RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■マニュアルに載っていない6EX-2.4GHzの設定

FUTABA 6EX-2.4GHzを持っている人専用のニッチな情報です(笑)

■FUTABA 6EX-2.4GHzのミキシング設定方法の冒頭で書いたとおり、6EXの場合「このスティックをCH4にしたい」と自由に設定はできず、「スティックモード」というプリセット1~4の4種類から選ぶことになります。

ただ、このマニュアルにはスティックモード1の場合しか説明がなく(マニュアルP.10、P.21-22参照)、スティックモード2・3・4がどのようなチャンネル配置になるのかの記述がありません。

スティックモードの変更方法の説明ページ(P.41)に本来あるべきだと思うんですが、記載がないので今回調べてみました。

STCK1の配置

STCK1の配置

 

まず、標準設定のスティックモード1から。

前回はこのモード1のアサインに合わせて受信機にアンプとサーボを挿しました。

 

 

 

 

 

 

 

STCK2のアサイン

STCK2の配置

 

次にスティックモード2です。

 

モード1に対して、「縦の動き」を左右入れ替えたアサインになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

STCK3の配置

STCK3の配置

 

次にスティックモード3です。

 

モード1に対して、「横の動き」を左右入れ替えたアサインになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

STCK4の配置

STCK4の配置

 

最後にスティックモード4です。

 

 

モード1に対して、「縦」「横」両方を入れ替えたアサインになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STCK1~4の関係

STCK1~4の関係

 

 

まとめると、こういうことでした。

 

スティックモードの切り替えは「Mode」ボタンと「Select」ボタンを同時に押しながら電源を入れる操作で切り替えます。比較的簡単に切り替えられるので、走行中に切り替えてレバー配置を変更する、なんてことができると楽しいかなぁとも考えたんですが、まだいい使い道を思いつきません。

 

また、チャンネル配置がどうあれ、「受信機のどのチャンネルに挿すか」でレバーアサインを任意に決められるので、スティックモードがどれでもあんまり関係ないんですよね。ヘリモードでは多少影響があるのかもしれないので、今度確認してみます。

左上のスイッチが、飛行機モードではトレーナーモードで不使用なんですが、ヘリモードでは使用可能になります。またスロットルカーブなどの設定が使えるようになります。従ってヘリモードの方がいろんなことができそうな気がします。

 

スロットルカーブの設定が一番使えそうな気がしていますが、ベースがヘリコプターなので「0%~100%」という設定幅なのが気になります。本当にスロットルに使おうと思うと、「-100%~+100%」でないとバックができなくなってしまう、、、はずなんですが。こちらも今度試してみます。

 

あまりにもいろんなことができるのでイジリ倒し甲斐がある6EX-2.4GHz。D/R(デュアルレート)設定を併用したミキシングでもっと面白い操作方法が作れますが、更にヘリモードにある「スロットルホールド」や「アイドルアップ」という魅力的な名前の設定を何かに流用できればもっと面白いことが出来そうです。

2009年 4月 27日 - Posted by | すべて, Crawler King, Pro-po | , , , , , , , , , , , , , , , , ,

5件のコメント »

  1. 買う気満々で拝見させていただいております。やはり奥が深いですね~
    でもこの使いこなすまでの道のりが楽しくて仕方が無いですね。
    楽器や、パソコンのキーボードと同じでスティックも体が覚えてくれるんでしょうか?
    頭で考えている内は操作ミスなど起こしてしまいそうです。
    ニュータイプへの道は遠そうです。

    スロットルカーブを細かく設定できれば、高いアンプを使用しなくてもある程度調整できるのかな~?
    参考になりまくりです!

    コメント by NUMBER5 | 2009年 4月 27日 | 返信する

    • NUMBER5さん
      体が覚えるまで走り込めば大丈夫ですよきっと!
      って今走らせているんですが、やっぱり前後独立ではフロントとリヤのバランスを手が覚えるまでに時間がかかりそうなのと、ディグ走行で頭が混乱します。ディグはディグでスイッチ切り替えにした方がわかりやすいかもしれません。
      D/Rスイッチにその設定を入れてみました。ミキシングのままリヤディグだけ使えるようになりました。この方が走りやすいのは間違いないんですが、D/Rは別の用途に使いたいので、やっぱり体に覚えさせるまでがんばります。

      ちなみに、スロットルカーブは5点の出力をパーセントで設定できるんですが、アンプでの設定に比べるとわずか5点のポイントでしか設定できませんので、完全な代替は難しいです。でも
      プロポで設定切り替えができるのはいいかもしれません。

      設定がいろいろできて走行中に切り替えもいろいろできるので、やればやるほど走行中に混乱しそうです(笑)

      コメント by モリカワ | 2009年 4月 28日 | 返信する

  2. とうとう6EX-2.4GHzを買っちゃったんですね^^
    私の社友が2人ヘリを飛ばしてて、ヘリの多チャンネルプロポをクローラーに使えないかと思ってたんですが、使い方も分からないのでなかなか手が出なかったのが、森川さんの説明が分かりやすく参考になるのでこの先では購入も考えようかな?って。
    でも資金繰りのほうがチョット・・・
    6EX-2.4GHzでhttp://www.charge-rc.com/rock.htm BASILISK ROCKSのような4モードステアリングアクションも可能なのでしょうか?

    コメント by kazuto | 2009年 4月 28日 | 返信する

    • kazutoさん
      とうとう多チャンネルスティックに手を出してしまいました。マニュアルを読んでいるとヘリを飛ばしたくなります(笑)
      クローラーには最適な設定ができてよいですよ。スティックの操作は案外違和感がありませんでした。ホイールに慣れる前に移行できたのがよかったのかもしれません。

      4WSの切り替え、4モードどころか前後独立ステアリング操作もできますよ。ミキシングとD/Rの組み合わせで行けます。

      実際にやったわけではないのですが、4WSの4モード切替の設定方法を書いてみます。間違っていたらすみません。
      チャンネル名は6EXのスティックモード1を例にします。

      ■設定
      ・受信機のCH2(右レバーの左右操作)にフロントのステアリングサーボ、CH1(左レバーの左右操作)にリヤのステアリングサーボをつなぐ

      ・プログラムミックス1に以下の設定をする
        マスター:CH2
        スレーブ:CH1
        ミキシング量:+100%を設定(同位相の4WS)
        ミキシングON/OFFの切り替えスイッチにCH5の「上向き」を設定

      ・プログラムミックス2に以下の設定をする
        マスター:CH2
        スレーブ:CH1
        ミキシング量:-100%を設定(逆位相の4WS)
        ミキシングON/OFFの切り替えスイッチにCH5の「下向き」を設定

      ・デュアルレート(D/R)の設定で、CH1を0%に設定

      これで4モードのすべての操作ができるようになるはずです。

      ■操作方法
      【モード1 フロントステアリングのみ】
      D/R ON
      CH5ミキシング:上でも下でもよいです。
      →左レバーの左右の操作には無反応になります。ステアリングは右レバーの左右で行います。

      【モード2 同位相の4WS】
      D/R OFF
      CH5ミキシング「上向き」
      →左レバーの左右の操作には無反応になります。ステアリングは右レバーの左右で行います。

      【モード3 逆位相の4WS】
      D/R OFF
      CH5ミキシング「下向き」
      →左レバーの左右の操作には無反応になります。ステアリングは右レバーの左右で行います。

      【モード4 リヤステア】
      D/R OFF
      CH5ミキシング:お好みで「上」なら右に切るとリヤタイヤが右を向きます。「下」なら右に切るとリヤタイヤが左を向きます。
      →この時はリヤステアだけでなく、前後独立ステアになっています。なのでリヤステアしたい時は左レバーの左右で操作し、右レバーの左右を触らない、という簡易的な設定になります。

      同じように、この前後独立ステアリングの状態で左レバーの左右に触らないように操作すれば【モード1】と同じフロントステアのみになります。

      FF7ならプログラムミキシングを3つ設定できるので、リヤステアの専用ミキシングも作れます。

      もっといい設定方法があるかもしれませんが、パッと思いつくのはこんな感じです。スーパークラスのように前後独立駆動も4WSもやるならFF7の方がいいでしょうね。

      コメント by モリカワ | 2009年 4月 28日 | 返信する

  3. あ、このミキシングでは四輪独立ステアリングできないです…CH5のスイッチが上でも下でもミキシングがかかってしまってミキシングがオフにできないので、常にリヤのステアリング操作(左レバーの横の動き)がずっとキャンセルされっぱなしです。

    プログラムミキシングの1か2のどちらかを、CH6のスイッチに割り当てればOKです。今日帰宅したら書き直します。せっかくなので記事としてアップしたいと思います。

    コメント by モリカワ | 2009年 4月 28日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。