RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■(7)sLug.Bully2セッティング

奈良トラまであと3日となりました!

そんなギリギリのタイミングで、フロントもおにぎりカットしました。

他にもフロントアンプをBergアンプに戻したり、バリ切れ君。をバージョンアップさせたりと最終の組み上げを終えました。

だいたいの組み上げは完了!

だいたいの組み上げは完了!に

.

今のsLug.Bully2はこんな感じです。ギヤボックスのおにぎりカットついでに、いろんなところの削り込みをやってます。リヤのギヤボックスよりもう1段階軽くなりました。

ただ、ギヤの穴あけ加工はフロントには施していません。ギヤ加工をやっていると試走する時間が取れなくなるので、今回の奈良トラ向けには諦めました。

.

まだダンパーセッティング、ウェイトセッティング、リヤのインナーセッティングとやらなきゃいけないことがたくさんありますが、ひとまずこの仕様で走ってみたところ、格段にレベルアップ!相当走りやすくなりました。

.

.

.

.

大きいケースが84g

大きいケースが84g

.

まずはフロントのギヤボックスのおにぎりカット加工です。

■(4)Bully2アクスル切ったり削ったり■(6)Bully2アクスル切ったり削ったりでリヤのギヤボックスのおにぎりカットをした時は、厚いケースが 90g 、薄いケースは最終的に 83g でした。

それよりいろんなところを削ったフロントは、厚いケースが84g と -6g 、薄いケースは 80g と -3g の軽量化・重心の低下ができました。

.

.

.

.

.

.

薄いほうは80g

薄いケースが80g

.

ただ、薄いケースにはアッパーリンクマウントのネジ穴がおにぎり部分のすぐ下にあり、今回はそのネジ穴付近を削りすぎました。強度がかなり不安です。

いろんなところをがっつり削ったんですが、じゅげむさんのBully2はモハヤ原型を留めないほど削り込んでいるそうです。どこまで削ったのか、奈良トラ前夜祭が楽しみです:-p

.

.

.

.

.

.

.

ディーンズ→ヨーロピアン変換コネクターを作成

ディーンズ→ヨーロピアン変換コネクターを作成

.

続いて、アンプの換装です。

前回Bergアンプを壊したときはハンダの熱が原因じゃないかと思いますので、今回はアンプのコネクターを交換せずにディーンズコネクター→ヨーロピアンコネクターの変換ケーブルを作ってみました。ここでもう1個Bergアンプを壊したらオシマイなので、慎重な対応です。

Bergアンプ、やっぱり素晴らしいです!ブラシレスモーターとの相性が最高にイイッ!まったくギクシャクしません。まるでブラシモーターです。

.

.

.

.

.

.

バリ切れ君。ニューバージョンのポスト

バリ切れ君。ニューバージョンのポスト

.

最後に、バリ切れ君。をバージョンアップさせました。といってもまだ一部のパーツだけしか開発が終わっていないので、サーボの位置が今までどおりちょっと高いところになります。本来はもう少しサーボを下げられるようになるようです。

今回は完成しているギヤボックス側のマウントのみを使用したのですが、バージョンアップの一番の注目は「サーボが上から取り付けられるようになったこと」です。

旧バージョンだと横から下からとネジを締めるようになっていて本当に難儀しましたが、バージョンアップ版の取り付けは非常に簡単になっていました。

取り付け位置もアクスルチューブと共締めする仕様にかわっていて、マウントも 6g → 1g と軽くなっており、更なる低重心化が図れます。

.

.

.

サーボを上から留める仕様が素晴らしい!

サーボを上から留める仕様が素晴らしい!

.

煙が出たモーターは、今回はまだ交換していません。走りに実用上問題がないのと、ヨーロピアンコネクターが不足していてモーターのケーブルにコネクターがつけられなかったのが原因です。

とりあえず奈良トラは煙が出たモーターで走ってみます。

.

.

.

.

.

.

.

.

この仕様で走ってみた感じでは、車高アップダウンの具合がちょうどよく、急な上り坂でも勝手に車高が上がったりしなくなりました。また車高アップモードのままでも走れるようになりました。

フロントダンパーのバネが硬すぎる感じですので、バネは元に戻してみる予定ですが、今の状態がなかなかイイ!ので迷っています。

また、ウェイトを鉛の塊から削る作業も引き続きチャレンジします。溶かして鋳造した方がラクかなー

あとはリヤのインナーが硬すぎるので、ちょっと工夫してみようと思います。

2009年 8月 6日 - Posted by | すべて, Bully, sLug.Bully2 | ,

4件のコメント »

  1. モリカワさんのsLug.Bully2を奈良トラで見るのを楽しみにしてたんですが、今回私は参加する事が出来ませんので動画を楽しみに待ってます。
    ウエイトの鉛は加工するより溶かして鋳造した方が簡単だと思いますよ!
    鉛を溶かすのに時間がかかるようでしたら、ハンダ棒を溶かすのも良いかも知れませんね。
    暑くなるようですしモーターの方も心配ですよね!
    予備のモーターは忘れず持参してくださいね^^

    コメント by kazuto | 2009年 8月 6日 | 返信する

    • kazutoさん
      あらー今回は来れませんか。動画はプロポに仕込んだカメラでガッツリ撮ってきます。なかなか撮影が難しくて、液晶をつい見てしまうと操作がおろそかになるという罠があります。逆に操作に集中しているとたいてい車が映ってないと。難しいです(笑)

      鉛ウェイトは今回は諦めました。次回以降、ぼちぼち作っていきます。モーターは予備を持っていきますが、使わないですむように祈ってます:-p

      コメント by モリカワ | 2009年 8月 7日 | 返信する

  2. いよいよ車も出来上がったみたいですね。
    道中、気を付けて来場して下さい。
    会場で、お待ちしています。

    コメント by まさよし | 2009年 8月 7日 | 返信する

    • Op-1まさよしさん
      今回もお世話になります♪大会運営おつかれさまです!
      どうにか車も間に合ったので、のーんびり走らせてもらいますねー長旅で渋滞も予想されていますから、道中ものーんびり行きます。当日よろしくオネガイシマスー

      コメント by モリカワ | 2009年 8月 7日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。