RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■(2)FUTABA 6EX-2.4GHzのミキシング設定方法「4WSの切り替え」

■(1)FUTABA 6EX-2.4GHzのミキシング設定方法「前後独立駆動」に続いて、今回は一般的には多チャンネルスティックプロポに一番ニーズがありそうな「4WS」の設定をご紹介します。

ただ、僕のキングさんには4WS機構を付けてません&今回の記事は未検証で本当にこれで意図どおり動くのか確認できていません。たぶん大丈夫だと思うんですが、もっといい設定方法があるかもしれません。

 

1ESCで4WSを同位相・逆位相・フロントのみの切り替えできればよい、という方には適した設定になっています。が、「リヤステアのみ」もスイッチ切り替えで実現するには6EXではチャンネル数が足りません。

リヤのみのステアリングも簡単に使いたい場合や2ESCで前後独立駆動・前後ディグを使いたい場合は6EXではなくFF7や10Cなど、さらにチャンネル数の多いプロポをオススメします。

 

では、いつものおさらいから。(この記事だけ読んでもわかるように、省略せずに書いています。)

 

デフォルトのレバー-チャンネルの割り当て

6EXの飛行機モードでのレバー割り当て

6EXの飛行機モードでのレバー割り当て

まずは6EXのスティックやスイッチのチャンネル割り当てがどうなっているのかから確認します。

これは飛行機のプリセットで[STCK]スティックモード1という、買ってきてそのままの状態のスティック・スイッチの割り当てです。

スティックモードは1~4までの種類があらかじめ用意されていて、これを切り替えることでどのレバーがどのチャンネルなのかが変わります。ただし、任意に「このレバーをCH4にしたい」ということはできません。あくまでも4種類のプリセットから選ぶことになります。

 スティックモード1~4の違いはこちら。

このチャンネル配置に合わせて、受信機にアンプやサーボをつなぎます。

 

 

 

1ESC+前後ステアリングサーボの場合は

・CH1(右レバーの左右の動き)=フロントのステアリングサーボ

・CH2(左レバーの上下の動き)=駆動用アンプ

・CH4(左レバーの左右の動き)=リヤのステアリングサーボ

とします。

 

■ディグについて

ディグを装着する場合はCH3へつなぎます。

機械式リヤディグの場合はCH3の右レバーを上下に操作することでディグのロック・フリー・直結の操作となります。

機械式でもフロント・リヤ両方のディグを1サーボで操作する場合は上がリヤロック(リヤディグ)・ニュートラルで四駆・下がフロントロック(フロントディグ)とすることもできます。上下逆が好みならサーボの設定にリバースをかけてください。

2モーター車で電磁スイッチを2個+1マイクロサーボでの前後ディグ操作をする場合も同様です。

 

■2ESC車の場合

4WSのミキシング設定を2ESC車で行う場合は

1. 常時「前後独立駆動」のまま、左レバーの上下でフロント駆動を操作、右レバーの上下でリヤ駆動を操作を常に行う。(→常に前後独立だと操作が難しいと思います。)

2. 4WSの設定を「同位相」「逆位相」だけの切り替え式として、「フロントのみ」「リヤのみ」の操作をあきらめる。さらに前後独立駆動とフロントディグもあきらめてリヤディグのみとする。

という制限がかかってしまいます。原因は6EXのチャンネル不足(7チャンネルあれば前後独立駆動と4WSの両立がある程度可能、本当に全部の操作をしたい場合は8チャンネル以上必要です)とプログラムミキシングの設定数不足(3設定以上が必要)と、後述するD/R設定数不足です。最低でもFUTABA FF7が必要です。

詳しい設定方法は割愛しますが、2ESC車で4WSの切り替えを同時にやりたい場合は6EXではなくFF7以上のプロポをお使いいただいたほうがベターです。

 

以下の説明は1ESC車を前提としています。

 

このまま普通のカーRCのスティックプロポのように操作すると、フロントステアのみで普通に走れます。また左レバーを左右に切ればリヤタイヤがステアします。前後独立してステアリング操作ができます。

この状態で、「フロントステア」「リヤステア」を操作します。残りの「4WS-同位相」「4WS-逆位相」を実現するには、前後のステアリングサーボを「ミキシング」してあげる必要があります。

フロント用ステアリングサーボとリヤ用ステアリングサーボを同時に「右レバーの横の動き」に集めてしまうことにします。つまりCH1とCH4をミックスするわけです。

 

その時、「右レバーの横の動き(=主はCH1)」に合わせてリヤ用ステアリングサーボ(=従はCH4)を動かす、という主従関係になります。ミキシングではこの「主従の関係」を決めて設定します。

それでは、実際の設定方法を見てみましょう。6EXの設定方法なので他のプロポは操作が違いますが、考え方は同じだと思います。6EXをお持ちの方はマニュアルのP.42を見ながらお読みください。

 

■4WS-逆位相のミキシング設定

マスター(主)チャンネルの設定

マスターをCH1に設定

マスター(主)をCH1に設定

まず、プロポの電源を入れて通常画面の状態で「Mode」ボタンと「Select」ボタンを同時に1秒間押して設定画面を呼び出します。そこから「Mode」ボタンを数度押して「PMIX 1」という画面を表示させます。

そこから液晶の右側の上下レバー(以下「上下レバー」)を「+」側の0.5秒間押すと「ON」が点滅表示します。

次に、「Select」ボタンを押すと「MAS」と表示されます。これが主従関係の「主」にあたるチャンネルを決める画面です。「上下レバー」を操作して、主にしたいチャンネルを選びます。

ここではCH1(右レバーの横の動き)を主にします。決まったら「Select」ボタンを押します。

 

 

 

スレーブ(従)チャンネルの設定

スレーブ(従)チャンネルの設定

スレーブ(従)をCH4に設定

次に、マスター(主)に連動させるスレーブ(従)チャンネルを決めます。

マスター(主)の設定の最後で「Select」を押すと、画面は「SLV」(スレーブ)になっています。

ここで、「上下レバー」を操作して、連動させたいチャンネルを選びます。ここではCH4(後輪用ステアリングサーボ)を選択します。

決まったら「Select」ボタンを押します。

 

 

 

 

 

 

ミキシング量の設定

主チャンネルに従チャンネルを100%混ぜる

主チャンネルに従チャンネルを100%混ぜる

マスター(主)チャンネルに対して、スレーブ(従)チャンネルを「どのくらい混ぜるか」の設定です。

フロントのステアリングサーボ(CH1)を主、リヤのステアリングサーボ(CH4)を従としましたので、ここで「100%」とすればフロントタイヤとリヤタイヤは同じだけの切れ角でステアします。

もし「50%」とすれば、リヤタイヤはフロントの半分しか切れなくなります。

今回はPMIX1の方に逆位相を設定し、PMIX2の方に同位相を設定します。「-100%」でリヤがフロントと逆の方向に同じ切れ角の分だけ切れます。もしリヤのステアする方向がフロントと同じ場合は「+100%としてください。

決まったら「Select」ボタンを押します。

 

 

ミキシングをON/OFF切り替えをするスイッチの設定

ミキシングのON/OFFをCH5のレバーに設定

ミキシングのON/OFFをCH5のレバーに設定

プログラムミキシングでは、ミキシングする/しないをスイッチで切り替えることができます。

これにより、ミキシングONの混ぜっぱなしだけではなく、ミキシングOFFの前後独立ステアも必要に応じて切り替えることができます。

ここでは左レバーの上にあるスイッチ、CH5でON/OFFの切り替えをすることにします。「上下レバー」でCH5を表示させます。この時、レバーを上に倒した時にONなのか、下に倒した時にONなのかも決められます。小さく「▲」と書いてあるのが、上に倒した時にON(混ぜる)という意味です。

CH5のレバー以外に、「常時ON」「DRスイッチ」「CH6スイッチ」も選択できます。

最後に「Mode」と「Select」ボタンを同時に1秒間押して、今までの設定を登録します。

 

以上で「逆位相」の設定は終了です。

 

■4WS-同位相の設定

マスター(主)チャンネルの設定

 

マスターをCH1に設定

マスター(主)をCH1に設定

続いて、「PMIX 2」という画面を表示させます。

逆位相のPMIX1の設定と同じく、「MAS」を表示させ、CH1(右レバーの横の動き)を主にします。

決まったら「Select」ボタンを押します。

 

 

 

 

 

 

 

スレーブ(従)チャンネルの設定

スレーブ(従)チャンネルの設定

スレーブ(従)をCH4に設定

次に、マスター(主)に連動させるスレーブ(従)チャンネルを決めます。

マスター(主)の設定の最後で「Select」を押すと、画面は「SLV」(スレーブ)になっています。

ここでもCH4(後輪用ステアリングサーボ)を選択します。

決まったら「Select」ボタンを押します。

 

 

 

 

 

 

ミキシング量の設定

ミキシング量を-100%に設定

ミキシング量を-100%に設定

PMIX1「逆位相」で「-100%」とした場合は、PMIX2「同位相」では「+100%」とします。

「+」「-」は動作する方向なので、PMIX1とPMIX2で「-100%」「+100%」とすれば、リヤステア時にPMIX1を使用している場合とPMIX2を使用している場合とで逆方向に曲がる、ということになります。

 

決まったら「Select」ボタンを押します。

 

 

 

 

 

ミキシングをON/OFF切り替えをするスイッチの設定

ミキシングのON/OFFをCH6のFLPレバーに設定

ミキシングのON/OFFをCH6のFLPレバーに設定

「逆位相」はCH5のレバーに設定しました。

「同位相」はCH6 FLP(フラップ)スイッチに設定することにします。

「上下レバー」でCH6を表示させます。小さく「▼」と書いてあるとおり、FLPスイッチを下に倒した時にON(混ぜる)という意味です。

最後に「Mode」と「Select」ボタンを同時に1秒間押して、今までの設定を登録します。

 

 

 

 

 

 

以上で「同位相」の設定は終了です。

 

■「フロントステアのみ」にする設定

ついでに、四輪独立ステア操作で「フロントのみ」のステアにするのではなく、きちんと切り替えて「フロントステアのみ」にする(リヤステアである左レバーの横の動きを無効にする)設定も施す場合、D/R(デュアルレート)という機能を使用します。

D/Rとは、D/Rスイッチを操作することで、サーボやアンプの作動量を切り替える機能です。0%~100%まで選択できます。D/Rスイッチが上の時に100%作動、D/Rスイッチが下のときに50%作動、というような切り替え方ができます。

0%に設定すると、そのサーボやアンプは作動を停止することができます。

この0%設定を使って、リヤのステアリングサーボの作動を停止します。

 

D/R(デュアルレート)の設定

デュアルレートで0%=作動停止を設定

デュアルレートで0%=作動停止を設定

D/R設定画面を開きます。

ここで「上下レバー」を操作して、デュアルレートにするチャンネルを選びます。ここではリヤのステアリングサーボを「100%=動く」「0%=動かない」のデュアルにするのでCH4を選択します。

この時、小さい「▲」がD/Rスイッチの向きです。ここではD/Rスイッチを「↑」にした時にリヤのステアリングサーボが停止するようにしています。D/Rスイッチが「↓」の時は100%となります。

 

 

 

 

 

 

これでリヤのステアリングサーボを無効化する「フロントのみ」の設定が完了しました。

本当ならD/R設定がもう1つ持てれば、フロントのステアリングサーボを無効化する設定を追加して「リヤのみ」という設定もできたんですが、6EXはD/R設定が1種類しか持てないので、「フロントのみ」の設定だけにしました。

本格的に4WSの設定をする場合はFF7以上のプロポを使用することをオススメします。

 

この設定でどのような動きになるかというと、

PMIX1/PMIX2ミキシング「OFF」、D/R「OFF」(100%)

 

CH5スイッチ「下」ミキシングOFF

CH5スイッチ「下」ミキシングOFF

CH6 FLPスイッチ「手前」ミキシングOFF

CH6 FLPスイッチ「手前」ミキシングOFF

 

 

D/Rスイッチ「↓」100%

D/Rスイッチ「↓」100%

・CH5スイッチを「下」に倒して「逆位相」ミキシングがOFFになります。

・CH6 FLPスイッチを「奥」に倒して「同位相」ミキシングがOFFになります。

・D/Rスイッチを「下」に倒してリヤのステアリングサーボが普通に動作します。

この状態は「前後独立ステアリング」です。右レバーの左右でフロントステア、左レバーの左右でリヤステアを操作します。

左レバーを左右に操作しなければ普通に走る「フロントステアのみ」と同じで、右レバーを左右に操作しなければ「リヤステアのみ」の操作が可能です。

 

 

これでも通常走行もできますが、ミスをしないようにするために、

PMIX1/PMIX2ミキシング「OFF」、D/R「ON」(0%)

 

D/Rスイッチ「↑」0%

D/Rスイッチ「↑」0%

 

 

・D/Rスイッチを「上」に倒し、リヤのステアリングサーボを無効化します。

これでフロントステアのみとなり、いわゆる普通の走行モードとなります。

 

 

 

 

 

 

PMIX1ミキシング「ON」、PMIX2ミキシング「OFF」、D/R「OFF」(100%)

 

CH5スイッチ「↑」ミキシング「ON」

CH5スイッチ「↑」ミキシング「ON」

 

前後独立ステアリングの状態から、

・PMIX1を有効にするCH5スイッチを「↑」に倒すと逆位相の4WSとなります。

 

 

 

 

 

 

PMIX1ミキシング「OFF」、PMIX2ミキシング「ON」、D/R「OFF」(100%)

 

CH6 FLPスイッチ「奥」ミキシングON

CH6 FLPスイッチ「奥」ミキシングON

 

前後独立ステアリングの状態から、

・PMIX2を有効にするCH6 FLPスイッチを「奥」に倒すと同位相の4WSとなります。

 

 

 

 

 

ちなみに、両方のミキシングをONにしたり、ミキシング中にD/RをOFFにした時の挙動は確認できていません。規則性があるようなので確認してみますが、基本的には「同位相」「逆位相」「フロントのみ」それぞれのスイッチ操作が必要なようです。

 

設定が相当ややこしそうに感じたかもしれませんが、実際にやってみると設定自体はそれほど面倒ではありません。ただ、走行中のモード切り替えで頭が混乱しそうな設定です。

もし「同位相」「逆位相」の切り替えだけにするなら、今回ご紹介した設定のうち「同位相」の切り替えスイッチを「CH5の下向き」に設定すれば、CH5のスイッチを上にすれば逆位相、下にすれば「同位相」という切り替えだけになって簡単です。

その際にはD/Rの設定をしてもミキシング中のスレーブチャンネルにはD/Rが働かなかった気がします。気のせいかもしれないので確認が必要ですが、もしD/Rが有効ならCH5が上向き「逆位相」でも下向き「同位相」でもD/Rで0%にすることで「フロントのみ」の設定になります。ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。(&今回の説明で間違っているところがあればご指摘ください。)

 

ただその時はCH5が上向きでも下向きでも常にミキシングがかかっているので、前後独立ステアリングはできません。

 

 

同じ4WSでもいろんな設定方法があると思います。6EXの設定は十分高機能だと思いますが、限界もあります。ミキシングに慣れないと今回の説明でも複雑に感じて嫌気が差してしまうかもしれませんが、やってみると案外簡単です。パズルのようにミキシングのアイディアを考えるのも楽しいものです。

2009年 4月 30日 - Posted by | すべて, Crawler King, Pro-po | , , , , , , , , , , , , , , , , ,

8件のコメント »

  1. スティックモード変更の利点がよくわからないとおっしゃってましたが、3CHはDR設定ができないので2アンプ2サーボにした場合にミキシングON時は問題ありませんがOFF時にリアモーターが勝手に動いてしまいます。
    以前にも書き込みしましたが長文になってしまいそうで細かい設定は控えましたが、僕の設定では次のようになっています。

    スティックモード2

    3ch:Fモーター(左側上下スティック)MAS  DR 100%

         ↓MIX100% 5chスイッチでONOFF

    2ch:Rモーター(右側上下スティック)SLV  DR 0%

    1ch:Fサーボ(右側左右スティック)MAS  DR 100%

         ↓MIX75% 6chスイッチでONOFF

    4ch:Rサーボ(左側左右スティック)SLV  DR 0%

    通常DRスイッチOFF。
    操作としては5chスイッチでミキシングOFFにてRモーターディグON。6chスイッチでミキシングONにて4WSとしています。

    操作が相当難しくなりますがDRスイッチONで(※右側上下レバー位置確認)右側上下レバー(Rモーター)、左側左右レバー(Rサーボ)が有効となります。
    各ミキシングがOFFの場合はRモーター、Rサーボ共自在に動かすことができます。
    各ミキシングONの場合はミキシングも有効でありながらRモーター、Rサーボが独自にも動きます。(この場合はFモーター、サーボの動きと混ざった状態となります。)
    完全手動となりますが、リアディグ(ディグの効き具合も自在)、フロントディグもOKです。

    クロマニさんに教えていただいたプロポのモデル設定を駆使し、例えばモデル1で上記設定、モデル2で超スロー設定、モデル3でリア50%駆動、モデル4で4WSを捨てて4chに車高調整を割当てるといった設定も可能かと思います。プロポのモデル設定は6種類までメモリーできますので使いこなすことができれば何でも出来そうなきがしますね。

    という感じです。前後独立駆動、4WSの方ご参考になれば・・・。

    僕もFF7の操作性にはかなり惹かれますが価格面での6EXの優位性もあると思います。あとはなんとかプロポの操作に慣れないと・・ですね。

    キングさんの2ESC&6EX+車高調の発展を楽しみにしています。

    長くなってすみませんでした。

    コメント by gotochu | 2009年 4月 30日 | 返信

  2. 遂に注文しました。FF7のほうです。税別22000円でした。
    とりあえずポイント2倍はあきらめます。
    後は製品が届いてからじっくりと当ブログを読み返してみます。

    gotochuさんの説明も分かりやすくて参考になります。
    手元にないとやはり操作感などは理解しにくいので、実際に触ってみないとだめですね。
    早く届かないかな~

    コメント by NUMBER5 | 2009年 4月 30日 | 返信

  3. NUMBER5さんご購入おめでとうございます!!

    多chスティックの仲間入りです。どっぷりハマってください。

    それにしてもFF7羨ましー!!

    コメント by gotochu | 2009年 4月 30日 | 返信

  4. gotochuさんこんばんは
    モリカワさん間借りします。

    gotochuのコメントが無ければたどり着けなかったです。
    有難うございます。

    FF7は後出しの利点ですかね。あるいは漁夫の利かな。
    でも、FF7の利点を引き出せるかはなはだ疑問です。

    とりあえず、明日には触れると思うとわくわくします。
    寝れそうにありません。暫くは遊べそうです。

    コメント by NUMBER5 | 2009年 4月 30日 | 返信

  5. gotochuさん
    非常に丁寧なご説明ありがとうございます!スティックモードの切り替えの意義がやっとわかりました。左右のスティックの上下で前後独立にする場合、STCK1だとCH3を使うことになるんで不都合があるんですね。

    書いていただいた設定ですが、4WSをONにした時は逆位相限定ですか?今回の僕の説明は逆位相・同位相などを切り替えて使う4WS専用設定なんですが、逆位相限定や、常時4WSだと設定が簡単・操作も簡単なんですよね。

    今度僕もDR設定とモデル切り替えを突き詰めてみたいと思います。

    コメント by モリカワ | 2009年 5月 1日 | 返信

  6. NUMBER5さん
    FF7購入おめでとうございます!&コチラガワへヨーコソ♪
    I LOVE STICKS!!のステッカーを貼ったからには挫折禁止ですよー(笑)

    明日到着しましたらガッツリいじり倒して楽しんでください。ホント、パズルのようで楽しいですよー

    #FF7も買ってしまうかもしれない衝動にカラレテイマス。。。

    コメント by モリカワ | 2009年 5月 1日 | 返信

  7. モリカワさんの設定の説明はとても分かり易く参考になりました。

    おっしゃる通り4WSをONは逆位相限定です。DRをONにした場合のみ左側左右スティックでRサーボを操ることになります。

    僕の使用感としては同位相を使いたい状況があまり無いのですが、右手左手のスティックを逆に切ったりしないといけないので頭がこんがらがります。

    後輪の駆動制御、前輪ディグ使用を含めてDRをONする場合は特別な状況でその一瞬を集中力と気合で乗り切ります。笑

    4WS操作ミス=ライン取り失敗、後輪操作ミス=マシン暴走(ひっくり返ったり高所から落車)です。

    僕自身もうちょっとプロポ操作に慣れないといけません・・。
    後輪操作ミス防止の為にフタバに右側上下レバー中立スプリングをお願いするかもしれません。

    それと僕もILOVESTICKS!!のステッカー貼らしてもらっていいですか?

    コメント by gotochu | 2009年 5月 1日 | 返信

  8. gotochuさん
    4WSを逆位相限定にすれば、今回僕が書いた設定ももう少しシンプルになりますね。簡易版4WSの設定も書いてみます。

    I LOVE STICKS!!ステッカー、もちろん貼ってください♪・・・と僕が言うわけにはいかず参参さんのデザインなんですが、ご自由に貼ってね~と書いてあったので貼っちゃってください♪

    コメント by モリカワ | 2009年 5月 1日 | 返信


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。