RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■(1)車高調整機構の制作

クローリングマニア謹製cmb.sLugに感化されて、うちのキングさんにも車高調整機構をつけてみることにしました。車高を走行中に上げ下げできれば、通常は車高を下げて低重心に、ガレ場やステアケースなどで腹がつっかえる時は車高を上げてグランドクリアランスを確保する、という走り方が出来るようになります。

ただ、車高を変えるためにサーボやウインチなどの動力を使うと2.2クラスのレギュレーション違反となってしまうため、動力なしで車高を自由に上げ下げできる機構が必要です。

車高調整の仕組み(イメージ図)

車高調整の仕組み(イメージ図)

いろんなやり方があると思いますが、僕が思いついた方法はイメージで描くとこんな感じです。

右がフロントです。車高を決定しているのはダンパーなので、ダンパーにカンチレバーを付けます。

そのカンチレバーに「く」の字のレバーを取り付けます。「く」の下端はシャシーに固定します。

そして「く」の折れているところにリヤのアッパーリンクと、上下動を緩やかにするためのドゥループダンパーを取り付けます。

 

 

 

これがどう動くかというと、

●車高アップの動作

・フロントタイヤをロックしたまま、リヤタイヤだけ前進させると、アッパーリンクで「く」レバーを押します。

・「く」レバーは押されると「|」の字になろうとして、カンチレバーを上に押します。

・カンチレバーが動くと、ダンパーが下に押されて車高がアップします。

・「く」レバーは名称を「ロックヒンジ」と言います。ロックヒンジは「|」の字に伸びた時にロックされ、車高アップ状態をキープします。

 

●車高ダウンの動作

・ロックヒンジがロックされている状態で、フロントタイヤをロックしたまま、リヤタイヤだけ後退させると、アッパーリンクが「く」の字に折れるように引っ張ります。

・ロックさえ外れれば、自重とフロントダンパーがカンチレバーを押す力で車高が下がります。

・ゆっくり車高が下がるように、ドゥループダンパーが縮みます。

 

低車高の状態で走り続ける時は、フロントモーターがリヤモーターよりわずかに多く回るようにしておけば、無駄に車高が上がったりはしないはずです。

 

 

収納ボックスのロックヒンジ

収納ボックスのロックヒンジ

 

このプランを思いついた元はこれ。収納ボックスに付いていたロックヒンジです。

ヒンジのロックを解除するのに、わずかに真ん中を引っ張ってあげると

 

 

 

 

 

 

 

 

ロック解除

ロック解除

 

スムーズにふたが閉まります。ロック状態の時は、ふたが閉まる方向に力が加わればロックが強まります。しかしロックを解除するための力はほんのわずかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

風呂場の折れ戸

風呂場の折れ戸

 

それともうひとつ。風呂場の折れ戸です。

 

これも同じように「く」の字に動きます。ロックヒンジは円弧方向に動いていますが、折れ戸はレールに沿って直線に動きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

レール上を直線で動く

レール上を直線で動く

 

今回はロックヒンジをレール上で動かし、このような上下動に使おうと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステーステンレス100mm

ステーステンレス100mm

 

ロックヒンジ自体は自作するつもりだったんですが、ホームセンターで試しに少し大きめのものを買ってみました。

ただ、これはロック機構がない、ただのヒンジです。やはり小さいロックヒンジというのは手に入りにくいようです。

・マツ六株式会社「ステーステンレス100mm」

 

 

 

 

 

 

ヒンジを縮める

ヒンジを縮める

 

縮めるとこんな感じ。

ここまでペッタンコに縮めると後ろから押しても力が加わらないので、「く」くらいの時に最低車高になるようにしたほうがよさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

伸ばした時

伸ばした時

 

ヒンジを伸ばすとこんな感じ。上下に90mm動作しますが、これでは動作量が多すぎるのと、縮んだ時に後ろに伸びすぎるので、ある程度短くカットします。

また、「ロック」ヒンジではないので、完全にまっすぐになりません。やっぱりこれ自体は不適当なようですが、試作ではとりあえず使ってみます。

 

 

 

 

 

 

 

この部分をリヤのアッパーリンクで押す

この部分をリヤのアッパーリンクで押す

 

この指の向きに力が加わると、ヒンジが伸びようとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上下20mmずつカット

上下20mmずつカット

 

とりあえずこのヒンジを叩っ切ってみました。上下を20mmずつカットしたので、最長で60mmになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最大に伸びた状態

最大に伸びた状態

 

最低車高のときは少し開いておかないといけないので、動作量は40mmくらいです。

カンチレバーが40mmも動いたら動きすぎなので、もっと「く」に近い角度で行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

シャシーボックスにロックヒンジを載せてみた

シャシーボックスにロックヒンジを載せてみた

 

この車高調整機構を積むために、シャシーも作る必要があります。

不思議な箱ですが、これは3mm厚の発泡塩ビ板を、家具の角を覆うための「外角クロス」という建築部材でつないだものです。

実際にはロックヒンジはイメージ図の通り2本使います。

ロックヒンジにはダンパーをつなぐので、シャシーボックスの長さが足りてないですね。作り直します。

 

 

 

 

箱の中身はバッテリー

箱の中身はバッテリー

 

ちなみにこのシャシーボックスの中はバッテリーです。Li-Fe 3セル9.9Vを収めるギリギリのサイズにしてあります。

バッテリーの空きスペース(黒いところ)は受信機が縦に入る予定です。

今シャシーに積んでいるアンプは前後ホーシングに積むことにします。というのも、Side Winder×2の方がLi-Feバッテリーより重いんです。無理にバッテリーをホーシング上に載せるより低重心に出来そうなので。

 

 

 

 

 

 

車高調整の仕組み(イメージ図)

車高調整の仕組み(イメージ図)

 

作り始めたばかりで最後に目論見どおり動くのかわかりませんが、ぼちぼち作ってみます。この絵が最後にどう変わっちゃうのか。うまく行くかなー

2009年 5月 8日 - Posted by | すべて, Crawler King, Height Adjust | , , , , , , , , , , , , , , , , ,

6件のコメント »

  1. なんか、複雑で自分にはよくわかりませんが、とにかくすごそうですね。
    完成しました。ジャーン。
    よりも試行錯誤中を見させてもらった方が、やっぱり楽しいですね。
    楽しみにしています。

    コメント by 参参参 | 2009年 5月 8日 | 返信

    • 参参さん
      まだまだ試行錯誤中ですが、ぼちぼちがんばります~
      突き詰めるとたぶんホーシング以外全部作り直すことになりそうなので時間がかかりそうです。まずはざっくり作ってしまいます。
      しかし分かりづらかったですね。カンチレバーを動かす仕組みだけなのでそんなに難しいことはやってないんです。ただ、キングさんの縦置きモーターのせいでレイアウトがちょっと難しいです。

      コメント by モリカワ | 2009年 5月 8日 | 返信

  2. 遂に来ましたね。成功を祈っております。
    そうか、試行錯誤を記事にすればいいんですね。
    一緒に考えられるし、知恵も借りられるかもしれませんね。
    やってみよ!

    コメント by NUMBER5 | 2009年 5月 8日 | 返信

    • NUMBER5さん
      ロックレバーさえ作れれば難しいことはないはずだと思ってます。あとはリヤのアッパーリンクを直接続してしまうので、もしかするとリヤだけスティックのようなハイブリッドシャシーになるかもしれません。リヤが細くてフロントがバッテリーを収めるぶんだけ幅が広い、上から見るとエイのような形になるかも。
      NUMBER5さんの裏打ちカンチも見せてください~♪

      コメント by モリカワ | 2009年 5月 8日 | 返信

  3. 見せました。
    作業内容は驚くほど簡単でしょっ!
    その分セッティングだしが驚異的に難しいです。
    でも楽し~♬

    コメント by NUMBER5 | 2009年 5月 8日 | 返信

    • NUMBER5さん
      拝見しました。予想通りの仕組みでした。そして予想通りセッティングが大変ですよね。

      車高調整機構の絵を描いていたら、息子から「ダンプ?」と聞かれました。
      たしかにダンプ機構をつけても面白そうです。っていうか、息子はダンプの方が喜びそうです:-p

      コメント by モリカワ | 2009年 5月 8日 | 返信


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。