RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■(1)クローラーキングのシャシー作り

不覚にも風邪を引いてしまいました。週末に家族で天園まで登った翌日、長男が熱を出しました。疲れたのかなーと思っていたら、今日僕と妻が熱を出しました。長男は風邪を引いていたようです。

 

ということで今回はあっさりと。でも自作の中ではずいぶん大変なテーマ「シャシー作り」です。

(シャシー制作記事一覧はこちら)
シャシー設計の元素材の写真

シャシー設計の元素材の写真

 

クローラーキング、ノーマル状態でもホイールベースが320mmあり、コンペ要件を満たしていません。さらにドゥループ化したうちのキングさんは340mmにまで間延びしています。

 

また、フロントホーシングに積みたかったバッテリーも、やっぱりサイズ的に厳しい。シャシー側に軽いバッテリーを積むようにすれば、ホーシングが極端に重いキングさんならバランスも取れるんじゃないか、という算段です。

左の写真は、これからシャシーを設計するにあたって今のネジ位置やリンク類の角度などを確認するためのものです。この写真の上から書きなぞって設計してみようと思います。

 

 

 

フロントホーシング周りのアップ

フロントホーシング周りのアップ

 

フロントホーシング周りのアップです。ちょっと変わったリンクの張り方を考えています。簡単に言うと、アッパーリンクとロアリンクを「X」の字のように上下逆に張ってみようと考えています。

深い考えはなく、ベントアームを使わないでボトムクリアランスを稼げないかなーと思いまして。

あと、クローラーキングの場合はリンクを張るときにモーターを避ける必要があって、いわゆる「AVリンク」の張り方が難しいんです。アッパーリンクの方を末広がりにしたほうがモーターを避けやすくAVリンクに近づけられるかな、という発想です。

 

 

 

 

 

上から見た写真

上から見た写真

 

配線がトグロを巻いてますが、上から見た写真です。

今回作りたいシャシーは

・バッテリーを腹に載せる

・2基のESCを前後に並べてシャシー上に置く

という、縦に長いシャシーです。ベンダーカスタムのSWXのような、腹が長くて前後リンクが短いシャシーを目指しています。

 

 

 

 

シャシー自体を小さく作って前後リンクを長くする組み方は、車体を「1/2」に分割して、岩山を登るときに「前を載せて、後ろを引っ張る」という設計だと理解してます。

対してシャシーが長いSWXのような設計は、車体を「1/3」に分割して、同じく岩山を登るときに「前を載せて、シャシーの長さをテコにして後ろを持ち上げる」ように働く設計かなと。

キングさんはヘビー級なので、「引っ張り上げる」ことが難しそうだと考えました。そこで、「1/3」にしてテコを使おうと。

 

そのシャシーの作り方ですが、ものすごーく簡単な作り方をチャレンジしてみます。V字型にアルミ板やカーボンを切り出して作るのが普通なんでしょうけど、今回は「100円ショップに売ってるまな板(ジュラコン)と、アルミの平棒」だけで作ろうと考えています。

しかもいわゆるシャシープレートではなく、アルミの平棒で「∩∩∩∩∩」と逆U字のトンネルを作って、まな板を切り出して作った底板とメカ板にボルト止め。という作り方で考えています。

そのトンネルの作り方でチューバーっぽくもなるかなっという目論見もあり。

 

リンク類も作らないといけないので時間がかかりそうですが、まずは紙やプラ板で試作してみます。

 

 

そしてとりあえず、今日はもう寝ます・・・結局あんまりあっさりじゃなかったや。

2009年 3月 31日 - Posted by | すべて, Chassis, Crawler King | , , , , , , , , , , , , , ,

まだコメントはありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。