RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■(5)sLug.Bully2セッティング

アンプはやっぱりBERGアンプが最高!ってことでじゅげむさんの予備を送ってもらえることになったのですが、合わせて昨日焼いてしまったモーターも送ってもらえることになりました。さしあたり走るのに不具合はないんですが、奈良トラはコンペなので念のため交換します。

とりあえず今日は、組み上がってずっと気になっていた「左右非対称」問題を解消するべく、フロントを全バラにすることにしました。

左右非対称にずれているのは美しくないというのもさることながら、車高アップダウンの動きが不安定(上がりにくかったり、逆にスコスコ上がるようになったり)の原因になっているんじゃないかと考えたからです。

バーンをかけたときにシャシー全体が斜めに「く」の字になってしまって噛んで車高が上がらない、

たまたま噛み込まなかった時にスムーズに車高が上がる、

というのが動作の不安定さ加減の原因じゃないかと。

.

結論から言うと、大正解!でした。左右非対称を修正したら、見事にスムーズな車高アップダウンができるようになりました!

ただ、左右非対称は完全には解消しておらず、また左右非対称になっていた原因はよく分かっていません。誤差がたまたま集まって大きくずれていたのかなーと考えています。

左のダンパーが斜めになってる

左のダンパーが斜めになってる

.

これが左右非対称だったころのズレ具合です。

ダンパーの角度が左右で大きく違います。

正面から見るともっとすごいズレです。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

すごい斜め

すごい斜め

.

正面から見るとこんな感じ。なんだか全体的に歪んでいます。

組んだ瞬間から「なんか斜めだなー」と思っていましたが、走っているうちに斜め度合いが増してきました。

最初はネジ穴の余白の積み重ねでずれていたようですが、走っているうちに全体的にネジが緩んでさらにひどいことになったようです。

.

ダンパーとリンク周りが顕著にずれているので、リンクは全バラにして組みなおし、ダンパーもバネのヘタリが起きていないかとオイル量が左右で違いすぎないかを確認するために組みなおしました。

.

.

.

.

ダンパーの長さは変わっていない

ダンパーの長さは変わっていない

.

ダンパーをはずして長さを比べているところです。

長さに違いはありません。バネが伸びきったところでの長さは変わりませんが、バネがへたっていると負荷をかけたときに沈む量が変わるので、念のためにバネも交換してみることにしました。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

RC TRAXのハードバネで調整

RC TRAXのハードバネで調整

.

バネを交換するにあたり、車高が上がりにくかったので、固めのバネを使って初期の遊びをなくしてみることにしました。硬いバネを使うと車高が上がりやすくなります。

使用したバネはRC TRAXのインナースプリングのハードです。柔らかいバネも売っていますが、それらはノーマルよりも柔らかかったので今回はハードの方にしてみました。

一番右がノーマル、一番左がハードスプリング、真ん中はハードスプリングを1巻き半切ったものです。

.

.

ハードスプリングをつぶした時にノーマルと同じ長さ(7.4mm)になるのが左側のカット前のバネ、そしてノーマルバネの無負荷の状態での全長を同じにしてあるのが真ん中のカット済みバネです。

まずはハードスプリングをそのまま使ってみました。これが一番車高が上がる方向になります。

オイルは1300番をダンパーケースの半分ちょっとくらいまで入れました。

.

ほぼ左右対称ながら、まだズレてる

ほぼ左右対称ながら、まだズレてる

.

そしてダンパーを組み付け、リンク類の左右対称さ加減を調整して組み上げたのがコレです。だいたい揃いました。アッパーリンクが揃っていないように見えますが、これはフロントのギヤボックスのおにぎり部分に乗っかっているからです。おにぎりカットすれば揃います。

リンクのボールエンドが緩々になっているところがあったので、それは後日交換します。

ほぼ左右対称になったんですが、まだマルチリンクがズレています。マルチリンクのカンチレバーの支点のネジはある程度締めたんですが、それでもカンチレバーが少し斜めになります。

まぁ今回はこの程度の揃え方で、車高アップがスムーズにできるようになったか確認してみます。

.

予想的中。すごく車高が上がりやすくなりました。動作もスムーズ。やっぱり車体全体が「く」の字になってマルチリンクを噛みこんでしまって、それで車高が上がりにくくなったり簡単に上がるようになったりと動作が不安定だったんですね。

.

この状態で室内を走ってみました。BERGアンプの方がサイドワインダーより常に先に動くので、平地を直進中でも車高が上がってしまいます。ここまで車高が上がりやすいのはヤリスギなので、もう少し車高が上がらないように調整してみます。

.

やっとスムーズな動きになったので、この状態で深夜の練習走行です。

・・・ん?ちょっと様子がおかしい。3輪走行になっています。

ピンが抜けてなくなった・・・

ピンが抜けてなくなった・・・

.

確認してみたら、ホイールハブを留めるピンが脱落していました。

ホイールが走行中に緩んでハブから抜けてしまったようです。

.

このピンの予備は持ってないです・・・この週末に最後の走り込みをやろうと思っていたのに、これでは走れません。奈良トラぶっつけ本番が確定しました。

じゅげむさんにhelpを求め、BERGアンプ・モーターと一緒にこのピンを送ってもらえることになりました。福岡から鎌倉に物資が届くのは月曜以降です。

毎日毎日何かトラブルが起きます。何か憑いてるのかな・・・

2009年 8月 1日 - Posted by | すべて, Bully, sLug.Bully2 | ,

2件のコメント »

  1. まるで奈良トラ2nd前の自分を見ているようでいたたまれません。
    ピンも折れました。エンルートさんが速攻で送ってくれたため事なきを得ました。

    左右非対称問題にもずいぶん悩まされました。車高上下にかなり影響が出ます。
    gotochuさんに、
    自作リンクの場合全く同じ長さ、同じ角度に曲げられないからしょうがないですよ。
    と慰められましたが、今では左右のホイールベースが違うとう所からは脱出しました。

    きっと何か憑いています(笑。
    でも憑いていると、付いている(lucky )は紙一重なようで、何処まで憑きの方が勝っているか、もう出尽くしたでしょう。

    コメント by NUMBER5 | 2009年 8月 1日 | 返信する

    • NUMBER5さん
      まさしくオーバーラップしちゃいますね(笑)
      今から天園に最後の試走に行ってきます。ピンはご近所クローラーのmichiakiさん@TLT&Bully2オーナーがホームセンターで見つけてくださいました。天園の試走が無事できそうでよかったです。

      左右非対称問題はかなり影響が出ますね。同じく左右でホイールベースが違う状態でした。

      奈良トラまでにトラブルを出し尽くせれば奈良トラで故障するのは避けられるかと思いましたが、奈良トラ以前に走行不能になるようなトラブルばかり出るのも困りものです(笑)

      コメント by モリカワ | 2009年 8月 2日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。