RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■(3)クローラーキングのシャシー作り

昨日のリンク比較で、リンクはとりあえずCL用のベントロアリンク75mmをフロントのみに使うことにして、リヤは長いまま。 フロントリンクを短く、シャシーを長く、リヤリンクを長く。こんなコンセプトでシャシーを作ってみることにしました。

(シャシー制作記事一覧はこちら)
フロント部分だけ。

フロント部分だけ。

 

で、昨晩午前3時くらいまでかけて作れたのがここまで。ちょっと全容が予想できるくらいかな?

以前ちょっと書きましたが、今回のシャシーの作り方は普通のシャシーの作り方とかなり違うので、一般的なシャシーのパターンを説明しつつ、どのように作ろうとしているかを書いてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1. シャシープレート2枚+プレートをパイプや底板でつなぐ「普通のシャシー」

 

初期のキングさんの例

初期のキングさんの例

 

ポリカーボネートのボディを載せるシャシーがこれですね。例外はありますが。

普通のRCってシャシーといえば底板のことですが、クローラーRCの場合は横板をシャシーと呼びます。 この横板を棒や底板、メカプレートなどで左右をつないで車体を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2. 車体全体をチューブパイプで立体的に組む「チューバーフレーム」

 

Option No.1京商ロックフォース用チューバーフレームの例

Option No.1京商ロックフォース用チューバーフレームの例

 

次にメジャーなのがこれでしょうか。   左右にシャシープレートがなく、立体的にパイプを曲げつなぎ合わせて車体を作ってあります。

 

今回、僕がやろうとしているつくり方は上記の2つとは違うものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3. 底板+U字トンネルで囲む「トンネルフレーム」

 

写真にU字を書き足しました

写真にU字を書き足しました

 

底板をベースにして、U字の板棒を連ねてトンネルを並べる作り方です。

金属板をジグソーで切り抜く工具も技術も持っておらず、

パイプを曲げてロウ付けする工具も技術も持っていないので、

苦肉の策として考えた制作方法です。

 

 

 

 

 

飾りを書き足しました

飾りを書き足しました

 

根幹にあたる部分はちゃんと作って、それにチューブなどで飾り付ければボディらしくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少し長くしたい

もう少し長くしたい

 

まだフロントしかつないでいませんが、今の状態をもう少し深堀してみます。

まず、今回は試作なので底板を10mm厚のウレタン、U字トンネルを塩ビ板で作っています。

実際には、最初は底板は10mm厚の「まな板」、最終的には軽量化のためにカーボンにしようと思います。そしてU字トンネルは10mm幅×2mm厚のアルミ板棒を曲げて作ります。

 

底板を長くしたかったんですがリヤを長いリンクにしたおかげでこの程度にしかできませんでした。

 

 

 

55mmのクリアランス

55mmのクリアランス

 

このくらいのグランドクリアランスにしいんですが、もし長くするなら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリアランス20mm

クリアランス20mm

 

このようにペッタンコにしてリンクに角度を付ける必要がありそうです。もしくはリヤを短いリンクにするか。

でもペッタンコはみんなやってるし、前後リンクともショートってのはSWXのまんまでツマラナイので、やっぱりリヤを長くして作りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

74×55×20mm

74×55×20mm

 

ちなみに上記で底板の下に敷いている黄色い帯のもの、これはバッテリーのサイズを再現したモックアップです。

74×55×20mmというサイズです。重さは135g程度になる予定です。

 

・・・なる予定?そうです。バッテリーを特注しちゃいました。

週明け、たぶん水曜ごろに届くんじゃないでしょうか♪

 

 

 

 

 

底に平積み

底に平積み

 

こんな風に積むのが普通なんでしょうけど、ESCを2基積みしているおかげでバッテリーよりメカの方が重いので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縦。本当は斜めにしたい。

縦。本当は斜めにしたい。

 

こんな風に縦に積むことも検討しています。もう少し斜めになればいいんですけど。縦置きモーターが長いのであまり角度がつけられません。短いモーターが欲しいところです。

 

 

540サイズの2000~2500KVのブラシレスモーター、探しても探しても見つからない!さらにショートサイズとなるともっとハードルが上がります。困りました。

 

 

 

 

 

実は今の作り方だとロールした時にU字トンネルにモーターがぶつかることが分かってます。試作した甲斐がありました。もう少し試行錯誤して、まずはリヤをつなげて、他のU字トンネルも作っていったん試作を完成させてみたいと思います。

しかし今回の試作素材はやわらかすぎてロールテストができないのが困りました。もう少し硬い素材で作ってみます。

2009年 4月 18日 - Posted by | すべて, Chassis, Crawler King | , , , , , , , , , , , , , ,

2件のコメント »

  1. U字型、トンネルやっと理解できました。
    流石にこれは見たことが有りません。
    想像だにしていなかった形です。

    硬い素材はやはり気合で曲げるんですか?
    モーターの干渉の件も、やってのけてしまうんでしょうね。
    やはり目が離せません。

    コメント by NUMBER5 | 2009年 4月 19日 | 返信

  2. U字型トンネルシャシー、こういうことです。
    ただ、試作してみて課題も分かりました。底板はまな板だとネジ穴加工が大変です。ここも板の折り曲げにすることにします。

    モーターの干渉はしんどいですねー。車体の長さをいじるのはモーターの干渉が避けられないので、前後リンクは同じ長さにすることにします。

    あとは重さを活かしたパワープレイですねー。次なる物資到着でパワープレイの第一歩です。火曜日の夜に試してみます。お楽しみにー♪

    コメント by モリカワ | 2009年 4月 20日 | 返信


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。