RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■クローラーキングを元に戻す

BTA化やシャシー制作など大掛かりなカスタムはいったん休止。

明日届く予定の新物資である特注バッテリーをすぐに試せるようにするため、キングさんを走れる状態に戻しました。

リンク類はフロントショート(CLチャレンジャー用ロアリンクをフロントのアッパー・ロアに使用)、リヤロング(Berg用ベントロアアームを使用、アッパーアームはキング純正)という、シャシー制作時のままです。

 

久しぶりのフロントステアリング

久しぶりのフロントステアリング

 

まずはBTAをノーマルのフロントに戻しました。

やっぱりフロントにステアリングワイパーがあるのは見た目にも邪魔です。必ずやBTA化を完了させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いなく刺さる

間違いなく刺さる

 

危険なのがナックルの突起。柔らかいHB ROVERでは特に危険です。

硬いノーマルタイヤだと問題なかったのかもしれませんが、これはヤバいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

リンクやダンパーへのタイヤ干渉はナシ

リンクやダンパーへのタイヤ干渉はナシ

 

反対側ももちろん尖がってます。

 

ちらっと見えるフロントダンパーですが、今までは上下さかさまにして低重心化を図っていました。今回の組み付けではロアアームに取り付ける純正のダンパーステーをやめてロアアーム共締めにした関係で、上下方向は元に戻してあります。そのおかげでタイヤへの干渉は避けられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

アッパーリンクを目いっぱい後ろに下げた

アッパーリンクを目いっぱい後ろに下げた

 

次いで、メカ積みするためにリヤのアッパーリンクの位置を変更しました。

アッパーリンクが長すぎるため、昨日まではシャシー側の取り付け位置をメカプレートのネジ穴にしていたのですが、今回メカを積むためにメカプレートのネジ穴が使えなくなりました。ということでホーシング側のネジ位置を一番後ろに変更。スイング量が減るので好ましくないんですが、今のところ仕方なく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KATAOKAリンクをやめてみた

KATAOKAリンクをやめてみた

 

そしてリヤダンパーのバネを取っ払い、カンチレバーだったステーを固定しました。両方暫定措置です。カンチレバーはシャシー制作の時にバージョンアップして、これまでに見たことがない形式になる予定です。

 

 

リヤの屈折角を確保するために、ダンパーステーの延長がわりにカンチレバーを使ってます。強度不足なのですぐにやめる予定です。

 

 

 

 

 

メカは2chの受信機を積んであります。先日買った3ch受信機+電子ディグを積もうと思っていたのですが、3ch受信機にESC・ステアリングサーボ・CC BEC、さらに電子ディグと4つ挿す方法が分からずに諦めました。

3ch受信機、RX-341はコネクタが3つ、そこに4つのコネクタを挿す?BECは受信機とサーボに電源供給するだけなので、2 in 1のコネクタにサーボのコネクタと一緒に挿せばよいのか・・・よくわかりません。とりあえず明日は2chで迎えます。

 

特注バッテリー、大方の予想通り、リチウムフェライト(Li-Fe)の3セル、9.9Vです♪

A123システムズの1100mAhセルを3本直列接続して9.9Vにしたものを制作してもらいました。プロポ用には9.9Vのものが一部売られていますが、ディーンズコネクタ・JST-XHバランスコネクタをつけた走行用9.9Vというのは売られておらず、特注となりました。

 

ツインESC+2モーターのキングさん、1100mAhの容量で足りるのか?9.9Vという電圧と147:1という超ローギヤードなキングさんの相性は?フラットな出力特性ってどんな感じ?追い充電で2本のバッテリーを交互に使えば本当に2本で足りるのか?特殊な形状のバッテリーの積み方は?などなどLi-Fe化で試したいことがたくさんあります。

久しぶりに走れるようにしたのでたっぷり走行テストしたいんですが、残念ながら明日は雨のようです。もしかすると走行テストはできないかもしれませんが、できる範囲でレポートしたいと思います。

2009年 4月 21日 - Posted by | すべて, Battery, Crawler King | , , , , , , , , , , , , , , , , ,

4件のコメント »

  1. なるほど、コネクター差し込み口の空きがないのですね。
    多分どこからでも供給できると思うので、サーボ分岐でも良さそうですね。
    アンプの+-をコネクターから外して、そこに差してやるのは駄目でしょうか。
    ちょっと、自信がないので、もう少し調べてみて下さい。

    参考にならなくてすいません。

    コメント by 参参参 | 2009年 4月 21日 | 返信する

  2. 二股のケーブル(Yハーネス)使ってBECとサーボ、もしくはBECとESCを一緒にして
    レシーバーに刺せばOKですよ。DIGでもOKです。
    レシーバーの中ではどのチャンネルも+と-は繋がってます。

    Yハーネスは自作出来ますが、自信なければ飛行機用のパーツで売ってますし
    メーカー純正パーツもあります。それを使うのがお手軽です。

    コメント by ないと〜 | 2009年 4月 21日 | 返信する

  3. 参参さん
    いろいろ調べてみました。どうやらどこにどう挿してもよいっぽいです。ただ、アンプと直接つないでしまうと電源干渉が起きそう(アンプの赤線を、2基中1基しかカットしていない)なので、サーボに直供給することにしました。アドバイスありがとうございます。

    コメント by モリカワ | 2009年 4月 22日 | 返信する

  4. ないと~さん
    お久しぶりです!あれからいろいろ勉強しましたが、またもこんなところでつまづいてます(笑)ピンチになるとかけつけてくれるところが心強いです:-)

    Yハーネスでどれかを分岐してつなげばよい、ということですね。そういえばRX-341にYハーネスが付属していたんです。何に使うのかなー?と思っていたらこういうことだったんですね。

    ということで、付属していたYハーネスを使ってサーボとBECを挿すことにしました。アドバイスありがとうございます!

    コメント by モリカワ | 2009年 4月 22日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。