RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■(2)奈良トラ第2戦 観戦レポート~リグ編~

■(1)奈良トラ第2戦 観戦レポート~セクション編~に続いて、奈良トラに来ていたリグ編です。コンペに参加するために持ち込まれたリグはもちろん、コンペには参加しないけれどRCピットに並べられていたリグも多数。そのいずれもが素晴らしいカスタム具合で見ごたえがありました。

残念ながらほとんどのリグがどなたのものなのか、お話も伺えずに写真だけ収めました。次回はオーナーの方ともっとお話ができればと思います。

コンペリグからスケールリグまでズラリ

コンペリグからスケールリグまでズラリ

.

まずはピットの様子。最初のコンペ参加者へのオリエンテーションよりずっと前なので、この後にもっと台数が増えています。それでもみなさんの自慢のリグがズラリ。

ここで331さんにお会いできました。超男前でした!今度群馬まで遊びに行きます!

.

.

.

.

.

.

どれもリアルな作り込み!

どれもリアルな作り込み!

.

このピット手前にはスケールチューバーがズラーっと並んでいました。どれも素晴らしい作り込み!ドライバーが乗っているもの多数!すごいです。

おまけに、こんなリアルなルックス重視な車体であっても実はコンペに参加する本気車両だったり。カッコよくて走りもすごい、理想的なリグですねー

.

.

.

.

.

リアルスケールチューバー

リアルスケールチューバー

.

左の銀色のリグは「サウンド君」を積んでいて、アクセルに合わせて「ボボボボボ」とエンジン音を響かせていました。こうやってピットで待機している最中でもずっとアイドリング音を響かせていました。

おまけに、コンペにも参加されていたんですよね。岩を乗り越えるときにアクセルを煽ると、それに合わせてエンジン音が「グロロン!グロロン!」と鳴るのはかなりイイです。

真ん中の1.9クラスのスケールチューバーもコンペに出ていて、転倒するたびにギャラリー(とオーナー)から悲鳴が上がっていました。傷が~!!

.

.

.

構造から普通のクローラーとは一線を画す!

構造から普通のクローラーとは一線を画す!

.

このようにドライバーフィギュアが載っている(乗っている?)車両も多数。自作チューバーも当たり前。モーターをエンジンよろしくRRマウントにして、スパーギヤを最後尾に、フロントは長いドライブシャフトでリヤから戻すという、すごく凝った造りです。ステアリングサーボも車体マウントで後ろから引く構造。アクスルをリアルに見せるための工夫ですが、BTA化のアイディアにもなりそうです。

.

.

.

.

.

.

AX10親亀小亀

AX10親亀小亀

.

こちらはバスタードJr.チューバーフレームにAX10アクスルのリグと、踏まれているAX10です。このように上下に積まれているリグがたくさんありました。

バスタードJr.はブラックアルマイトのリンク類、ダンパーに赤のステアリングリンクが精悍です。

上がHBローバー、下がPantherクーガーとタイヤも履き分けています。今回は案外Pantherクーガーを多く見ました。奈良トラにはPantherが合っているのかな?

.

.

.

.

SRAYさんのチューバー

SRAYさんのチューバー

.

前回の2.2コンペクラス優勝者、SRAYさんのリグも積まれていました。

今回も1.9クラスと2.2クラスでダブルエントリーされていたのでしょうか。今回はクラス関係なくグループ分けされての混走だったので、複数クラスにエントリーされていた方は非常に慌しかったんじゃないかと思います。

Option No.1のまさよしさんに伺った話では、あの第4セクション、コンクリートウォールの全ゲートをクリアされていたとか。さすがです。

.

.

.

.

ファイヤービートルonウィリーキング

ファイヤービートルonウィリーキング

.

ウィリーキングも健在!目玉付のビートルボディに力強く「Wheely King 4×4」と書かれています。ファイヤーカラーがとても美しい!

.

.

.

.

.


.

.

Bullyも出場!

Bullyも出場!

.

Bullyアクスルのリグも。ボディに「Bully」の文字が。グラデーション塗装に手形のシルバーがすごく目立っていました。

Bullyアクスルはホーシング部分が非常に細いですね。実車を初めて見ましたが、工業製品としても美しいです。

.

.

.

.

.

.

.

Berg2もさっそくコンペ出場

Berg2もさっそくコンペ出場

.

Berg2アクスルのリグも数台いました。発売されて初めてのビッグコンペなんじゃないかと思います。

331さんのリグもBerg2でしたが、素敵なホイールを履いていました。詳細を伺いましたが、とりあえず自主規制。あのホイールは市販予定ですかね?もし市販品であればBerg2オーナー垂涎の品になるはず!

.

.

.

.

.

.

クローラーキングも参加!

クローラーキングも参加!

.

クローラーキングも出場していました。

一般には超レアもの扱いのクローラーキングですが、さすがOption No.1主催の大会だけあって、奈良トラでは見ることができます。

超タイトなAVリンク化されていて素敵です。

CR-01の樽型スプリングを使っているところを見ると第1回大会でも出場していたクローラーキングですかね?

先のBullyアクスルと比べてこのアクスルの太さといったら!超強固なホーシング断面です。

.

.

.

初音ミクな痛車リグ

初音ミクな痛車リグ

.

みっくみくなリグも発見!

痛車リグはもっといるかと思ったらこの1台だけでした。

これ、リヤ(上側)にもステアリングサーボを積んだ4WS車、つまりスーパークラスの車両です。タイヤもホイールベースも2.2クラスなので、スモールサイズでスーパークラス参戦となります。戦果はどうだったんでしょう?

.

.

.

.

.

.

超ド派手なホイール!

超ド派手なホイール!

.

スーパークラスはどれも見た目が華やかな方向のカスタムが多かったです。パーツが大きいだけに相当インパクトあります。

超ド派手な大径メッキホイールを履いたスティックシャシーのリグ。さすがにグランドクリアランスが盛大です。このホイールデザインをチョイスするため、ビードロックホイールですらありません。

最近2.2クラスでもこういうセッティングが増えてきました。MOAの普及でグランドクリアランスをがっつり確保したシャシーでも低重心にできるようになったからでしょう。

.

.

.

.

巨体なのでスティックバッテリーが極小に見える

巨体なのでスティックバッテリーが極小に見える

.

こちらも凝ったデザインのメッキホイールです。ビードロックリングの彫り込み模様も綺麗です。

フロントに詰まれたスティックバッテリーが小さく見えるほどの巨大サイズ。大迫力です。

.

.

.

.

.

.

.

撃たれそうなほどのインパクト

撃たれそうなほどのインパクト

.

リボルバーデザインで弾丸を込めたシリンダーのように見えるホイールを履いたリグ。2.2クラスでも同じようなデザインのホイールがありますが、このサイズを目の当たりにすると迫力が違います。

.

.

.

.

.

.

.

.

クロマニじゅげむさんご自身のsLug.が奈良トラに!

クロマニじゅげむさんご自身のsLug.が奈良トラに!

.

そして最後。僕が個人的に一番見たかったリグがこれ。クローリングマニア店長、じゅげむさんご自身のsLug.です。

フロントにBerg1アクスル、リヤにBully1アクスルという「バブリー」なリグです。

■(4)すごいクローラーでご紹介したとおり、車高アップダウン機構を備えたスーパーリグです。実際にその動きを目の前で見ましたが、動画で見る10倍驚きます。なにせ実戦で使われる姿ですから。しかもsLug.開発者自身が企業秘密満載のセッティングを施して、sLug.の特長を最大限に活かしたテクニックで攻めるのを目の当たりにすると、まさしく圧巻です。

.

.

.

10Cで自在に操作

10Cで自在に操作

.

裏返して細部までマジマジと拝見させていただきました。アクスルの削り込み、超マイクロサイズの4ch受信機、ホイールも削り込み、ホイール内はウェイトなし!超極小のブラシレスモーター、他にも流石のノウハウが満載でした。

もちろん操作はスティックプロポで。FF7の上位機種、10Cです。I love sticks!!ステッカーが貼られ、ニヤリとできます。

.

このスーパーリグとスーパーテクニックで、sLug.が見事2.2コンペクラス2位受賞!じゅげむさんおめでとうございます!

.

.

.

90台以上のエントリーがあった中から、ほんのわずかですが奈良トラに終結したリグをお届けしました。残念ながらオーナーさんがどなたかわからないものが多かったのですが、もしここをご覧になっている方がいらっしゃれば、これ俺の!ってお伝えいただけると嬉しいです。

あと、走行中の写真がほとんどないんです。動画は若干ですが撮りましたので、後日アップします。横目で長男が逃走しないかを見ながらの撮影で、長回しできなかったり車両がフレームアウトしたりと見づらい映像ですが・・・次回はもっとガッツリ撮ります!

2009年 6月 9日 - Posted by | すべて, Event

4件のコメント »

  1. レポートお疲れ様でした。
    すごい規模のイベントだったんですね。
    いつかは自分も行ってみたいです。

    コメント by 参参参 | 2009年 6月 9日 | 返信

    • 参参さん
      レポート、JIM-Rock&実車編と、動画編(たぶんRC・JIM-Rock・その他の3つが残ってますので、今夜順次アップ予定です。
      奈良トラレポートはなるべく今夜で一旦完結して、明日からは通常のニュースサイト(笑)に戻ります。
      っていうか、奈良トラの間にニュースが溜まりすぎて早く放出しないとニュースじゃなくなっちゃうのでちょっと焦ってます:-p
      次回の奈良トラには是非いらっしゃいませ♪次回は8月9日(日曜日)です。その次の10月の大会はRCコンペがないようので11月になっちゃいます。
      次回の第3回からレギュレーションが大きく変わるようです。もしかすると1モーターと2モーターは別のクラスに分けられるかも。でも決勝は1モーター3台+2モーター3台で総合チャンピオンを決める方式にするかも、などいろんな案が出されています。
      今でも参加者数が多すぎて日帰り参加が難しいほどの規模になっちゃってますので、レギュレーション改定よりクラス別で別日取りになるか、参加者数を制限するかになるんじゃないかと思ってます。
      レギュレーション改定情報も案ベースのものから確定情報まで順次お伝えしていきます~
      奈良トラでお会いできるか、藤岡でお会いできるか、とても楽しみにしてますよー!

      コメント by モリカワ | 2009年 6月 9日 | 返信

  2. 絶命動画UP有難うございます。
    絶命証拠動画は私のデジカメにはほとんど映っていませんでした。
    嫁はゴールしてくるものと思い込みゴール地点で撮影し、待ち構えていましたが、まさかスタート地点で絶命するとは流石の嫁も予想できなかったらしいです。

    コメント by NUMBER5 | 2009年 6月 9日 | 返信

    • NUMBER5さん
      すごい偶然、絶命の現場に居合わせてしまいまいた:-@
      カメラを回したまま居合わせるとはすごい偶然です。僕も予想できなかったですよ。
      早く復活できるといいですねー331さんのおっしゃるとおり、たぶんアンプは死んではいないんじゃないかと思います。

      コメント by モリカワ | 2009年 6月 10日 | 返信


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。