RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■(1)sLug.Bully2セッティング

西日本を中心に記録的な大雨だったこの週末、九州は1年の1/3分も雨が降ったようで、じゅげむさん始めKRCCの皆さんのところで被害が出ていないか心配なのですが、ここ鎌倉は土日とも超!快晴でした。

土曜の深夜にギヤボックスも元に戻し終わって、sLug.走らせ日和!なはずなんですが、日曜日は庭木の枝打ちに1日を費やしてしまって、走らせたのは夜の1本のみ。しかも夜にナイター用ライトをつけると蚊が寄ってくる!ものの数分で5箇所刺されて早々に撤収してしまいました。

それでも走らせてわかったこと。それは重量級のBully2アクスルでもフロントにウェイトがないと横転しやすいってことでした。

そこで、フロントホイールの隙間、ナックルの周りにウェイトを仕込むことにしました。

ナックルにウェイトを巻き付け。クリアランスゼロ!

ナックルにウェイトを巻き付け。クリアランスゼロ!

.

はじめは0.2mmの鉛板を巻きつけ(貼り付け)ようと思っていたのですが手間がかかりすぎるので、素直にHPIのレーシングウェイトを切り刻んで隙間を確認しながらコッテリ貼りました。これで片側120g、ホイールの空きスペースギリギリで、ホイールの内側とのクリアランスはほぼゼロです。

脱落防止にタイラップ留めしていますが、効果はないかもしれません。

ホイール内にウェイトを仕込むより、回転しないナックル周辺に貼り付けたほうがモーターやXVDへの負荷が低くてよいです。

この写真だとグルッと1周貼り付けてあるように見えますが、実際は可能な限り下の位置に多く貼り付けてあります。

ホイールの外側から見ると分かりやすいです。こんな感じ。

.

.

.

.

ホイールの上側には空きスペースが。

ホイールの上側には空きスペースが。

.

ちょっと見えづらいですが、下のほうはミッチリですが、上のほうは空きがあります。

少し工夫して、このウェイトは少し後ろ側を多くしてあります。ステアケースの上にフロントタイヤが登った時に真下を向くところを重めにする意図です。

また、このウェイトを固定する意味と、空きスペースをさらにウェイト追加するために、ところどころにハンダを流し込んであります。仕上がりが汚いので写真は撮ってませんが、ギリギリ積める限界までウェイトを入れました。

.

.

.

.

.

.

これで走らせた感じは、「なんだか重鈍」(笑)安定感は確かに増して、リヤが多少まくられても横転しなくなったんですが、動きは重鈍になりました。車体を持ち上げた印象も重くなりました。パワープレイにちょっと弱くなった感じ?でも安定感には代えられないのでウェイトはこれで行きます。

.

.

.

超低頭ビスでひっかかりを回避

超低頭ビスでひっかかりを回避

.

他にもいくつか工夫を。

アクスルチューブとギヤボックスの接合用のネジのうち、路面に干渉する可能性のあるネジを超低頭ビスに交換しました。ボタンネジよりさらに突起が少なく、ほぼ平らです。これはオススメ!

.

.

.

.

.

.

.

.

ボディマウント用にバネを仕込む

ボディマウント用にバネを仕込む

.

あと、ボディがユラユラする問題の解消のために、ボディマウントにバネを仕込みました。sLug.ならではの悩みですが、シャシーが細いのでボディマウントも細く設置します。それに車高アップダウン動作が加わるので、ボディがよく動くんです。それをある程度規制するためのバネで、sLug.ではわりと定番の対策のようです。

このバネは単1電池の電池ボックス用のもので、単品でホームセンターに売っていました。

.

.

.

.

.

.

ボディは確かにあまり動かなくなったんですが、車高アップダウン時にこのバネが伸びたり縮んだりするおかげで、車高アップダウン操作にかなりの負荷がかかるようになってしまいました。

今だと車高を上げるためには「フロントロック・リヤ全開で2秒」という感じです。フルスロットルでないと車高が上がらないというのはキツイ。

逆に車高を下げるときも、相当がんばっても車高が下がりきらないことが多くなりました。これはバネだけでなく配線の取り回しも影響があるようなので、もう少し調整します。

.

車高が上がりづらく下がりづらい、という状態なので、これは奈良トラまでにキッチリ解消しておかないと危険です。ボディマウント、配線、ダンパーセッティングなどすべてを見直して、もう少し車高アップダウンをスムーズにしたいと思います。

2009年 7月 27日 - Posted by | すべて, Bully, sLug.Bully2 | ,

8件のコメント »

  1. 何時までがんばってるんですか?

    コメント by じゅげむ | 2009年 7月 27日 | 返信する

    • じゅげむさん
      昨晩は枝木の伐採とその片付け作業@肉体労働で疲れちゃって午前2時過ぎまでしかがんばれませんでした。
      奈良トラまであと2週間ありますから、できることはぜーんぶやってみようと思います。
      フロントのおにぎりカットも、深夜に走らせられない時に隙を見てチャレンジしてみます。

      深夜の蚊の多さもすごかったんですが、ナイター走行用のスポットライトを点灯したら庭中のセミが鳴き始めた方が問題です(笑)深夜にセミが鳴くとウルサイ・・・

      コメント by モリカワ | 2009年 7月 27日 | 返信する

  2. ウエイトは今だ悩ましいです。固定方法が定まっていません。
    ボディーマウントも仮止めのまますでに2ヶ月。家のBergの場合、車高を上げるとめちゃくちゃかっこ悪い姿になります。マシンの仕様が定まっていなかったので、固定すると変更時に穴が増えると思い、そのままになっています。

    昨日改めて、車高上下は問題なくスロットル操作で出来る事は確認できました。
    危ないところを有難うございました。

    コメント by NUMBER5 | 2009年 7月 27日 | 返信する

    • NUMBER5さん
      ウェイトの固定方法、悩ましいです。脱落の心配がぬぐえません。下半分の半円をきちんと固定する方法って難しいですね。僕はウェイトの両面テープ+ハンダでつけましたが、どちらも危うい・・・鉛で鋳造するのが一番なんですけどねー鉛って融点は何度かしら。

      ボディマウント、僕も穴の位置を少し移動させなきゃいけなくて、穴が増えてしまいます。強度が下がるし美しくないし、ちょっと困りました。

      車高アップが短時間にできるべし、は、僕がヤバいです(笑)
      対処方法はわかっていて材料も買ってあるんですが、どこまでスムーズになるか。。。今夜ダンパーを全部組みなおしてみる予定です。

      コメント by モリカワ | 2009年 7月 27日 | 返信する

  3. 奈良トラに向けて着々と進んでいますね。
    今回私は都合が悪く出場出来ないのが残念です(><。)。。
    しかしギヤに穴あけしてしまうなんてビックリです!
    硬質金属用ドリルでも穴を開けるのは難しいのかと思ってたんですが、ドリルで穴が開くんですからウォームギヤでスパーギヤが磨り減るのは納得です。
    只、ナックルにウエイトを巻き付け重くするんですから、ギヤを軽くすることで何らかの効果はあるのでしょうか?
    フロントを重くリアを軽くだと分かるんですが・・・

    コメント by kazuto | 2009年 7月 27日 | 返信する

    • kazutoさん
      ギヤに穴を空けて軽量化するのは「車軸より高い位置にあるものを軽量化して重心を下げる」のが目的です。
      ウェイトを追加したのも、「車軸より低い位置を重くして重心を下げる」のが目的です。

      ほんの数cmの高さなんですが、横転・バク転しづらくなれば走破性が格段にアップするので、車軸より高い位置のものは徹底的に軽量化しています。

      アクスルチューブが重たいのは追加ウェイトが少なくて済む分よいことなんですが、Bully2はギヤボックスが非常に重たいので、ギヤボックスは徹底的に軽量化したいところです。

      コメント by モリカワ | 2009年 7月 28日 | 返信する

  4. モリカワさん こんばんは

    着々と準備がととのってきてますね!8月9日にお会いした際はじっくりみせてくださいね。楽しみにしています。

    ボディーの固定のしかたは僕も悩みました。僕の場合長いボディーポストを使用し、サイド2点、上部1点で止めています。本当はボディーも出来る限り低く積みたかったのですが、干渉してしまって車高調に影響がありましたので結構高い位置になってしまいました。

    ウエイトも相当苦労しています。

    バーグでは板状の鉛を購入してアクスルの下半分に巻きつけました。ホームセンターで購入したAV振動押さえ純鉛テープ付き360円/330g位だった気がします。
    きりたんぽのような形状でギアボックスの高さに合わせました。重心を下げることは成功しましたがやわらかい素材の為かひっかかる場面も多くなってしまいましたので、外すかまな板シートでスキッドプレートを作ろうか迷っています。

    コメント by gotochu | 2009年 7月 28日 | 返信する

    • gotochuさん
      奈良トラにはsLug.が複数台来ますんで、じーっくり観察できますよー前夜祭にお越しになればもーっとジックリ観察できます♪

      ボディマウントは難しいですねー。ボディが邪魔で邪魔で(笑)
      それも含めてセッティングなのでがんばります。

      アクスルの下に付けるとロードクリアランスが足りなくなりそうですね。以前ご紹介したデルリン製のスキッドプレートをつければ解決かもしれませんが、日本で売っているのは見たことがないですね。

      Bully2よりもっと重いアクスルチューブが出ないかな(笑)

      コメント by モリカワ | 2009年 7月 28日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。