RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■Bastard Jr. ロックレーサーシェイクダウン!

超久しぶりの更新になっちゃいました。熊本から帰ってきてからというものの、とんでもなく忙しくなってしまって更新ができずにすみません。

久々の更新の今回は、先日手に入れたAX10スコーピオンベースのBastard Jr.にメカ積みをしてロックレーサー化が完了、そのシェイクダウンです。

メカ積み自体は先週に終わっていたんですが、たかだかモーター・アンプ・サーボ・受信機を積むだけに5時間もかかってしまったので記事をかけないでいました。

うまい積み方が見つからずに何度も積んでは下ろしと繰り返して5時間。今も受信機の置き場に困っています。

.

とりあえず今回積んだメカ類をご紹介します。

アンプ:Castle Creations SIDE WINDER
モーター:enRoute enPower26-3800KV / 14Tピニオンギヤ
バッテリー:enRoute enLIPO 3cell 1000mAh 11.1v(18C出力)
受信機:R617FS(FF7付属品、7チャンネル受信機)

通常1000KVくらいのモーターを組み合わせるのが普通なAX10に、4倍近い回転数の3800KVのモーターに11.1Vの3セルLi-Poを組み合わせた爆速マシンにしてみました。 そのシェイクダウンの動画はこちら。ほんの一瞬の短い動画ですが・・・問題だらけです:-o

.

.

.

.

メカ積みしたBastard Jr.

メカ積みしたBastard Jr.

.

まずのシェイクダウンは本当に爆速でした。さすがに4倍速いマシンは本当に速いです。

動画の通り、あっという間の加速で草むらに突っ込んでしまいました。予想以上の速さです。

が、、、

.

.

.

.

.

.

シャフトのイモネジのネジ穴が飛びました

シャフトのイモネジのネジ穴が飛びました

.

ドライブシャフトとアクスルを固定するイモネジのネジ穴がバカになっていました。これは元からそうだったかもしれません。

とりあえずノーマルのプラスチック製のドライブシャフトに戻しましたが、3800KVモーターのパワーに耐えられないような気がしますので、壊れたら交換します。

.

.

.

.

.

.

.

超高温になるモーター

超高温になるモーター

.

次にモーターにも問題が。

ものすごく熱くなるんです。特に微低速で動いていると、熱くなりすぎて煙が出ます。一瞬煙が出たところでバッテリーを抜いたのでほんのわずかでしたが、高速走行しているときより低速走行で煙が出るのが解せません。クーリングファンが必要かもしれません。

.

.

.

.

.

.

アンプがストールする・・・

アンプがストールする・・・

.

そして最大の問題がアンプです。

ゼロスタートでフルスロットルにするとアンプがストールします。せっかくの全開スタートができません。

加えて、満充電の直後以外、ちょっとでもバッテリーの電圧が下がると、車体を地面に置いている負荷だけでアンプがストールします。

SIDE WINDER自体は5700KVのモーターとセットで売られているものなので3800KV程度で音を上げないはずですが、相性が悪いのかもしれません。

この「電圧低下」な状態に陥るまでに、感覚的には1分もたない感じです。燃費が悪すぎます。ツーリングカーなんかではもっと高回転なモーターでも5分以上走るはずなのでこれは異常です。

.

.

.

.

.

enESC-A6CW

enESC-A6CW

.

相性が原因なのかはハッキリしてませんが、とりあえずenRouteのモーターにはenRouteのアンプだろう♪ということで、enRouteの新製品、enESC-A6CW クローラー用ブラシレスアンプを購入しました。

圧倒的な動作の滑らかさで超お気に入りなBERGアンプはA4をベースにしていましたが、このenESC-A6CWはその名の通りA6をベースにしています。容量が2倍で公式に3セルLi-Poにも対応していますし、高KVモーターにも対応しています。

今度はこれに交換して試してみます。

.

.

.

.

enRoute Storeでお買い物多数

enRoute Storeでお買い物多数

.

このアンプの購入に合わせて、話題のBERGホイールW33-7のアウトレット品(刻印間違いで品物自体に問題はない)も一式購入しました。

AX10純正のホイールはプラスチック製で軽いのはいいんですが、もう少しナローにしたかったのでコレに。ビードロックリングとM2.5という特殊なビスのセット、そして専用のウェイト&固定用Cクリップも一緒に購入しました。

ウェイトは最初は使わない予定ですが、ロックレーサーとして走れるようになって岩場用セッティングとバランスを取るときや、他車種への流用時のために念のため。

.

.

.

他にも、新製品のボールエンドプライヤーとディーンズコネクター(オス)・(メス)も購入しました。

特にディーンズコネクターはお勧め。他社製の「黒」ではバッテリーがうまく挿さらないものがあるんですが、enRoute製の「赤」はスムーズに抜き差しできます。

.

一応シェイクダウンしたものの問題だらけでマトモに走らなかったBastard Jr.ロックレーサー。うまく走れるようになったらかなり面白そうなので、まずはアンプ、それでも駄目ならもう少し回転数を落としたモーターに換えて試してみます。

2009年 10月 6日 - Posted by | すべて, Bastard Jr | , ,

8件のコメント »

  1. モリカワさん こんばんは

    お久しぶりですー!Bastard Jr.ロックレーサー超っ速ですね。カッコイイし面白いです。

    実は僕もNEW?マシンにチャレンジしています。・・が、アンプの設定で苦しんでいます。NUMBER5さんのブログで紹介してもらっていますが、CLベースで1.9サイズでMOA、4WSで軽量スピードマシンを製作中です。子ども用にと思っていましたが作り出すとついつい手を入れたくなってきます。小さくてかわいい車が出来そうです。今のところ1000KVのモーターで3セル仕様ですが、少しスピードが足らない感じです。ジャンプとかできてクローリングにも耐えうるマシン・・。うまくいかないかなぁ。

    コメント by gotochu | 2009年 10月 6日 | 返信する

    • gotochuさん
      いやーご無沙汰してしまいました。忙しい上にずーっと雨でなかなか・・・
      Bastard Jr.は予想以上に爆速でした。これは面白いです!爆速マシンなのにちゃんと岩場も登れるんですから楽しいです。

      gotochuさんもCLベースの超っ速マシンですか!ロックレーサー案外流行るかも。
      ジャンプできるクローラー、楽しいですよねーきっと。Bastard Jr.はフロントがドゥループなのでジャンプの着地のショックが厳しそうです。リバウンドスプリング入れようかな~

      アンプ、悩ましいですね。僕の場合はいい落しどころを、gotochuさんの場合は初期設定が効くように、ですね。完成したらみんなでジャンプしましょう~

      コメント by モリカワ | 2009年 10月 6日 | 返信する

  2. やはりBastard Jr.ベースのレーサー仕様はカッコいいですね。
    私はCR-01を爆速モントラ化を目指してますが、いまいちパンチが足りませんorz
    SIDEWINDER+GTチューンを搭載してるところを、ブラシレスにしようと目論んでましたがいろいろと難アリなようですね。
    ・・・ただブラシモーターの滑らかさはGTチューンでも同じなので少し悩んでます。

    コメント by #のひと | 2009年 10月 6日 | 返信する

    • #のひとさん
      Bastard Jr.のチューバーフレーム、美しいですねー転倒して削れたサマも結構いい感じです。
      チューブが細いので曲がりには注意ですが・・・

      #のひとさんも爆速マシン化するんですね。こりゃー本格的に速いクローラーが流行るかも!?
      SIDE WINDERはブラシモーターで使うときは結構スムーズでいい感じです。でもブラシレスだと相当ギクシャクします。
      ブラシレスにはenRouteのアンプが最強だなーと感じてます。ブラシレスモーターはギクシャクする、んじゃなくて、アンプ次第ではブラシモーターと比べても遜色ないほどスムーズになりますね。sLug.に積んでいるBERGアンプ+2212ブラシレスの組み合わせは最高です。

      SIDE WINDERはクローラーキングに2基積みすることにして、ノーマル540モーターで子供用にします。なんとも贅沢な子供マシンですが・・・

      コメント by モリカワ | 2009年 10月 6日 | 返信する

  3. おっ!始まりましたね~。悩み多きシャフト車。

    あのドラシャは私も使っていましたが、あっという間にズタボロになってってしまいました。強度はそれほどありませんね~。書くネジ穴が大きくなり、最後はよーく部分が折れました。もっと硬くて細いドラシャを~と思ったものです。

    アンプは深刻ですね~。交換すれば分かるかな?
    ちなみにAustin Dunn 氏は14.4Vらしいですね。

    何はともあれ、どう仕上げられるか楽しみです。

    コメント by NUMBER5 | 2009年 10月 6日 | 返信する

    • NUMBER5さん
      この動画を撮るまではアップできないなーと思っていたんですが、忙しすぎてなかなか撮影もできず。雨も連日ひどかったので結局アップできなかったんですけどね。

      シャフト車はモーターは1つですがアクスルと物理的に接続するポイントがMOAの2箇所からシャフトの両端×前後で4箇所になるぶんだけ、回転負荷で破損する箇所が多くて悩ましいです。

      トルクツイストも、これだけ強烈なモーターを組み合わせると静止状態からスタートする時点でグイグイとツイストします。実車っぽい挙動ですね。これも岩場登りでは悩ましいポイントになりそうです。

      このドラシャ、モノは太いわりにイモネジとネジ穴が細いんですよねーアクスル側のドラシャ受け(ここは何て名前なんでしょう?)部分に貫通させたいところです。穴を開けようかな。

      Austin Dunnさん、ラジマガ見ました。14.4Vは強烈ですねーじゅげむさんがおっしゃっていた、「みんなバギー並みに速かった」というのも頷けます。ならば負けじと3セルLi-Po×2で22.2V化してみようかな。・・・SLASHを素直に買え?そうかも(笑)

      コメント by モリカワ | 2009年 10月 6日 | 返信する

  4. モリカワさんこんにちは。
    スパーはノーマルですか? ピニオン14Tだとモーター焼けちゃいますよ。
    スパーを90T以上に上げて、ピニオンはあと2,3枚は落としたいところです。

    バッテリーも理論上18Aしか流せないので、かなりオーバーカレントですよ。たぶん突入電流はその数倍を要求されるでしょう。
    オーバーカレントで電圧降下を起こしアンプのオートカットが働いてる状態ですね。

    最近はDCが測れるクランプメーターも安く出てますので、一つ持っておけば調整に便利ですよ。
    エンルートで売ってる↓も良いかなと思ってます。
    http://www.enroute.co.jp/store/index.php?main_page=product_info&cPath=188_112_77&products_id=4875

    コメント by 高見山 | 2009年 10月 6日 | 返信する

    • 高見山さん
      スパーはノーマルで、ピニオンだけ14Tです。これがBastard Jr.を手に入れた時点で付いていたセットアップで、まだ変更してません。スパーは何種類か付属していたので、90T以上のものがあるか確認してみます。なければ金属製を探して買ってみます。ピニオンも合せて。

      ギヤ比が高すぎたんですね。オーバーカレント、間違いないと思います。要求電流はどうやって算出すればいいんでしょうか?アンプが5700KVとセットで売られているものなので、あとはギヤ比を落とすだけで大丈夫なのか、このモーターだとオーバーカレントになってしまうのか、要求電流の判断の仕方が理解できてません。このあとググってみます。

      DC電流を測定するクランプメーター、良さそうですね。ご紹介いただいたenRouteのものは安くてよさそうです。これ買ってみます!

      コメント by モリカワ | 2009年 10月 6日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。