RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■(12)sLug.Bully2制作進捗

やっと組み終わりました!残っていたリヤアンプの受信機配線は、やっぱり途中カットして線を延長しました。

タイラップだらけの配線まとめ

タイラップだらけの配線まとめ

.

CC BECのケーブルが長すぎたので余っている分をカット、リヤアンプへ移植しました。おかげでフロントのケーブルの束もちょっとスッキリ。長さもジャスト(というよりギリギリ)でした。

バッテリーマウントも完成させ、実走テストまで行けました。が、走らせてみたら速攻で問題発生。リヤのピニオンギヤが抜けました・・・明日補修します。

とりあえず完成ということで、今日の作業をお伝えします。

まずはバッテリーマウントから。

.

.

.

.

リヤアクスル上にバッテリーステー制作

リヤアクスル上にバッテリーステー制作

.

sLug.Bully2におまけで付けていただいていたバッテリーステーをリヤアクスルに取り付けるとネジの頭が飛び出ます。

そこで、スポンジを上から貼り付けることにしました。ネジの部分にはテーパー状に穴を開けて収まるようにしてあります。完全に穴を空けるとスポンジを載せている意味がなくなるので、穴をテーパー状にしています。

また、ダンパーステーのY字はカットしました。

おまけのバッテリーステーにあるスリットにベルト状のマジックテープを通して、バッテリーを巻きつけて固定します。

.

.

.

.

.

絶妙な収まり具合

絶妙な収まり具合

.

850mAhの3セルLi-Poバッテリーを載せるとこんな感じ。長さが絶妙です。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

バッテリーも積めるようになったので試走するためにBergアンプの設定をLi-Poに変更するべくセッティングカードを接続、、、しようとしたのですが、セッティングカードはアンプの受信機ケーブルの赤線を抜いていると設定できないとマニュアルに書いてありました。

フロントアンプはコネクタを抜いただけなので挿せばいいんですが、リヤアンプはケーブルを延長するときに赤線を切りっぱなしにしていたので、再度ケーブルをばらして半田付け。

とりあえず「すべてMAX」という設定にしました。

.

.

.

.

プロポの設定はとりあえず何もせず、そのまま走り出した直後にリヤのピニオンギヤが抜けてしまったので走行感はまた後日お伝えするとして、まずはバランステスト。

横立ちどころか斜めでもイケル

横立ちどころか斜めでもイケル

.

まずは定番の横立ちテスト。

さすがシャシー上になーんもないだけあって、低車高モードでは横立ちを超えて斜めになっても平気です。リヤタイヤの下にバッテリーを置いていますが、それでもバランスします。

これは驚異的。キャンバーにかなり強そうです。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

ほぼ垂直ですが・・・

ほぼ垂直ですが・・・

.

続いて棹立ち。ほぼ垂直まで行けるのは予想通りですが・・・

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

リヤタイヤの隙間は約3cm

リヤタイヤの隙間は約3cm

.

こちらはリヤタイヤと壁の間に3cmの隙間があります。もう少しイケルかと思っていたので、もう少し追い込んでいきたいと思います。

棹立ちでもリヤタイヤがほとんど変形していないことから、ちょっとインナーが硬いのかもしれません。もう少し変形すれば棹立ちの成績も上がりそうです。

.

.

.

.

.

.

.

.

ようやく車体は完成しました。ピニオンギヤの抜けは奈良トラ本番で起きなくてよかった。

明日はプロポの設定をやってみます。いよいよシェイクダウン間近!

2009年 7月 18日 - Posted by | すべて, Bully, sLug.Bully2 | ,

2件のコメント »

  1. パンサー クーガーでほとんどつぶれていないのは驚きですね。
    しかもBully2の重さが全てかかっていますよね。

    横立ち、反則です!このまま走れそうですね。

    これで垂直立ちが改善されれば、オーバーハングでも登って行きそうです。

    コメント by NUMBER5 | 2009年 7月 18日 | 返信する

    • NUMBER5さん
      ホント、柔らかいはずのパンサーがまったく凹んでいないので、パンサーのソフトインナーが硬すぎるんだと思います。少し穴あけ加工でもしようかな。外形をキープしているのはいいことなので、もう少し路面に噛んでくれるくらい変形した方がいいのかなーと思ってます。

      まだ走らせてないので、変形させたほうがいいのかどうかもわからないんですが・・・KAMA-Rock試走後にまた考えてみたいと思います。

      横立ち、sLug.シャシーが低重心で軽い、ってのもあるんですが、
      http://www.rccrawler.com/forum/showthread.php?t=183810
      でも横立ち+α行けてますから、Bully2アクスルの重量バランスかもしれません。

      これにウェイトを追加すればさらにイケルようになると思います。が、ウェイトの取り付け方法が思いつかないので、じゅげむさんのウェイトを見てからにします♪

      sLug.は棹立ちでも車高が勝手に上がったりしないのが素敵です。ちなみにオーバーハングにアプローチするときくらいしか任意に車高をアップさせないのが正解のセッティングらしいです。普段は車高アップ操作はしないで、必要に応じて勝手に車高アップするようにするのが良いそうで。

      コメント by モリカワ | 2009年 7月 18日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。