先でミーティング予定があって、移動時間を考えると14時40分にはオフィスを出なければ、だったので、ギリギリで試合が終わってよかったです(笑)

 

さーて、BTAはレバーを作り直してテストに逆戻り、チューバーボディ制作もちょっと悩ましい状態です。

BTAの自作レバーの形状はフロントホーシングにバッテリーを積む可能性を考えて高い位置でスイングするようにしてあって、チューバーボディもフロントに今積んでいるバッテリーのせいで形状が定まらない。

モーターもバッテリーの電圧を決めないとKV数が決まらない。

 

ということで、やっぱりバッテリーか!?が今回のテーマです。

 

クローラーキングのホーシング

クローラーキングのホーシング

 

うちのキングさんの前から見た姿です。

クローラーキングはホーシング上のギヤボックスが大きすぎて(段差が大きすぎて)バッテリーがギヤの上にしか置けない・・・ギヤの上に置いてしまうと重心が高くなってバク転の確率が高まります。

どうにか、ホーシングの空きスペースにバッテリーを収めたい!

 

 

 

 

上の写真の「ここに積みたい」スペースは以下の通り。

横50mm x 奥行き45mm(※1) x 高さ15mm~30mm(※2)

1:タイヤが干渉しないギリギリのところで前に張り出した場合
※2:自作BTAリンクの今の高さだと15mm、アッパーリンクギリギリの高さだと30mm

このスペースに収まるバッテリーは果たしてあるんでしょうか。

 

定番のenLipo 3セル

enLipo 3セル 1000mAh

 

RCクローラーで定番のリポ3セル。

2セルでもそうですが、スティック型バッテリーよりずっと小さいですよね。

左のenRouteのenLipo 3セル1000mAhだと、サイズは

67mm x 35mm x 16mm

です。小さいはずのこのバッテリーも納まりません。でも島工房さんのBergのように斜めに積めば大丈夫かな。1000mAhだと2ESC+高回転モーター2発では走行時間が心配です。

 

 

 

 

 

enLipo 3セル1300mAh

enLipo 3セル1300mAh

 

 

ちょっと容量の大きい1300mAh。サイズは

70mm x 35mm x 21mm

です。斜め積みでもこれが限界っぽいです。

 

 

 

 

 

 

でも、リポバッテリーはちょっと心配なんですよね。リポバッテリーは管理がいい加減だとすぐにダメになってしまうのですが、どーも管理をちゃんとできなさそう。。。放置する期間も長くなる場合があるし、放電しすぎると一気にダメになるというのも不安です。

 

そこで挙がるのがLiFeバッテリー。リチウムフェライトバッテリーですね。自然放電がほとんどなく(なんと3年放置で電圧降下が3%だそうで!)メモリー効果もないので追い充電OK。バッテリー管理をあまり意識しなくてよさそうなのが僕には合っていそうです。

 

2セル6.6vが一般的で、先日タミヤも商品化しましたが、6.6vというのはどうなんでしょう?放電できる電流量はリポと大して違わないと思うので、電圧が低い分だけ仕事率は下がりますよね。■クローラー用モーター選びの『方程式』から導いたクローラーキングに必要なモーターの回転数20,000~24,000rpmをキープするには3000KV~3600KVの比較的高回転なモーターを使った場合のトルクが低くなりそうで心配です。

 

 

A123リチウムフェライト電池 3セル9.9V

A123リチウムフェライト電池 3セル9.9V(写真右)

 

そこで、LiFeでも3セル9.9Vを考え中です。

セルは1100mAhセルと2300mAhの2種類しかなく、左の写真の商品は1100mAhセルを3本使ったもの(写真右)になります。

単セルのサイズが長さ64.95±0.20 x φ18なので、3セルパックだと65mm x 36mm程度。厚みが厳しいですが、三角形なのでアッパーリンクのネジに干渉せずに積むこともできそうです。ただ、前に突き出した形になるので美しくないですね。

 

 

 

9.9Vなら、モーターの回転数20,000~24,000rpmを満たすモーターは2000KV~2400KV。この方がトルクがありそうな予感がします。

 

まずは収まりを確認するために、バッテリーの模型を作ってチェックしてみたいと思います。

 

LiPoにするにしてもLiFeにするにしても、充電器を買い換える必要がありますねー。スペックだけ見ているとどれも似たり寄ったりの印象なんですが、何が違うんでしょうか。値段だけはずいぶん差があるので何かが違うはずなんですが・・・ACで使える充電器で何がお勧めでしょう?

 

うーん、バッテリーは18年前のRC事情から一番変わってるところなので、一番よくわかってないです。昔は6Vか7.2Vか8.4Vのニッカドしかなかったですからねぇ。。。バランスコネクタの形状や放電出力なんか意識せずに電圧だけで選べた時代。使い切れば完全放電させて再充電するだけ。それが今や、ですもんねぇ。モットベンキョウシマス。

2009年 3月 25日 - Posted by | すべて, Battery, Crawler King, RC Rock Crawler | , , , , , , , , , , , , , ,

4件のコメント »

  1. 以前もコメントいたしましたが、当方は全てLiPoを使用しています。
    今までに過放電により数個お亡くなりになっております。
    1セルあたり最低2.5vを超えて放電すると元に戻らないようで、アンプで電源カット出来ない場合はお知らせブザー等を付けて対応しておりましたが、今ではそれも使っていません。お亡くなりになった原因は全て電源の切り忘れでした。それ以外は普通に使っております。
    通常
    2セルパックなら  最低 6.0V 最高 8.4V
    3セルパックなら  最低9.0V 最高12.6V
    4セルパックなら  最低12.0V 最高16.8V
    もしこれらの範囲内から0.1Vでもはみ出している場合は、そのまま充電してはいけません。
    そのLiPoバッテリーを万が一燃えても良い場所に隔離して、1時間以上、様子を見て下さい。

    と言う記述を見つけましたが、電源が取れて燃えてもいい場所は残念ながら我が家には存在しません。充電器は2セルなら2個同時に出来るものがいいかと。プロポも3セルLiPo化してありますが、3セルだと同時充電が出来ないので不便です。長くなってすみません。

    コメント by NUMBER5 | 2009年 3月 25日 | 返信する

  2. 私は、クロ開始してからリポに乗り換えました。
    過放電は使いすぎによる放電で、放置による放電はあまり心配しなくても大丈夫です。7~8割充電した状態で長期保存できます。
    満充電でも1,2週間放置しても問題はなさそうです。

    使いすぎによる放電を防ぐには、各セルの電圧をチェックしてあげないといけません。
    一般的なアンプは、合計の電圧しか測れないので、各セルの電圧を計測できるチェッカーや、ブザーを併用しています。
    http://333bankin.blog58.fc2.com/blog-entry-1224.html
    NUNBER5さんと同じように、スイッチの切り忘れで過放電というのは良くやってしまうので、スイッチ無しのバッテリー直結にしちゃいました。(お奨めできませんが)

    充電は、各セルごとに充電できるタイプが最低条件だと思います。
    各セルごとに充電できるタイプでは、一番安いと思われるこれを使っています。
    http://333bankin.blog58.fc2.com/blog-entry-1011.html

    現在は販売されておらず、こちらの機種になっています。
    (100Vアダプター別売り)
    http://www.enroute.co.jp/store/index.php?main_page=product_info&cPath=64_70&products_id=4540
    説明がわかりやすいので、一度見てみて下さい。

    コメント by 参参参 | 2009年 3月 25日 | 返信する

  3. NUMBER5さん
    やっぱり電源の切り忘れが怖いんですよねー。今でもよくやるので心配です。

    それと、燃えるんですよね。。我が家にも電源が取れて燃えてもいい場所はありません(笑)通常の使用方法でも火災の可能性があるなんて工業製品としてダメかと。

    それでも他に選択肢がないんならLiPoなんですが、今はLiFeがあるので迷い中です。

    コメント by モリカワ | 2009年 3月 25日 | 返信する

  4. 参参さん
    アンプにカットオフ設定があるから大丈夫、と思っていたら、各セルごとの電圧を走行中に把握しておいたほうがいいんですね。

    放置は心配不要ですか。でも保存充電はしなきゃいけないんですよね。普段それがやりにくいんですよねぇ。。。

    enRouteの充電器、今なんだか在庫処分っぽい値付けになってます?新製品でも出るのかしら。紹介してもらったL4よりC3の方が安いという逆転現象が起きてます。もしかして買い時なのかも・・・

    これから充電器についてまとめてみまーす!ありがとうございます♪

    コメント by モリカワ | 2009年 3月 25日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。