RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■Bully+Venom

■物資到着!第2弾~中モノ~でお伝えしましたトラッキング情報をご覧いただいてわかる通り、残念ながら土曜日中には大モノが到着しませんでした。日曜には確実に届くでしょうから、大モノ情報は明日に繰り越しまして、今回はBullyアクスルにVenomのロアリンクを使ったユニークなリグをRC4WD Forumからご紹介します。

.

Bully+Venom

Bully+Venom

.

綺麗な塗装のビートルボディ、サッカーチームでこういうカラーリングのものがあったような気がします。このリグ、ベースはBully ARTAです。その車体にVenom Creeperのダブルベントロアリンクを組み合わせたものになっています。

このVenom用のロアリンクがかなり絶妙にBullyのギヤボックスを避ける形状になっていてベストマッチ!なんですが、この写真の段階ではそのVenomリンクを使っておらず、ここからバージョンアップしたものにVenomリンクを使っています。

そのリンク周りの絶妙さを見てみましょう。

.

.

.

.

ベノムリンクの2段曲げがギヤボックスを回避!

ベノムリンクの2段曲げがギヤボックスを回避!

.

ご覧のとおり、Venomリンクが見事にギヤボックスを避けています。まるでBully用に開発されたかのようなロアリンクです。

最近のナローアクスル+大舵角+大径タイヤというトレンドでは、ステアリングをフルに切った時にダンパーやリンク類への干渉が深刻になってきています。そのため、ダンパーはインナースプリング型でスプリングがタイヤに干渉することを避けるのが同時にトレンドになっています。

Bullyも例に漏れずフルステア時の干渉問題が話題になっていますが、このVenomリンクではロアリンクへの干渉は心配なさそうです。

.

.

この写真で見えているギヤボックスとモーターを覆う白いものは路面干渉したときにスムーズに擦過できるようにするデルリン製のスキッドカバーです。

デルリン製スキッドカバー

デルリン製スキッドカバー

.

こんな風にギヤボックスの突起部分とモーターをまるごと覆ってしまいます。これはBerg用として販売されているものだそうですが、ご覧のとおりBullyにもベストマッチです。

ちょっと調べたんですが、これがどこから出ている何という商品なのかわかりませんでした。ご存知の方がいらっしゃったら教えてもらえると嬉しいです。もしくは日本で手に入るように製品化していただけると最高に嬉しいです(笑)

.

.

.

.

.

.

尖っているので路面接触面積が最小限

尖っているので路面接触面積が最小限

.

他にも路面接触をうまく擦過させるアイテムが使われています。Bully ARTAのスキッドプレートはデルリン製の尖った形状になっています。この形状、なるほど!と膝を叩きたくなります。

逆に尖っているため、深く岩に刺さるかもしれませんが:-p

こういうアイディアがどんどん試されてブラッシュアップされていくのがいいですよね。

ロアリンクを内側ギリギリまで追い込んでいるのもフルステア時のタイヤ干渉回避が目的でしょう。

.

.

ステアリングリンク類の工夫

ステアリングリンク類の工夫

.

他にもステアリングリンクにも工夫が。水平部分のリンクは間に5mmのスペーサーを入れて少し長くしてトーアウトになるようにしてあります。トーアウトにセッティングすることで岩と岩の隙間にタイヤが挟まりにくくなります。

.

.

.

.

.

.

.

ちょっと前にはこのリグの走行動画がYouTubeにアップされていたのですが、今は残念ながら自己削除されています。

これからも進化し続けるでしょうからいずれアップされる、かな?楽しみに待っていましょう。

http://www.youtube.com/user/madpete98

2009年 6月 28日 - Posted by | すべて, Bully | , , , , , , , , , , , , , , , , ,

6件のコメント »

  1. よりによってこの組み合わせですかっ!ものすごくやってみたくなってしまったではありませんかっ。
    今後はBullyの重さがどう影響するか参考にさせていただきたいです。

    コメント by NUMBER5 | 2009年 6月 28日 | 返信する

    • NUMBER5さん
      今回の記事は主にNUMBER5さん向けの情報だったりします(笑)
      そそるでしょう~♪
      Bully2アクスルの重さ、実は追加ウェイトやホイール自体の重さをコントロールすると、Bergなど軽量なアクスルとだいたい同じにできるんじゃないかと思います。アクスルが重いことも利点に変えられるかなっと思ってます。まずは組み上げます~

      コメント by モリカワ | 2009年 6月 29日 | 返信する

  2. バーグのスキットカバーは
    LoneWolf Designとか言う所です。
    http://www.lonewolfdesignsrc.com/index.php?pr=Products

    RCCにもLonewolfというIDでいらっしゃいますよ。
    http://www.rccrawler.com/forum/showthread.php?t=171155&highlight=lonewolf
    って実はたまたまメッセンジャー友達なので
    気になるようであれば、今度聞いてみましょうか〜?

    コメント by まさよし | 2009年 6月 28日 | 返信する

    • モントラまさよしさん
      情報ありがとうございます!さすがです。これ、欲しいです。
      超!気になるので、是非聞いてみていただけると嬉しいです。モントラで取り扱ってください♪

      #複数URLをコメントに書くと一旦掲載が保留される仕組みが入っているので、書いてすぐに反映されなかったと思います。失礼しました。

      コメント by モリカワ | 2009年 6月 29日 | 返信する

  3. モーター、タイヤの干渉をワイドホイルで逃げずに解消してますね。
    アクスルのデルリンカバーが入手しやすくなるとうれしい(要望)
    バーグと違い外側からネジでアクスルカバー止めているので、ネジが引っかかるのか、無いリグの写真を見ますね。

    ARTRの標準シャーシからスキッドプレートはこの形ですね。
    これは、接地面少なくていい構造ですね。

    興味はショックです。純正より径があるのに取付け方が純正と同じなんで干渉がどう避けているのかですね。

    コメント by kuro6one | 2009年 6月 28日 | 返信する

    • kuro6oneさん
      おぅぉっ、このスキッドプレートはデフォルトなんですね。失礼しました。記事書き換えます~
      ARTAの腹の下の写真って実は見たことがなかったので。

      アクスルのデルリンカバー、ほしいですよねー。一緒にモントラまさよしさんに取り扱ってもらえるようにオネガイしてみましょう♪

      ショックはアウタースプリングがBerg用になっていて径が太くなってますね。でも取り付け方法が同じだとすると干渉は大きくなっているはずですが、どうなってるんでしょうね。
      干渉問題については触れられてなかったので、今後の追加がないか引き続き追っかけてみます。

      コメント by モリカワ | 2009年 6月 29日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。