RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■モントラックス新製品 BTA Kit For Bully

MONTRUCKS BTA Kit For Bully

MONTRUCKS BTA Kit For Bully

.

■モントラックスBully用BTAキット一旦完成!他、数回にわたってお伝えしていたモントラックス製Bully用BTAキットの単品販売の受付が始まりました!価格は4,500円(税込4,725円)です。

Bully2アクスルとBTAキットのセットが大好評すぎてBTAキットの生産が追いつかないようですが、Bullyオーナーには待望の品。海外でも待っている人が多数いますので、しばらくは品薄状態が続きそうです。

生産され次第の出荷で、7月中旬ごろを予定されています。

Bullyオーナーの方はお急ぎください♪

MONTRUCKS JAPAN 「BTA Kit For Bully」 ご購入はこちら

.

.

もちろん僕は注文しました♪

これでsLug.付属のバリ切れ君。プロトタイプ、バリ切れ君。正式版、そしてこのMONTRUCKS製BTAキットと3種類を試すことができます。

BTAだけで3種類も試せるなんて聞いたことがないですね(笑)Bullyのアフターパーツが充実してきた証でしょうか♪

.

先述の通りモントラックスさんではBully2アクスル+BTAキットのセット販売もあります。セットを買ったほうがバラで買うよりずっと安いことから大人気商品になっているようで、モントラまさよしさんも嬉しい悲鳴を上げていらっしゃいます。

MONTRUCKS取り扱いBully2アクスル

Bully2アクスル単品 価格:19,800円(税込20,790円)

BTA Kit For Bully単品 価格:4,500円(税込4,725円)

Bully 2 +BTA Kit 価格:22,800円(税込23,940円)

.

僕がsLug.Bully2を買ったクローリングマニアさんでは、自分で加工するのは難易度が高い「クロックド加工」を無料で施していただけます。これは後から施すのが非常に難しい、加工精度がかなり求められる作業なので、可能な限りやっておいた方がよいと思います。

クローリングマニア取り扱いBully2アクスル

Bullyアクスル単品(クロックド加工無料) 価格:19,800円(税込20,790円)

sLug.Bullyシャシー単品 価格:21,952円(税込23,050円)

BullyアクスルとsLug.セット 価格:39,442円(税込41,414円)

.

いずれの商品も売り切れ間近です。Bully2、予想通り、いや予想以上の大爆発の売れ行きです!

来週にはBerg2のセカンドロットが出荷されるようです。Berg2はBerg1の実績から磐石でしょうけど、Bully2がどのくらい市場を席巻するかが楽しみです。

2009年 7月 9日 - Posted by | すべて, Bully, Crawling mania, MONTRUCKS |

24件のコメント »

  1. いやー売り切れちゃうんですか。残念ながら今は買えません。
    Bully2これほど人気とは!ユーザーが多ければ多いほどパーツも手に入りやすくなりますね~。
    ますますBully欲しくなりました。すでにWin-Mac比率を抜いてますね。Berg2が遅れた分Bullyに流れ込んだかなー。

    早く動くBully、生Bully見てみたいです。いや持ち上げてみたいです。

    コメント by NUMBER5 | 2009年 7月 9日 | 返信する

    • NUMBER5さん
      奈良トラ前だってのもあってか、今は売り切れ続出ですね。Bully2が望外に大人気です。
      ホント、これでアフターマーケットが広がると楽しくなりますね。

      Win-Mac比率・・・にはなっちゃうと思いますよ(笑)やっぱり日本メーカーが取り扱うenRouteブランドは強いはずです。
      でも初動でBully2に流れた分は多分にありますよねきっと。

      生Bully2、車体丸ごとだとあんまり重さは変わらないですよ:-p
      アクスル単品で持った時はウワッって思いますけどね~

      コメント by モリカワ | 2009年 7月 9日 | 返信する

  2. おはようございます。
    私も、BTAキットを注文しました。

    クロックド加工、BERGはジグが売っているようですが、Bullyも発売されませんかねぇ・・・されても自分でやる勇気が出るかわかりませんが(^^;)

    コメント by 坊主 | 2009年 7月 9日 | 返信する

    • 坊主さん
      BTAキット注文しましたか♪生産からなので時間がかかりそうですね。気長に待ちましょう~
      僕はXVDの予備も注文しました。こっちもカップと首を削る予定なので、もしも折れた時用です。

      クロックド加工、治具があったとしても難易度は高めですね。もともとBully2は15度くらいクロックドされていて、そこから追加で「わずか」15度だけクロックドさせるので、もともとのネジ穴と新たに空けるネジ穴が近いんです。かなり精度の高いボール盤操作が必要です。ハンドドリルじゃー厳しいでしょうね~

      コメント by モリカワ | 2009年 7月 9日 | 返信する

      • こんばんは〜
        クロックドジグ既にうちでは完成しています
        僕のBully2もクロックドしました。
        が、色々問題抱えています(爆

        なので、まだ発売していませんが
        物自体は事務所にいっぱい転がっていますw

        ちなみに僕の方は一般の方でも出来るか確認する為に
        ハンディドリルで穴開けしましたが
        無問題でした。

        Slug以外は安易にクロックドしない事を
        お薦めします^^;

        コメント by まさよし | 2009年 7月 9日 | 返信する

        • こんばんは。

          >モリカワさん

          自分のブログにも書いたのですが、今現在RC4WDのサイトで売っているXVDはアクスルに付属のものとは違うのですが(バージョンはV4と書いてありますが)、どちらを購入されました?

          >まさよしさん

          クロックド加工はやめておいた方が良さそうですね。(^^;)

          コメント by 坊主 | 2009年 7月 10日 | 返信する

          • 坊主さん
            ブログ拝見しました。僕のXVDは同じく「赤」です。
            たぶん、RC4WDにアップされているものは同じ「V4」なんだと思います。今までバージョンアップするときはわりとコメントもたくさん出されましたし、V4にアップグレードされるときはテスト動画も公開されたくらいですから、バージョンアップしているのであればもっと強いアナウンスがあると思うんですよね。

            アクスルはクロマニさんのところでsLug.などなどぜーーーんぶ一式を買いました。ロットによって色が違うとかあるかもしれませんが、アルマイト加工する前のプロトかもしれません。

            まー舵角が拡大したニューバージョンだったら嬉しいんですが(笑)

            コメント by モリカワ | 2009年 7月 10日 | 返信する

        • モントラまさよしさん
          Bullyのクロックド治具つくったんですか♪
          色々問題、ってのが気になります。思いつくとしたらアッパーリンクが遠くなることでシャシーマウントがしづらくなること、くらいかなぁ。
          重心が高くなるのはクロックド全般の問題ですしね。なんだろう?

          ハンディドリルでも行けましたか。治具があればうまく空けられるのかな。
          sLug.の場合はクロックドされて移動したアッパーリンク・ロアリンクにセッティングを合わせてあるので問題にならないんですよね。

          ん~問題点が何かわからないので、単に不安になっちゃいます:-p

          コメント by モリカワ | 2009年 7月 10日 | 返信する

  3. バリ切れくん、単品販売。。。

    バッテリープレートと一体がきちっと確認取れたらと思ってるんですけどね~^^

    ていうか、アッパーマウントの位置が普通と違うからアッパーごとにするのかとか、

    その辺がですね~。。。

    ま、なんにしても、発売は7月の終わりごろですね。

    コメント by じゅげむ | 2009年 7月 9日 | 返信する

    • じゅげむさん
      Bully用バリ切れ君。の単品販売、希望者は多いと思いますよ~
      シンプルでかつ堅牢性の高いバリ切れ君。マウントは、今回sLug.Bully2の暫定版でもその良さを実感しましたので、ぜひ販売にこぎつけていただきたいです♪

      アッパーマウントの位置はBullyならではの悩みですね。加工技術ってなかなか万人が持っているわけじゃないので、可能な限りポン付けできると嬉しいです。

      バッテリープレートの一体化はかなり斬新なアイディアなので、ぜひお願いします♪
      サーボの形状や大きさがマチマチなので、サーボホーンの来る位置次第で難しい部分もあるかと思いますが、そこはじゅげむさんの独創的なアイディアで!

      期待して待ってます♪

      コメント by モリカワ | 2009年 7月 9日 | 返信する

  4. モリカワさん こんばんは

    クロックド加工難しそうですね・・。僕の道具と技術でできるかな?

    届くまで内緒にしておこうと思ってましたが、もう我慢ができません。NEWマシンのBully2はモントラックスさんのSYKES-Bシャーシ、もちろんBTA付きで注文しました。SYKES-Bはセッティング出しが相当難しいみたいですうまくセッティングができれば当初からのgotochu2号のイメージに近いかな~なんて思っています。

    コメント by gotochu | 2009年 7月 10日 | 返信する

    • gotochuさん
      クロックド加工は治具さえあれば何とかなるかもしれませんが、やめておいた方がよいというモントラまさよしさんのアドバイスが気になりますね~
      BTA化したときはクロックド加工してないとワイパーが引っかかりやすくなるし、ナックルの上下を低いほうで使わないといけなくて不都合が多いと思うんですよね。

      非推奨の理由が理解できていないのですが、クロックド加工はやっておいた方がいいはず、と僕は思ってます。
      セッティング問題ならクロックドされた状態に合わせてセッティングを出せばいいだけですしねぇ。
      なので無料でクロックド加工済みのクロマニさん販売のBully2が魅力です。

      SYKESシャシーをチョイスしたんですね♪セッティングが難しいというのは魅力です(笑)
      2号機がどんな車体になるのか楽しみにしてますよ~♪

      コメント by モリカワ | 2009年 7月 10日 | 返信する

  5. モリカワさん こんにちは

    そうなんですよ・・。BARGはクロックド加工すると走破性が格段にUPしました・・?
    モーター位置か高くなることで微妙に重心が上がってしまうのがまずいんでしょうか?しばらく様子をみてからクロックドに挑戦かと思ましたが、SYKESシャーシはセッティングが難しいそうですので出来れば最初からでいきたいですね。後でクロックド加工して微妙にバランスが狂うのも困ります。
    現物を見ていないので理由がわかりません。現物を見てもわからない場合はモントラまさよしさんに詳しく聞いてみます。

    コメント by gotochu | 2009年 7月 10日 | 返信する

    • gotochuさん
      クロックドするならセッティングを出す前、最初からやっておきたいのが心情ですよね~
      モントラまさよしさんからもコメントいただいていますが、たまたま今日電話で話す機会があったので「クロックド非推奨」についてお伺いしたところ、ボルトオンで完結することを目指すモントラのポリシーから、どのように使われるか分からなくてクロックド治具単品では製品として出荷しづらい、とのことでした。

      クロックドしたときの影響範囲はやっぱりアッパーリンクの取り付けマウントが少し遠くなることと、アクスルチューブの短い方がどうしてもクロックド加工する際にもともとのネジ穴を1つ潰さないといけなくて「元に戻せない」ことを懸念しているそうです。

      ただ、クロックドしたあとに必要な調整を自分でできる人がクロックド治具を使って自分で加工するんだと思うので、治具だけ先出しでもニーズはあると思うんですよね~
      難易度は人それぞれで感じ方が違うかもしれませんが、ハンドドリルでも行けるってことなので、自分のリスクでクロックドする人には治具は役に立ちそうです。

      コメント by モリカワ | 2009年 7月 11日 | 返信する

  6. なにやら僕のコメントで惑わせてしまったようですね。。。
    Bergのときはただクロックドしただけでも使えたのですが
    Bullyの場合はアッパーマウント、サーボの取り回し
    を見直さないといけないので、、という意味です。
    僕のBullyもクロックドしたのですが
    全て作り直しの作業になっています(ーー;
    うちの場合ボルトオン前提なのでクロックドジグのみでは
    今のところ売り物にならないなというのが今のところの見解です。
    クロックド仕様のパーツが出来上がったら
    クロックドジグも発売するとおもいます。

    コメント by まさよし | 2009年 7月 10日 | 返信する

    • モントラまさよしさん
      お電話で丁寧に教えてくださってありがとうございました。長電話失礼しました。

      クロックド加工はカスタマイズの中でもわりと「引き返せない」系のカスタマイズで、元のネジ穴が仮に残せたとしても「穴」は空いちゃうので、かなりown riskな面が強いと思います。

      僕なんかは安易に「own riskな作業なんだから、その後に調整が発生しても工夫で乗り切る人が治具を使って自分でクロックド加工するんだろう」とか考えちゃうんですけど、その治具を販売する側からすると、どんなシャシーやサーボのマシンに使われるかわからないので心配ですよね。確かに。

      加工難易度はBerg1と比べるとBullyの方が元のネジ穴と新たなネジ穴が近いだけに難しくなっているので、治具だけでも欲しいという人は多いと思いますよ♪

      クロックドしても不都合が出ない場合もあると思いますし、一律非推奨というよりやっぱり、クロックド加工は「ユーザーの責任でよろしく!」という類のものかな?と思いました。

      やっぱりクロックド加工されているほうがBTAにしたときにリンクの取り回しが楽ですし、アウターローターブラシレスモーターを使っている場合はモーターが路面に接触しづらくなる安心感は高いので、個人的にはカチ上げたい方ですね~

      治具だけ希望、案外多いと思いますよ♪

      コメント by モリカワ | 2009年 7月 11日 | 返信する

  7. ども^^

    うちのお客さんかち上げしてるけど、岩に進入しやすくなった~w
    言ってましたよ~^^ちなみにリンクもこの記事とまったく同じ作り方で。

    https://rockcrawlers.wordpress.com/2009/06/28/20090628001/

    しかも、かなり走ってましたよ☆
    (ぼくのホイラープロポの動画で後ろの方に移ってるマシンですよ)

    コメント by じゅげむ | 2009年 7月 10日 | 返信する

    • じゅげむさん
      Bully+Venomな方がいらっしゃるのですね!このVenomリンクの流用、いいアイディアですよね~絶妙な曲げ加減で、まるでBully用パーツのようです。

      クロックドしたら岩への進入やBTAの取り回しなんかが楽になりますよね。アウターローターのブラシレスモーターを使っている人だとモーターが路面に当たりにくい安心感もありますね。特にBTA化する時にクロックドされているとハイクリアランスの向きでナックルを使えるようになるのが一番のメリットかなーと思います。

      クロックドで高くなった重心は、おにぎりカットで下げる!穴を空けたり削ったりと、Bullyってよくザクザクやられがちなアクスルですね(笑)

      コメント by モリカワ | 2009年 7月 11日 | 返信する

  8. ただいま~^^
    熊本のコンペから今戻りました☆

    カチ上げはモーターの位置を上げる為の物じゃないですよ~。

    ナックルのキャスターの角度を向きを変えたりしやすくする為の物なので、

    実際はカチ上げた後キャスターを後に少し寝かせるので、

    モーター位置はほとんど上がりませんよ^^

    でも、おにぎりカットは効果は大です。

    コメント by じゅげむ | 2009年 7月 12日 | 返信する

    • じゅげむさん
      おかえりなさーい!戦果はいかがでした?

      クロックドしてもモーターの位置は変わらないんですね。勘違いしていました。
      キャスターを少し寝かすことがメインで、クロックドしていないとキャスターを寝かしたらクリアランスが足りなくなる、
      だからクロックドする、ってことですかね。キャスターバナシハショハンノジジョウニヨリアマリフカクハカケマセンガ・・・

      とすると、クロックドはわりと必須作業なんですね。キャスターを寝かすならアッパーリンクマウントも手前に来ますので取り付け位置の問題もなくなりますもんね。

      おにぎりカット、組みあがって一度試走したらザックリ行く予定です♪

      コメント by モリカワ | 2009年 7月 13日 | 返信する

  9. 追記

    地面にフロントのモーターが当たる事はノーマルでもあまりないですよ。

    岩に進入しそこなった時にステアリング切ってもなかなか向き変わらないでしょう。

    だから、岩への進入のしやすさとかがほんとカチ上げの理由です。

    コメント by じゅげむ | 2009年 7月 12日 | 返信する

    • じゅげむさん
      キャスター角と路面に対する角度の関係、なかなかコレには気づきませんよね。
      垂直キャスター角のまま岩に進入した時、岩の上でキャスターがどっちを向いているのかを考えたら合点がいきました。
      デモジュゲムサンガコレヲオオッピラニカイテイインデスカ?(笑)

      コメント by モリカワ | 2009年 7月 13日 | 返信する

      • いんですよ^^

        アメリカさんが遠征に来たときにteamオサムライ魂を見せ付けたいから、

        ただで、できるような加工は広めとかないと損でしょ^^

        コメント by じゅげむ | 2009年 7月 13日 | 返信する

        • じゅげむさん
          おー太っ腹!というより、やっぱり国内のRCロッククローリング市場はまだまだ微々たるものなので、ビッグマーケットであるアメリカさんへ一矢報いる方とか日本市場自体をドリフトくらいに広げるとかの方がカッコイイですね。

          クロックド加工を「ただでできるような加工」と言い切るところが「漢」です(笑)

          あーでもちょっとヒヤヒヤ:-p
          マクロ視点で、おだやかーに行きましょうね♪

          コメント by モリカワ | 2009年 7月 13日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。