RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■6チャンネルスティックプロポ『6EX-2.4GHz』導入!

参参さんのところで多チャンネルのスティックプロポについて盛り上がった勢いで、6チャンネルのスティックプロポ『FUTABA 6EX 2.4GHz』を導入しました。以前、多チャンネルスティックプロポの導入について考えていたのがようやく実現しました。

6EXは飛行機用とヘリ用の2種類の製品があり、飛行機用は6EXA、ヘリ用は6EXHと書いてあることもあります。でも違いは右側のレバーの縦の動きに「カリカリ」というクリック音があるか(飛行機用)、スムーズに動くか(ヘリ用)の違いです。モード切替で飛行機のプリセットとヘリのプリセットを切り替えられるので中身は同じです。

 

今年のクローラーのトレンドは

 1. MOA (モーター・オン・アクスル。2モーター車)+ツインESC

 2. 多チャンネルのスティックプロポ

 3. 車高の可変構造

じゃないかと踏んでます。うちのキングさんはMOA+ツインESCなので、次のトレンドであろう多チャンネルのスティックプロポに着手しました。

 

フタバ 6EX 2.4GHz

フタバ 6EX 2.4GHz

 

これが6EX 2.4GHzです。飛行機用のプロポで6チャンネルあります。秋葉原のフタバ産業さんで送信機・受信機のセット(サーボなし)が15,750円でした。

 

この記事では、多チャンネルのスティックプロポをクローリングで使うメリットをお伝えします。次の記事で、プログラムミキシングによる前後ディグや前後独立駆動の設定方法についてお伝えします。

 

 

 

 

 

スカスカ

スカスカ

 

箱を開けると、こんな感じでスッカスカでした。サーボがたくさん入る場所だけはありますが、クローリングに流用するのでサーボは要りません。

 

4PKなどの4チャンネル2.4GHzプロポは4万円オーバーなのに、同じ2.4GHzでも6EXだと6チャンネルで1万5000円というのは超激安!

 

この前に使っていたのがサンワのMX-A AM27MHz 3チャンネルなので、2.4GHzになっただけでも嬉しいです。

 

 

 

 

2.4HY8はフタバの認証記号

2.4HY8はフタバの認証記号

 

背面には日本ラジコン電波安全協会が発行する認証ステッカーが貼られています。

27MHzや40MHz、飛行機の72MHzなどはラジコン専用に割り当てられた電波帯なので「これは空用、これは陸&水中用」と協会が決めていました。しかし2.4GHz帯はラジコン専用ではないので、協会の管理権限が及ばないようです。協会のWebサイトには2.4GHzの「割り当て」に関する記述は一切ありません。

しかし、2.4GHz帯も電波法で強さや波長幅などが決められているので、電波法に抵触しないかどうかという観点でのみ、認証ステッカーを発行しています。

 

 

ということで、2.4GHzのプロポについては空も陸も水中も区分はなく、電波法の管理下で合法であればOK。で、合法かどうかの認証機関として協会が活動している、という認識です。

協会のWebサイトに2.4GHzのプロポの認証についての記事があります。明確に空用を陸で使ってよいとは書いてありませんが、その他のページの区分帯などの記事を見ても2.4GHzについての言及がないので間違いないと思います。

 

受信機の大きさ比較

受信機の大きさ比較

 

6チャンネルもあるので受信機が大きいのではないかと心配していましたが、付属していた7チャンネルの受信機は今まで使っていた2チャンネルや3チャンネルの受信機とほぼサイズは同じでした。

2.4GHzになってクリスタル部分がなくなったので、サーボを挿すコネクタの数を増やしてもそれほど大きくせずに済んだのだと思います。

また、かなり薄いので、むしろこちらの方が積みやすいケースもあるかもしれません。

 

 

 

 

 

ツノがたくさん

ツノがたくさん

 

さて、左右のレバーが上下左右に動いたり、たくさんツノが生えていたりする多チャンネルスティックプロポ。

こんな複雑そうなものをクローリングで使うメリットは

『クローラーはフロントディグ・リヤディグ、4WSの切り替え、車高調整など、スロットル+ステアリング以外の操作が多く、チャンネルがたくさん使えた方がいろんなことができる』

に尽きます。ホイールプロポでは4チャンネルが最大で、それほどたくさんの機能を操作することができません。

 

 

 

そして多チャンネルプロポは

ミキシング

という強力な設定方法が可能です。ホイールプロポでもミキシングができる機種はありますが、飛行機用のミキシングに比べて自由度が低いものが多いのが現状です。

ミキシングとは、例えば4WSにするとき、フロントタイヤを曲げるサーボ(仮に2ch)とリヤタイヤを曲げるサーボ(仮に3ch)を

A. 2chと3chを同時に、1つのレバー(ホイール)で動かすように混合(ミキシング)する

B. 右に切った時、「フロント(2ch)は右に、リヤ(3ch)は左に」と逆位相にするか、「フロント(2ch)もリヤ(3ch)も右に」と同位相にするかをスイッチで切り替えられる

C. リヤ(3ch)のサーボを停止するスイッチを設定して、右に切った時にフロント(2ch)のみで曲がる

という設定をする機能です。

プロポによっては「ミキシングできるのは2chと4chの組み合わせだけ」とか「同時に動くだけのミックスはできるけど、同位相・逆位相の切り替えはできない」とか「別のスイッチでOFFにすることはできない」とかの制限がある場合があります。

これが空用のスティックプロポだと、かなり複雑な組み合わせでも設定できてしまします

 

この6EXは2系統の自由な組み合わせのミキシング「プログラムミキシング」が可能です。このプログラムミキシング機能では、どのチャンネルとどのチャンネルを組み合わせてもOKです。(※3chだけどれにもミキシングできない、という記述はなかったので全部組み合わせOKじゃないかと思います。)また、プログラムミキシングの場合はミキシングのON/OFFの切り替えスイッチをどれにするかも選択ができます。

この自由な組み合わせのミキシング以外に、1chと6chに限ってのミキシング(フラッペロン)や2chと4ch限定(Vテール)、1chと2ch限定(エレボン)というミキシングもあります。これはミキシング自体は同じことができますが、ミックスの割合が100%で固定されていて詳細な設定ができません。

このミキシング機能を駆使すれば4WSや前後独立駆動も自由自在です。

 

ここまでは何となくできそうだなーと感じていらっしゃった方も多いと思います。実際に、うちのキングさんで「前後独立駆動」のミキシング設定をやってみました。頭で考えると難しいんですが、設定自体はそれほど難しくなく、すんなり思ったとおりのミキシングができてしまいました

次回の記事ではこのミキシングの方法、そしてどのレバーにどの機能を持たせるかの割り当て方法についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

6EXの飛行機モードでのレバー割り当て

6EXの飛行機モードでのレバー割り当て

 

#誤解のないように、先にレバーの割り当てだけ結論を書いておきます。6EXの場合、レバーを任意に割り当てることはできません。レバーごとに何チャンネルなのかの指定があって、受信機のどこに何を挿すのかで決まります。

CH5とCH6だけはミキシング時にON/OFFのレバーに割り当てることができ、受信機に何も挿してなくても使えます。

左は飛行機モードの時の各レバーのチャンネル割り当てです。ヘリコプターモードの時は少し割り当てが違います。(左上の「不使用」は飛行機モードではトレーナーモードという練習用ですが、ヘリでは「アイドルアップスイッチ」という機能に割り当てられます。)

今回は飛行機モードをベースにミキシングしました。かなり思い通りに近い設定ができました。

2009年 4月 25日 - Posted by | すべて, Crawler King, Pro-po | , , , , , , , , , , , , , , , ,

8件のコメント »

  1. モリカワさん ご購入おめでとうございます!!
    私も6EXを使用していますのでこれからの2モータークローラー=スティックプロポの盛り上がりに期待しています。

    スティックの割当変更については私の場合、スティックモード2で3CHをFモーター左上下スティック→ミキシング(5CHスイッチにてONOFF)→2CHをRモーター右上下スティック、1CHをFサーボ→ミキシング(6CHスイッチにてONOFF)→4CHをRサーボとしています。こう設定することによってF駆動だけは固定で他CHをDRスイッチ駆使で自在に動かせます。

    取説には詳しく載っていませんので他にどんなスティック変更ができるかわかりませんが、電源を切った状態でモードキーとセレクトキーを同時に押しながら電源をONします。するとSTICK1の表示が出ると思いますがこれを変更することによってスティック割当が変わります。

    長くなってすみません、ご参考になれば・・・。

    コメント by gotochu | 2009年 4月 25日 | 返信

  2. gotochuさんすばらしい情報を有難うございます。
    モリカワさん
    早っ!早速購入されたんですね。おめでとうございます。
    これで説明書を読む手間が省けます。
    しかし、これで私はクロマニさんのシャーシ購入決定ですかね?

    車高調整2月からずっと考えています。プロポは一件落着。マシンのほうはBTAも含め、まだイメージのみです。でもそろそろ重い腰を上げないと。

    MOA車&スティックプロポ、ブームに乗り遅れないようにしないと。

    コメント by NUMBER5 | 2009年 4月 25日 | 返信

  3. おおー、具体的な設定に関して触れているページは見たことがなかったので、すごく助かります。
    なにを、どうできるのか判らないので、まわりに習ってホイラーを使っていましたが、これを知っていれば最初からスティック導入しても良かったですね。
    設定編も楽しみにしています。

    コメント by 参参参 | 2009年 4月 25日 | 返信

  4. gotochuさん
    いろいろ教えてくださってありがとうございました♪
    おかげで6EX仲間になれました。多チャンネルスティックプロポって楽しいですねー

    スティックモードの変更は気づいていたんですが、マニュアルにほとんど情報がないので、1~4でどうアサインが変わるのか分からず、切り替えて試している最中です。今度アサイン図を描いてアップします。

    スティックモードを切り替えていくと、僕の設定だと左レバーだけでスロットルもステアリングも操作できる1本操作モードになります(笑)これはこれで面白いです。

    コメント by モリカワ | 2009年 4月 25日 | 返信

  5. NUMBER5さん
    説明書は基本操作あたりだけ読めば大丈夫です。あとの細かい設定は全部ブログに書きます(笑)

    というより、説明書では細かい設定が非常に分かりづらいです。飛行機をベースに説明しているので言葉も分かりづらいですしね。

    ぜひクロマニさんのシャシーとスティックプロポと車高調整で凄い操作を一緒に楽しみましょう~♪

    コメント by モリカワ | 2009年 4月 25日 | 返信

  6. 参参さん
    本当に本当に、掲示板状態にしちゃってすみません!
    設定編をアップしました。

    ■FUTABA 6EX-2.4GHzのミキシング設定方法
    https://rockcrawlers.wordpress.com/2009/04/25/20090425002/

    ホント、これを初めから知っていれば、最初からスティックでやってたと思います。1.5万円ですし。

    ただスティックだとうちの長男@もうすぐ3歳が握れないので、MX-Aを子供専用にスロットルを曲げて活用することにします。

    コメント by モリカワ | 2009年 4月 25日 | 返信

  7. モリカワさん そう言っていただけると心が救われます。

    僕もミキシングを切った状態での左スティックで前輪操作、右スティックでの後輪操作も考えました。ジョイスティックみたいでおもしろいですよね。

    取りあえず子供のころホイールプロポ登場以前のスティックプロポしか触った事がないので慣れやすいと思い通常走行時左レバーでスロットル右レバーでステアリングとしました。

    コメント by gotochu | 2009年 4月 26日 | 返信

  8. gotochuさん
    僕も子供のころのスティックプロポの操作なら思い出せるかな?と思って、スロットルを左手、ステアリングを右手、に設定してみました。

    まだこの設定で走らせていないので両手スロットルの方が操作しやすいのか、この設定のほうがいいのかはまだわかりませんが、いろいろ試してみます。設定を考えるの自体が楽しいですねー♪

    コメント by モリカワ | 2009年 4月 27日 | 返信


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。