RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■TY-Rockで練習!&4Seasons-Rock

行ってきました!11月15日に行われるFRCエンルートカップの開催地、玉淀大橋の下の「TY-Rock」!!

朝の出発がちょっと遅れて到着が10時10分頃になってしまいました。うちからだと東京・環八を抜けていかないといけないので渋滞・渋滞・渋滞・・・おかげで2時間半もかかりました。帰りはもっと渋滞がひどくて関越自動車道が花園から練馬まで25km渋滞、下道もずっと渋滞で都合50kmくらい渋滞でした。コンペ当日は紅葉渋滞がもっとひどそうなので覚悟して行きます・・・

.

河原に下りる道がちょっと分かりにくいので道案内を書いておきます。
関越花園から玉淀大橋へ向かい、橋を渡ったら最初を左折。
道なりにずーっと進むと左側に河原の入り口があります。河川管理料300円を徴収する小屋がありますのでわかりやすいです。
河原に入ったら左の一番奥を目指します。するとコンペ会場があります。
FRCエンルートカップ会場のTY-Rock

FRCエンルートカップ会場のTY-Rock

.

僕が玉淀に着い時には、MRCCの方々がテントサイトをバッチリ設営して練習されていました。

部外者の僕も「マーカーを適当に並べたのでよかったら走ってください」のお言葉に甘えて練習に混ざらせてもらいました。アリガトウゴザイマシタ!!!

玉淀は路面のグリップも良好で無理無理なラインでも登れはしました。でも現状のsLug.さんは課題が山積みだということも再認識しました。

超高難度のマーカー設定でまったく歯が立たなかった・・・そこをスイスイ走ってしまう方々、もー驚愕です。

.

.

.

.

マーカーを置いて練習(超ハードなコース設定!)

マーカーを置いて練習(超ハードなコース設定!)

.

いろんな問題が見つかりましたが、まずは車高アップダウンの挙動です。

グリップがいい路面だと、やっぱり不意に車高が上がってしまいます。もっとガチガチにセンターダンパーを固めるか、ダンパー位置を後ろに下げようと思います。

次に重心。結構低いつもりでしたが、今回のマーカー設定がかなり横転を誘う置き方だったのもあってゴロンゴロン転びます。バク転はほとんどしませんでした。

そしてタイヤ。やっぱり張りすぎです。

最後にバッテリーの位置。転倒すると真っ先にバッテリーが路面に叩きつけられます。おかげで・・・

.

.

.

サーボの耳がもげた・・・

サーボの耳がもげた・・・

.

バッテリーマウントをサーボマウントに共締めしていたおかげで、転倒のたびにバッテリーが押され、バッテリーが押されるとサーボが押され、最後はサーボの耳がモゲました・・・これはヤバイ。

どうにか固定する方法を考えますが、どうにもならないかも・・・hitecってサーボのケースだけ売ってたかな・・・

コンペ当日、問題点の改善とサーボの修理、そしてやっぱりC-sLug.コンバージョンにしたいです!

.

.

.

.

.

.

2時間くらい走って正午すぎ。今日はその後に横浜の「4Seasons-Rock」の視察を予定していたので早々に玉淀を後にしました。

ズーラシアそばの4Seasons-Rock

ズーラシアそばの4Seasons-Rock

.

関越の登り&下道が大渋滞だったので4Seasons-Rockに着いたのが3時。

ここは165台収容できる駐車場があり、横浜界隈からも近いというGooodなロケーションなので、走る場所があればいい名所になりそうだなーと思っての視察です。

今日は駐車場が有料の日だったので500円を支払って中に進みます。

.

.

.

.

.

.

.

ダイナミックな岩場でしたが、水がOUT!

ダイナミックな岩場でしたが、水がOUT!

.

目的はこのダイナミックな岩場!写真で見て「水がヤバそう」「2.2クラスには岩は大きすぎそう」という心配がありましたが、残念ながらビンゴ。

岩の大きさは、ラインを選べば登れるところはありそうな感じです。が、ここは全体的に「滝」でした。そして滝の下はもちろん「滝つぼ」っていうか池。一撃必殺で水没という無理無理なところでした。残念!

.

.

.

.

.

.

.

今は立ち入り禁止に。

今は立ち入り禁止に。

.

しかも、昔は入れたこの場所、たぶん怪我人が多かったんでしょう。立ち入り禁止になってました。

ローラー滑り台も閉鎖されていました。怪我人が出たら閉鎖、ってモッタイナイなぁ~~

.

.

.

.

.

.

.

.

ヨサゲな擁壁が延々と。

ヨサゲな擁壁が延々と。

.

ここまで来て、駐車場代500円も払ってすぐに帰るのはなーと思ったので、走れそうな岩場を探して奥へ奥へ進んでみると・・・

おぉ、これはよさそうな岩積みの擁壁!普通の擁壁って3段程度だったり垂直だったりして走れないところが多いんですが、ここは最大3mオーバーの大きさ&延々と続く長さ、そして絶妙に登れそうな傾斜と岩の積み方。これはソソリます♪

.

.

.

.

.

.

ってことで走ってみました♪

.

いやーーーーー擁壁登りって最高に面白い!!!!!

マーカーを置いてのコンペと違って、登れるラインを探すのが楽しい!登頂できれば何でもOKっていうゲーム感もお気楽です。

これぞロッククローラー!目を三角にして競い合うというより、岩を登る楽しさの原点って感じがします。

ひたすら登りで単調そうに見えますが、横に渡ったりラインを変えたりといろんな楽しみ方ができます。高さも最大3mほどあるので登り甲斐があります。落ちたらダメージも大きそうですが、斜面だというのもあってひどい落ち方にならないんですよね。

.

ここは通路なので公園に遊びに来ているファミリーや散歩中の老夫婦などなど、皆が岩を登っているラジコンを見て歓声を上げていました。

皆が口々に「わーすごーい!こんなところを登れるんだ~!!」「おっ!登れた~!」「あとちょっと!もっと右!」「うわ!落ちた!」「もっと見た~い!→もう帰るよ!!」と、楽しんで見てくれていました。

こういう楽しみ方、かなり新鮮でした。Park Crawling最高です!

.

アスレチックや広場もあって子供を連れてくることもできます。ご近所さんを誘い合って今度また行ってみたいと思います♪

2009年 11月 2日 - Posted by | すべて, Bully, sLug.Bully2, XXX-Rock | ,

8件のコメント »

  1. 岩積みの擁壁登り、楽しそうです。
    成る程確かに原点な感じがします。減点も無くて登れればOK。確かに最初はそうして遊んでいました。それではまり込んでいってしまたんです~。

    マーカーを置かないで最短時間で登るとか、よーいドンも面白そう。
    直ぐに競技に結び付けてしまう。いかんいかん。
    そう言えば最近のクロは目が血走っていました。

    コンペから、岩積みの擁壁、庭クロなど、いろんな楽しみ方が出来るのがクローリングのいいところなんでしょうね~。

    コメント by NUMBER5 | 2009年 11月 2日 | 返信

    • NUMBER5さん
      擁壁登り、相当面白いですよー登れなかったらスタート地点に戻ってぜんぜん違うアプローチを考えたりもしました。何しろ「テッペンまで登りたい」が動機ですから。

      だから競技にするにしても「テッペンまで登るタイム争い」とか「このエリア限定でテッペンまで登るタイム争い」とかでしょう。

      クラス分けは多少必要かもしれませんが、ただ大きければ有利かというとそんなこともないので、タイヤサイズだけ縛っても結構楽しめるはず。っていうか、とりあえず普通に持っているマシンなら2.2だろうがスーパークラスだろうがタイム勝負をやれば上手い人が速いです。

      このくらいお気楽に楽しむ方が僕は向いてるなーと思った次第で。一般のコンペをやるにしても、よりロッククローリングを楽しむ人口が増える方向で関わりたいです。小さい村でイチバンになっても小さい話ですし、イチバンを競うためにギクシャクするのも小さい話です。

      岩を登る、登れたら嬉しい、っていうのにイチバン近いと思えたのが公園で一般のギャラリーを背負ってエンターテインメント的に擁壁を登る、でした。そこにレンタルマシンがあれば皆喜んで楽しんだと思います。僕はこっち側にずーっといようと思います。

      コメント by モリカワ | 2009年 11月 2日 | 返信

      • 成る程~同感です。て言うかいいアイデアです。レンタルマシン!
        これはいただきです。

        確かに最初はあの登りを最後まで上りたい、途中で方向転換しても横転しないようにしたい、が、動機でした。行けた時は嬉しかったなー、思い出しました。
        それが今やコンペスタート前は動悸がします!

        我らも、簡単で誰もがゴールの喜びを味わえる、そんなコンペを目指したいです。

        ギャラリーも重要ですよね~。先日MOMOTA-Rockへ行った時も、お年寄りには直ぐに声を掛けられやすかったです。写真も撮っていかれました。夜帰ってばーさんと話の種にするって言ってみえました。
        他にも外国人、普通のの若者、親子連れなどなど皆驚きを持ってみていました。気合入るんですよね~。

        コメント by NUMBER5 | 2009年 11月 2日 | 返信

        • NUMBER5さん
          レンタルマシンは壊れないマシンが必須ですね(笑)
          ホント、実際に走ってもらえると面白さが伝わりますよね~子供から大人まで楽しめるしサーキットやパーキングロットじゃなくても、ちょっとした段差や狭いところでも楽しめるので、この面白さをみんなに体感してもらって、もっとRCロッククローリングの裾野が広がるといいですね~

          コンペのドキドキも楽しいんですが、岩登りのワクワクも楽しみのひとつですよね。
          コンペはいろんな意味で誰でもできることじゃないので、ワクワクの方ならもっとクローリングが広まりそうです。

          僕も擁壁登りをやっている時は結構声をかけられました。声をかけやすい遊びに見える、ってのもいいですね。ゆーっくり走ってますから。
          超高速で走ってるラジコンを操作中だと声をかけづらいでしょう(笑)

          ギャラリーを背負って走っていると大道芸人になった気分が味わえますね。本当に芸ができるくらい面白い走り方ができればもっと盛り上がりそうです。何ができるかなー

          コメント by モリカワ | 2009年 11月 3日 | 返信

  2. こんにちは、早速 四・・森ロックに行かれたようで
    横浜周辺としては、なかなかのところだったでしょ
    滝の下の広いところの大岩でも遊べますよ
    あと、スケール系でもいけそうな小川もあったりと
    駐車場は、平日無料だったりして・・・
    帰りは、すぐ近くのホームセンターで部材購入からお食事まで・・
    ただ、自然を生かした自然公園なので、いろんな配慮も必要ですね

    もう一ヶ所のロックは、のびのび遊べます
    駐車のスペースもあり、集まることも可能、トイレが無いのが難点ですが
    それでもバーベキューやキャンプの人もいたりします
    (いいのか悪いのかは分かりませんが)

    コンペが終わって、落ち着いたら是非、みんなで遊びましょう

    お疲れ様でした。(明日3日は、僕も何処かに遊びにいく予定です)

    コメント by NORI | 2009年 11月 2日 | 返信

    • NORIさん
      行ってきましたよー4Seasons-Rock!
      滝の下の広場にあった大岩は相当大きかったのでチャレンジしませんでしたが、なんとか登れそうではありました。あそこもいいですね。

      近くにホームセンターもあるんですか。あの界隈は馴染みがないのでいろいろ周辺施設も含めて開拓すると楽しそうですね。

      もちろん一般の方がたくさん利用されていますので、皆に迷惑にならないように、願わくばロッククローリングで皆が楽しんでもらえるようにできるといいですね。

      もう1箇所というのがあるんですね。それは是非行ってみたい!公園巡り、公園探しがライフワークになりそうです。そこは是非みんなで遊びましょう~!!3日にどっかに遊びに行ったらどんなところだったのか教えてくださいね~ホント公園クローリングははまりそうです。

      コンペ前、来週末とかには天園に登ってこようと思います。ここも行ったらレポートしますねー

      コメント by モリカワ | 2009年 11月 2日 | 返信

      • モリカワさん

        自分も『HAMA-ROCK』探しに出かけようと思ってたんですが、忙しくて行けませんでした。横浜の公園をネットで探したら良さそうな公園いくつかありました。三ッ池公園という所が近いので今度見に行ってきます。

        玉淀は楽しそうですねー!!自分も早くDIGサーボ修理して野外デビューしたいっす。

        コメント by five-three | 2009年 11月 4日 | 返信

        • five-threeさん
          HAMA-ROCK探し、みんなでやりましょう~♪そしてGoogle Mapのマイマップにプロットしていきましょうかね。今、RCロッククローリングスポットをまとめるGoogle Mapを制作中です。
          今もマイマップは一般公開状態にしてありますので、検索すると見つかるかも。

          三ッ池公園、今画像検索してみました。花見のスポットらしい写真はたくさん見つかりましたが、岩場の写真は見つけられませんでした。走れるところがあるといいですね~

          玉淀は高低差はさほどないんですが、マーカーの設定が絶妙で最高に面白いコースが出来上がっていました。面白いですよーとりあえずDIGなしででも是非!

          #僕はステアリングサーボを修理しないとマジで走れません:-p

          コメント by モリカワ | 2009年 11月 5日 | 返信


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。