RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■モントラックスBully用BTAキットに進化!

昨日お伝えしたモントラックス製のBully用サーボステーですが、なんと一晩で形状変更してBTAキットに進化しました!

アクスルチューブ全体を覆うサーボステー

アクスルチューブ全体を覆うサーボステー

.

片持ちのネジ支持だった形状が、ご覧のとおりギヤボックスを跨いで左右支持になっています。この形状は見たことがないですね~

片持ちより当然剛性が上がりますし、サーボがホーンを振ったときのネジレをギヤボックスをアルミ板がはさむ構造で支持するので、サーボ動作の確実性が上がります。

「バリ切れくん。」タイプなので、サーボが上下逆さまに取り付けられています。普通はサーボホーンが正面から見えるのですが、「バリ切れくん。」の場合はこのようにサーボホーンが真下に来ます。

そしてご覧のように、サーボホーンはアクスルの後ろ側を向いています。つまり、BTA(ビハインド・ザ・アクスル*1)を実現できるんです。

.

.

.

*1 BTA(ビハインド・ザ・アクスル):通常は車体の前に付いているステアリングリンクをアクスルの後ろ側に取り付ける構造。これにより、岩に進入するときにステアリングリンクが岩にぶつかってしまうことがなくなり、走破性が相当アップする。

.

.

.

もともと「バリ切れくん。」はこのように、サーボホーンの振り幅が確保できるなら前にも後ろにも取り付けられます。

Berg1アクスル用に開発されたのが最初ですが、クロックド加工*2が施されていないとアクスルの後ろ側に回したステアリングリンクが路面に接触するようになってしまうので、クロックド加工されていないBerg1のノーマルアクスルだと「バリ切れくん。」を使ってもBTAにするのが困難でした。

ステアリングリンクがアクスル後方に!

ステアリングリンクがアクスル後方に!

.

Bullyの場合は初めからクロックド加工された設計なので、このBTAキットを使うことでポン付けでBTA化することができます。

この写真ではステアリングリンクが下に付いていますし、せっかくのハイクリアランスナックルも下向きに付いているのでステアケースに登ったときの路面接触が心配ですが、BTA化した時の効果は絶大なので悩ましいところです。

.

.

.

.

.

.

ナックルも下向き、さらに下にステアリングリンク

ナックルも下向き、さらに下にステアリングリンク

.

RCCrawler.comのBully Forum(英語)でもこの美しいサーボマウントとBTAの試みが絶賛されています。しかし同時に、下側にステアリングリンクがぶら下がることに心配の声も挙がっています。

しかしこのサーボステーなら前向き・後ろ向きのどちらにも対応できますので、両方試して好ましい方を選べるのが魅力です。

前向きの場合でも、ノーマルよりサーボの舵角が多く取れるので、ナックルの小加工で舵角を増やすことができると思います。

でもできればもっとクリアランスを稼げるリンクの取り回しで是非!

.

.

.

このサーボステー、なんとBullyの開発元であるRC4WDから「超Coooolなデザインだ!RC4WD製品のサポートありがとう!」とモントラックスまさよしさんにメールが届いたそうです。

ホント、こういう魅力的なBully用アフターパーツが充実してくるとBullyアクスルが普及して、Bullyアクスルユーザーが増えればアフターパーツが増える、という良循環が生まれるはずです。このサーボステーが製品化された暁には応援の意味も込めて是非購入したいと思います!

.

.

.

*2 クロックド加工:モーターの路面接触を防ぐためにモーターを持ち上げる方向にアクスルを回転させる加工。別名「かち上げ加工」。

アッパーリンクを長くしたりロアリンクを短くすればモーターは持ち上がるが、そのままではステアリングを切った時のタイヤのスイング軸(キャスター角)が路面に対して斜めになって小回りが利かなくなるため、キャスター角が路面に対して直交するようにナックルの取り付け角度を変更する。アクスルチューブに穴を開ける加工を行う必要があり、穴の位置の正確性や垂直に穴を開けるための工具・技術を要するため難易度が高い。

Berg2では初めから15度のクロックド加工が施されている。

あまり極端にかち上げると重心が上がるため、最適な角度に留めることが必要。

キャスター角は必ずしも路面に直交させるのがベストとは言えず、ステアケースの上に前輪を乗せた時にステアリングが切れるようにモーターをかち上げた角度を多少残すこともある。このあたりのセッティングはアッパーリンクのロッドエンドにスペーサーを挟むなどしてアッパーリンクを長めにすることで調整可能。

2009年 6月 20日 - Posted by | すべて, BTA, Bully, MONTRUCKS | , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2件のコメント »

  1. このキットは美しいですねー。BULLYますます魅力的に成っていきます。
    多少の突っ込みどころは残しておいてもらった方が、悩める分楽しいかもしれませんね。

    BTA今のところ、私の当面のテーマです。なかなか成功しません。
    リンクの取り回しなどで出来る事は出来るんですが、力が逃げてしまったり、上下動が加わったりでBERG1+クロックド加工済みでも今だ成功せず。
    もはや私の環境ではステアリングリンクは、ギアボックスの下と、ロアリンクの下を通すを他道は残っていません。
    バックの時突起物に引っかかるんだよな~。悩みすぎです。

    コメント by NUMBER5 | 2009年 6月 20日 | 返信

    • NUMBER5さん
      これ、モントラックスまさよしさんは最初あまりお気に召さなかったようですが、相当かっこいいと思います。RCCrawler.comを読んでいた人も大絶賛ですよ。

      BTAはBergでは結構難しいようですね。必ずしもBTAにこだわる必要はないと思いますが、BTA化できれば相当干渉が減るので、こういうキットが出るのはいいですね。

      BTA化した時はバック時やステアケースで干渉が増えそうなので、もっと抜本的なリンクシステムがRTR時から設計に盛り込まれてくるのも時間の問題かと。

      コメント by モリカワ | 2009年 6月 20日 | 返信


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。