RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■(2)sLug.Bully2配線引きなおし

■(1)sLug.Bully2配線引きなおしで電動ガン用ケーブルを使ってメインワイヤーを制作したところまでお伝えしましたが、先ほどこのメインワイヤーのインストールが完了しました。

このメインワイヤーに限らず、メカ積み方法と配線方法はsLug.オーナーだけに公開される制作マニュアルページにも記載がないので、各自で工夫する必要がありました。このメカ積みや配線がsLug.の車高アップダウン機構に影響が出るのと、sLug.はメカ積みする場所や配線を通す場所が限られているため、そもそも難易度が高い作業でした。

僕も最初はがんばって工夫してみたんですが、やっぱりうまくいかず、結局じゅげむさんのsLug.の配線方法を参考にやり直すことにした、というのが前回までの顛末です。

配線をシャシーの横に移動

配線をシャシーの横に移動

.

そしてこれが今回施した配線の取り回しです。

メインワイヤーは今までのシャシーの中ではなくシャシーの横に、限りなく直線になるようにしました。今までは車高アップダウンでケーブルが曲がるようにしていたんですが、この配線方法ではほとんど曲がりません。若干フロントに近い部分が緩やかに曲がるだけです。

配線の位置変更以外にもたくさんの工夫と変更をしました。

.

.

.

.

タイラップを輪にしてケーブルを通す

タイラップを輪にしてケーブルを通す

.

まずこのメインワイヤーの留め方ですが、今まではタイラップでシャシーにガチガチに固定していたんですが、今回はじゅげむさんに教わった方法「タイラップを緩やかに締めて輪を作って、その輪の中を通す」でやってみました。

これだとケーブルが多少前後に動くため、いっそうケーブルが曲がらずに済むようになります。

じゅげむさんのC-sLug.の場合は本当にケーブルが前後に動いていたんですが、僕のはケーブルを通す位置や固定する場所が違うため、あまり前後に動きません。それでも車高アップダウンをケーブルが邪魔しないようになりました。

.

.

.

フロントの配線をまとめた

フロントの配線をまとめた

.

次に、フロントアンプ周辺のケーブルの取り回しをできるだけじゅげむさんのマシンに近づけました。CC BECをモーターのコネクタで抱き込むようにして重量物をフロントに集中させて車体の後半の方にはゴチャついた配線がないようにしました。

.

.

.

.

.

.

.

.

リヤアンプの位置移動とケーブルのショートカット

リヤアンプの位置移動とケーブルのショートカット

.

アンプは、モーターの配線、バッテリーの配線ともに最低限の長さにショートカットしました。電源スイッチは故障しやすいので切り落として短絡させてハンダで固定しました。

配線のショートカットはゴチャつかないようにするためと軽量化が目的です。だいたい半分くらいの長さにしましたが、2Pコネクタをヨーロピアンコネクタに変更したのもあって6gほど軽くなりました。

次はアンプのヒートシンクを全部削り落とす予定です。(今ちょっとだけ削りましたがリューターの音がうるさくてやめました・・・)

リヤアンプは今まで左の短いアクスルチューブに載せていましたが、バッテリーをフロントに移動するのに合わせて長いほうに移動して重量バランスを取ります。

.

.

.

バッテリーマウントがまだできていないのですが、とりあえず配線まわりはこれで完了です。アンプの配線の長さをショートカットしたのが取り回しの楽チンさ加減にかなり効いています。

.

この状態でとりあえずバッテリーを取り付けて通電テスト!・・・と思ったんですが、トラブルが2つ発生しました。

.

其の壱:メインワイヤーに使った2Pコネクタがバッテリーコネクタに入らない!以前同じことが起きたのを思い出しました。黒い2Pコネクタの中に、相当入れづらいものがあったんでした。あまりにも硬いのでコネクタの金属部分を削ったりしましたがほとんど効果なし。コネクタを交換した方がよさそうです。

.

其の弐:プロポを6EXからFF7に戻したのですが、その際にスロットルホールドの設定とフェイルセーフの設定をちょっといじりました。おそらくそのせいなんですが、スロットルカーブの設定を入れているEスイッチが「N」の位置以外だとフロントが常にバックします。EXPOを割り当てているGスイッチを操作するとさらにそのバックが加速します。プロポの設定をいろいろ触って解決しようとしましたがうまくいかないので、一度フルリセットをかけた方が早そうです・・・

.

お台場の等身大ガンダム

お台場の等身大ガンダム

.

今週ずっと夏休みにしているんですが、KOMATSUに行ったり、今日はお台場のガンダムを見に行ったりとなかなか走らせる時間が取れてません。

明日はKAMA-Rockの拡張工事をやるのでまた走らせられません。おまけにこのトラブル。。。

まぁKAMA-Rockの拡張はまた土木作業で拡張できる面積は狭いんですが、今回はかっこよく面白いものになりそうなので、まずはこっちをガンバリマス。

2009年 8月 28日 - Posted by | すべて, Bully, sLug.Bully2 | ,

4件のコメント »

  1. sLug.は配線の取り回しもシビアなんですね~。
    配線が走りに影響があると思ったことなかったのですが、自分のも配線をスッキリさせようかと思いました。自分は貧乏性なので、もったいないから配線は長めにしてあります。車に合わせた長さにしてあげれば、重量も見直せますね。
    メカの配置に関しても参考になります。Bullyは、ホーシングの上部が平坦ですがナローなのでメカの選択によって置ける場所も限られてしまいますね。いまさらですが、Bergアンプは場所をとらずどこでも置けそうで良いですね。
    今一度メカの配置を考え直してみたいと思います。

    KAMA-Rock楽しみにしてま~す。

    コメント by sug | 2009年 8月 28日 | 返信する

    • sugさん
      sLug.は普通のリグと違って車高アップダウンのために屈折する箇所があるので、配線が動くか曲がるかで逃がす部分が必要なぶん、ケーブルの取り回しの影響が出やすいです。

      ケーブルの軽量化は車軸より上にある重量物を軽くしてキャンバーに強い仕上がりにしたいという思いからなので、5gでも多く削りたいと思っていますが、まーこれは個人的な思いが強いですね。

      アンプなどのケーブルを最低限の長さにする加工はオンロードマシンだと当たり前に行われることなので特別じゃないんですけど、僕はハンダ付けが苦手なのでいつもアンプを壊さないかどうかビクビクしながら作業してます。

      リヤのアンプの位置を変更しましたが、アクスルの上に直接置いているわけじゃなく、下にアルミ板を削り出したプレートをネジ止めして、その上にアンプを両面テープで固定しています。

      今、KAMA-Rockの作業の午前の部が終わったところです。今日どこまでできるか微妙ですが、できたところまで今夜レポートしますねー

      コメント by モリカワ | 2009年 8月 28日 | 返信する

  2. 新シャーシ導入にあたって、
    配線のやり直しが必要だったので、
    せっかくなので、同じコードを買ってみました。
    (まだ届いていませんが。)
    細さも魅力ですが、シンプルなカラーがとても気に入りました。
    ハンダ付けフェチなので、今から配線の取り回しが楽しみで仕方有りません。

    コメント by 参参参 | 2009年 9月 1日 | 返信する

    • 参参さん
      お、このケーブルを買ったのですね。細くて銀色モノトーンな色が素敵です。
      ケーブル自体が銀色で、皮膜がほとんど透明なのでこの色なんですよね。
      プラスマイナスを間違いそうですが(笑)ディーンズコネクタなら一度半田付けしてしまえばOKですね。僕はヨーロピアンコネクタにしたので、付けはずしをするたびに緊張します。

      半田付け、僕は苦手な作業なので、フェチズムが持てるくらい精進します:-p

      コメント by モリカワ | 2009年 9月 2日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。