RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■(2)綺麗な貼りウェイトの積み方

■(1)綺麗な貼りウェイトの積み方でウェイトそのものの作り方はご紹介したんですが、このウェイトが使える前提条件に致命的な問題がありました。

坊主さんのご指摘の通り、ホイールがこのウェイトを納めることができる形状でないといけない、のでした。

正直なところ、ホイールの内側をマジマジと見たりオフセットについてきちんと考えたことがなかったので思慮が浅かったと反省しています。

そこで、手持ちのホイールを比較して形状のバリエーションを整理し、この貼りウェイトが積める条件を数値化しようと思います。

.

今回用意できたのは5種類です。

RC4WD BLACK BEADLOCK WHEELS 2.2 TIRES 12MM SUPER NARROW

RC4WD BLACK BEADLOCK WHEELS 2.2 TIRES 12MM SUPER NARROW

.

1. RC4WD BLACK BEADLOCK WHEELS 2.2 TIRES 12MM SUPER NARROW

今回ウェイトを納めることができた、sLug.Bully2のフロントに履いているホイールです。

.

.

.

.

.

RC4WD RAMPAGE 2.2 NARROW BEADLOCK WHEELS

RC4WD RAMPAGE 2.2 NARROW BEADLOCK WHEELS

.

2. RC4WD RAMPAGE 2.2 NARROW BEADLOCK WHEELS

sLug.Bully2のリヤに履いているホイールです。

.

.

.

.

.

クローラーキング2.2に標準装着のホイール

クローラーキング2.2に標準装着のホイール

.

3. クローラーキング2.2に標準装着のホイール

メーカー不明です。手持ちのホイールの中で最も幅広で、リム幅が40mmあります。

.

.

.

.

.

G-made GTビードロックホイール

G-made GTビードロックホイール

.

4. G-made GTビードロックホイール

プラスチックホイールです。ビードロックリングもプラスチックです。リム幅34.5mm。

.

.

.

.

.

Pro-Line 8 shooter

Pro-Line 8 shooter

.

5. Pro-line 8 Shooter

プラスチックホイールですが、ビードロックリングはアルミです。超ナローなリム幅29mm。

.

.

.

.

たまたま、坊主さんが持っているホイールを全部持っていました(笑)

上記の通り、普段はこうやって「表」側しか見ないことが多く、公式サイトにも裏側の写真やオフセット値が記載されていないことがほとんどなので、実際にこうやって手にしてみないと選べないというのがキツイところです。

が、ここはインターネットワールド。公式サイトにない情報もユーザー情報を交換しあえばOK!とりあえず僕の持っているホイールで、「裏側」の値を拾ってみたいと思います。(本当は全部のリム幅や重量なんかも測定したかったんですが、今sLug.に装着しているホイールをバラすのが大変なので、今回は裏側のHEXナット周辺の値だけ拾ってみます。)

.

.

RC4WD BLACK BEADLOCK WHEELS 2.2 TIRES 12MM SUPER NARROWの裏側

RC4WD BLACK BEADLOCK WHEELS 2.2 TIRES 12MM SUPER NARROWの裏側

.

1. RC4WD BLACK BEADLOCK WHEELS 2.2 TIRES 12MM SUPER NARROWの裏側

HEXナットが収まるところが円筒状に突起していて、今回の貼りウェイトを納めるためのスペースがかなり広く確保できています。

HEXナットの筒の上端から下端までの奥行き幅は「15mm」でした。今回の5種類のホイールの中で最大幅です。

この「15mm」でも、ご紹介した貼りウェイトの積み方でクリアランス1mmギリギリになります。

.

.

.

.

RC4WD RAMPAGE 2.2 NARROW BEADLOCK WHEELSの裏側

RC4WD RAMPAGE 2.2 NARROW BEADLOCK WHEELSの裏側

.

2. RC4WD RAMPAGE 2.2 NARROW BEADLOCK WHEELSの裏側

このホイールもHEXナット部分が円筒状に突起しています。リヤには貼りウェイトを扇形に積んだりしませんが、この形状なら多少積めそうです。

HEXナットの筒の上端から下端までの奥行き幅は「10mm」でした。貼りウェイトを同じ積み方なら5mm削る必要があるということになります。

こちらのホイールのほうがリム幅が「BLACK SUPER NARROW」より5mm幅広で、オフセットが10mm内側、タイヤの外面は「BLACK SUPER NARROW」より片側で5mm内側に入りトレッドが10mm狭くなる感じです。

「BLACK SUPER NARROW」をフロントに、「RAMPAGE NARROW」をリヤに履くとリヤが若干ナロートレッドになりディグで小回りしやすくなります。

.

クローラーキング2.2に標準装着のホイール

クローラーキング2.2に標準装着のホイールの裏側

.

3. クローラーキング2.2に標準装着のホイールの裏側

これもHEXナット部分が円筒状に突起しています。実はこのホイールとsLug.に履いているホイールしか見たことがなく、2.2ホイールはすべてHEXナット部分が円筒状に突起しているもんだと思っていました。。。

HEXナットの筒の上端から下端までの奥行き幅は「9mm」でした。貼りウェイトを同じ積み方なら6mm削る必要があるということになります。

リムだけでも40mmあるワイドホイールなので最近はこういうホイールはあまり使われないですね。

.

.

.

.

G-made GTビードロックホイールの裏側

G-made GTビードロックホイールの裏側

.

4. G-made GTビードロックホイールの裏側

今日初めて袋から出しました(笑)

HEXナットが収まる部分の周辺にナットのネジ穴があり、さらにリムに向かって補強のリブがある、という、今回の貼りウェイトを積むには不適合な形状をしています。プラスチックホイールなので補強が多く入るんでしょうね。

一応HEXナット部分の高さを測ってみました。「6.5mm」です。今回ご紹介した貼りウェイトの積み方はかなりウェイトの量を減らさないといけないです。またHEXナットを収める形が六角形のままなので回転中に引っかかるのが怖いです。

.

.

.

Pro-line 8 Shooterの裏側

Pro-line 8 Shooterの裏側

.

5. Pro-line 8 Shooter

これも今日初めて袋から出しました(笑)考えずに買ったものはやっぱり使わなくなっちゃいます。。

これもプラスチックホイール特有の補強リブがたくさん入っています。が、HEXナットが収まる部分ギリギリまでリブがあるため、なんと「0.5mm」でした。これではどうにもなりません。

ビードロックリングが質感が高いのと超ナローな形状は救いですが、この超ナローな形状はたぶんスケールクローラー向けなんでしょう。

.

.

.

.

.

ということで、RC4WDのBLACK BEADLOCK WHEELS 2.2 TIRES 12MM SUPER NARROWなら問題なく貼りウェイトを積めていますので問題なしですが、その他のホイールだと外側を削るか、積むことが不可能という結論でした。

.

sLug.購入時にホイール選定もじゅげむさんにお任せしていたんですが、この「フロント:BLACK SUPER NARROW、リヤ:RAMPAGE NARROW」にした理由を「できるだけナローなホイールで、前後のオフセットの差でリヤのトレッドが若干フロントより狭くなるようにしてディグで小回りが効くようにする組み合わせだから」とだけ伺っていました。

が、実はこのウェイトの積み方も考慮して裏側の形状まで選定理由にしていたんだろうなーと思うと、さすが!と唸ってしまいます。

.

RCショップ店頭で手に取れるなら裏側まで確認できますが、店頭に置いてある2.2ビードロックホイールは種類が少なく、オンラインショップでは裏側の形状やオフセットの値が掲載されていないので、ここまでの確認ができないまま購入することになりがちですよね。

でもホイールはかなり高額な商品なので、できればもっと情報を多く載せておいてほしいなーと思います。

もしお手元にあるホイールで、同じような計測をされた方がいらっしゃればコメント欄などで教えていただけると嬉しいです。もっと情報が増えて、もっと選びやすくなるとクローラーがもっと楽しくなりそうです。

2009年 8月 17日 - Posted by | すべて, Bully, sLug.Bully2, Weight, Wheel | ,

4件のコメント »

  1. BERG1のホイルは、スポークが極力外側に出ているので、裏側のスペースの奥行きは20mmありますよ。
    ウエイト使用を念頭に置いて、このホイルに拘りました・・・w
    リム幅は概算ですが約35~37mm程かと思います。

    これに対し、CR01純正ホイルはハブ面とツライチにスポーク裏の補強リブが入ってますので、ワイドトレッドスペーサー使用以外でのナックルウエイト適応性は、ほぼゼロかと思います。
    リム幅はこれも概算で約35mm程でした。

    コメント by くまきち | 2009年 8月 17日 | 返信する

    • くまきちさん
      BERGオフセットのホイールはかなり裏側が使える、と聞いたことがあるんですが、やっぱりBERG純正ホイールは20mmもの深さがあるんですね。

      BERG純正ホイールはW36-10というサイズとのことなので、リム幅は36mm、オフセットは10mmですね。こういう風にメーカーがサイズを数値で書き表してもらえると最適なホイールを探しやすいですよね。

      CR-01のホイールはプラスチックなんでしょうか?プラならそのぶんアルミホイールより軽量なので、ホイール自体にウェイトをつけてもアルミホイール並みになるのでよいんですが、アルミホイールと同じ重さになるだけならウェイト不足だし、せっかく軽量ホイールなんだから車軸より下にウェイトを足せるとさらに低重心化できるんですけどね。

      強度と両立させるには、やっぱりプラホイールだと難しいんでしょうかね。重量プラとかの新素材を使えば強度と重量と加工のしやすさを全部成立させられそうですが・・・

      コメント by モリカワ | 2009年 8月 17日 | 返信する

  2. これはすごく役に立つ情報ですね!
    これからやる人の参考になりますね。
    恐らく、樹脂製のホイールではだめなんでしょうね、強度的に。

    コメント by 坊主 | 2009年 8月 17日 | 返信する

    • 坊主さん
      樹脂製ホイールだとどうしても補強リブが入るようで、なかなか強度との両立はしづらいみたいです。それに樹脂製ホイール自体が軽量すぎてもっとウェイトを必要としてしまうので、ウェイトの積み場所がないとしたらホイール自体にウェイトを積むしかないです。

      マグネシウムとかチタンとか、実車と同じアプローチになって行きそうですねぇ。もちろん超高額でしょうから多くの人は手出しできないですけど・・・

      コメント by モリカワ | 2009年 8月 17日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。