RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■Bastard Jr. on AX10の舵角改善&10Tピニオン導入

コンペ前の今はsLug.さんの方をイジってた方がいいんでしょうけど、明日にならないと補修パーツが届かないのでとりあえず放置、今日はロックレーサーを目指すBastard Jr. on AX10をイジってみました。

AX10って標準状態ではステアリングの舵角が不足している印象でしたので、今日はこれの改善をやってみます。

ディグをつけていないので舵角だけが小回りの頼りです。

内側はともかく外側がキレテナイ。

内側はともかく外側がキレテナイ。

.
これが標準状態のフルステアです。

舵角が足りないことを何とかカバーするために、かなりトーアウトにしてあります。そうすることでステアリングをフルに切った時に内側のタイヤの舵角が増します。その代わり外側のタイヤの舵角が減ってしまいます。

できれば両輪とも同じだけ最大舵角で曲がってほしい。それにトーアウトにしているとロックレーサーとして高速走行する時に直進性が下がってしまいます。

.

.

.

.

.

VanquishのAX10用ハイクリアランスナックル

VanquishのAX10用ハイクリアランスナックル

.

舵角の改善のために、Vanquishのハイクリアランスステアリングナックルに交換することにしました。

残念ながら黒いものが売り切れでシルバーを購入しました。

果たしてどの程度まで舵角が増すのか!?

.

.

.

.

.

.

.

ナックルアームの位置が違う

ナックルアームの位置が違う

.

もともと付いていたのはノーマルの樹脂製と同じ形状の、ちょうどセンターにナックルアームが出ている金属製のものでした。TCS製?

対してVanquishのものは真ん中ではなく上の方にナックルアームがあり、ステアリングワイパーをより上の方に取り付けて路面への接触を減らすことができます。

でもコレを使えば舵角アップも狙えます。(AX10では常識なんだと思いますが、MOAからAX10という順番の僕はようやく知りました:-p)

.

.

.

.

.

.

ナックルアームがCハブのネジに当たって止まる

ナックルアームがCハブのネジに当たって止まる

.

拡大しないとちょっと見えづらいですが、ナックルアームが真ん中にあるものだと、フルステアの時にナックルアームがCハブを留めているネジの頭に当たるんですね。

じゃあこのネジを超低頭ネジに交換して厚みを減らすか、このネジの位置をナックルアームが避ければOK。

ってことでハイステアリングナックルで舵角アップなんですね。

MOAの場合、舵角アップは「削る・削る・削る」なのでこのアプローチがちょっと新鮮でした。(スミマセン。ホントにAX10のことを知らないもんで。)

.

.

.

.

.

いろんな色がいろいろ。

いろんな色がいろいろ。

.

Vanquishのナックルに交換したのがこちら。

ずいぶんカラフルになっちゃいました。やっぱり黒ナックルがよかったなぁ。

ハイステアリングナックルというだけのことはあって、かなり高い位置にナックルアームが来ます。

.

.

.

.

.

.

.

ステアリングワイパーを延長&曲げ

ステアリングワイパーを延長&曲げ

.

ステアリングワイパーが高い位置に移動したことで、ドラッグリンクがステアリングワイパーに干渉するようになりました。またステアリングワイパーがアクスルのデフボールに当たるようにもなったので、当たる部分を少し曲げました。

また、トーアウトにしていたのをほぼセンターにするために、ステアリングワイパーにカラーを挟んで6mm延長しました。

ナックルアームにはネジ穴が2つありますが、内側の方にステアリングワイパーを、外側にドラッグリンクを付けて舵角を大きく取れるようにしました。

.

.

.

.

.

.

外側も切れるようになった♪

外側も切れるようになった♪

.

これで作業は完了。

フル舵角でここまで切れるようになりました。内側は今までも切れていましたが、外側も同じくらい切れるようになりました。

内側もトーアウトにしての舵角ではなく、ほぼニュートラルで今までと同じくらい切れています。

.

.

.

.

.

.

.

Before - Afterの比較

Before - Afterの比較

.

Before – Afterの写真を合成してみました。

内側はほぼ同じ、外側がより切れるようになっているのが分かります。

若干サーボホーンの長さが足りないようなので、今度ホーン交換をしてみます。長いホーン、買ってあったんだけどどこに行ったかな?

.

.

.

.

.

.

.

RC4WD製48P10Tのピニオンギヤ

RC4WD製48P10Tのピニオンギヤ

.

今日はこれに加えて、モーターのピニオンギヤを14T→10Tに変更して負荷を下げてみました。48ピッチの10Tってなかなか売ってないので探し回りましたが、北海道のスポーツホビーさんにRC4WD製のスチール製ピニオンギヤがありました

.

.

.

.

.

.

.

.

ギヤ比を落としたけどまだ走れない。

ギヤ比を落としたけどまだ走れない。

.

スパーギヤを前回92Tにしたことで若干ギヤ比が落ちたものの、これでも走れませんでした。

今回のピニオンギヤを14T→10Tにすれば30%近くのギヤ比ダウンになるので負荷がかなり下がるんじゃないかと期待していましたが・・・

まだギクシャクしますね。ごく微速でトルクがほとんどなくて、ちょっと負荷がかかるとモーターが回りません。

それでも一度走り出してしまえばフラットな場所ならそのまま加速できるようになりました。

.

.

.

.

ただ!肝心のスピードがこのギヤ比だと足りません・・・3800KVのモーターを使っている意味がない状態です。

トルクがないのでロッククローラーとしてもダメだし、スピードが出ないのでロックレーサーとしてもダメ。うーん。。。

あの爆速CR-01はどんなメカ構成なんだろうな。あのくらい爆走できるマシンにしたいんですが、やっぱり22.2Vに耐えられるメカなのかなー

2009年 11月 11日 - Posted by | すべて, Bastard Jr | ,

10件のコメント »

  1. ワイパーのナックル固定ボルトを延長してドラッグリンクをナックル内側よりにしたほうが
    良くないですか?
    最大舵角でサーボが振り切ってる感じなので、これだと舵角保持にトルクが足りなく
    なると思います。
    内側に入れたら同じタイヤ切れ角でもサーボの振り幅は小さくできますよね。

    モーターもいっそESCごと交換してセンサ付きのものにすると良いかもしれませんね。
    KVはどの辺かなぁ。

    コメント by ないと〜 | 2009年 11月 11日 | 返信する

    • ないとーさん
      確かに!ドラッグリンクもナックルアームの内側のネジ穴を使った方がサーボの振り幅が稼げますしトルクに無理がないですね。今13kg・cmの非力なサーボを使っているのでなおさら大事です。今日帰ったらやってみます♪

      モーター&ESC、結局KV値とギヤ比ってスピードに関係はするものの、負荷は車両全体で適正なギヤ比にするとか適正なトルクのモーターを使うとかいうアタリマエなことをやらないといかん、ということを痛感しました。

      元々enPower26-3800 3.17モーターはクローラーキングに使う予定で買ったものだったので、Bastard Jr.には540サイズの通常のブラシレスを使うことにします。センサードブラシレスの方がいいのは間違いないんですが、どんどんアンプが余っていく(笑)のも困るので、とりあえず大型のブラシレスで試してみたいと思います。

      KV値はバギーなどの推奨ギヤ比を参考に、AX10のギヤ比・タイヤの大きさから逆算して決めてみようと思っているんですが、AX10のアクスル側・ベベルギヤの減速比がわからなくて計算できないんですよね。

      ピニオン10T→スパー92Tで1:9.2の一次減速、ドライブシャフトを介してアクスル側・ベベルギヤの減速比がいくつかがわかれば、バギーとクローラーの2.2用タイヤの外周距離の差もギヤ比に換算して、最終的に必要なKV値がわかるはずなんですが・・・AX10のマニュアルがないのと、検索した限り二次減速比が見つけられず。もしご存知でしたら教えてください!

      コメント by モリカワ | 2009年 11月 11日 | 返信する

  2. ハイステアナックル私も欲しいです。買ったときにどこも欠品で買えなかったんですよねー。爆走CRは本物志向のakkyさんの車ですよー。

    コメント by マル | 2009年 11月 11日 | 返信する

    • マルさん
      僕もこのVanquishのハイクリアランスナックルは結構探しました。どうにかスポーツホビーさんで見つけたんですが、今はまた売り切れですね。これはかなりいい感じです。BTAにするにも良さそうです。

      爆走CR、本物志向!のakkyさんのブログを恥ずかしながら初めて拝見しました。CR-01の爆走時代の記事をどうにか見つけましたが、詳しい仕様がまだ見つけられてないです。どうもMAMBA MAXのモーターコンボを載せただけっぽい?22.2V化とかはしていないような感じでしたが、あそこまで爆走できる(というか、ちゃんとモーターが回る)んですね。

      5700KVのモーターだと思うんですが、540サイズだと負荷に負けないでちゃんと回るのかなー
      SideWinderは手元にあるので、540サイズのブラシレスモーターを適当に1個調達して試してみたいと思います。

      コメント by モリカワ | 2009年 11月 11日 | 返信する

  3. AX10のホーシング側の減速比は43:13だったかな。

    コメント by ないと〜 | 2009年 11月 11日 | 返信する

    • ないとーさん
      ありがとうございます~!これでギヤ比が計算できます。
      適正ギヤ比はモーター次第なのでモーターを決めるのが先なのか、なんだかニワタマな感じで頭が混乱してますが、がんばってイイカンジのセットアップを見つけたいと思います♪

      コメント by モリカワ | 2009年 11月 12日 | 返信する

  4. モリカワさん

    ワイドナーという部品ではだめなんですか?自分のもあまり切れないので余裕があればその部品を考えてるんですが・・・。

    この前のDIGの件ですが、ウイングポストあったんですがインファーノ用ではなく、ちょっと長すぎたので削ってサーボは取り付けできたんですが、作動がうまくいかずリアがフリーの状態です。

    段々わけわかんなくなってすごく悩み中です(悲)

    コメント by five-three | 2009年 11月 12日 | 返信する

    • five-threeさん
      結論から言うとホイールハブワイドナーでは今回の僕の場合は舵角は増えないんです。

      ホイールハブワイドナーは簡単に言うと「ホイール(タイヤ)を外側に張り出させるためのパーツ」です。これが舵角アップに効くのは、

      ●フル舵角の時にリンクやダンパーにタイヤが当たってしまって舵角が大きくできない時

      です。ワイドナーを入れればタイヤが外に出ますから、フル舵角の時にタイヤの角が外にオフセットされてダンパーなどに当たりにくくなるんですね。

      僕のケースは、フル舵角の時もタイヤがダンパーなどに当たっていなかったので、ワイドナーは不要だったんです。

      舵角が足りない原因は写真を載せている通りナックルアームがCハブを留めるネジに当たっていたから、でした。なのでハイクリアランスナックルが必要だったんですね。

      もし仮に、今回のようにハイクリアランスナックルを使って舵角は増えたけれど、その結果タイヤがダンパーなどに当たるようならワイドナーが役立ちます。

      ただ、ワイドナーを使うと車両の全幅が広がっちゃうので、マーカーに触れやすくなります。横転しづらくなるというメリットもありますが、最近はナロートレッド・幅狭のクルマが多くなってきて、マーカーも幅狭車に合わせて狭く置く(USRCCAのレギュレーションから外れますけど)のがトレンドみたいで、できるだけ車幅は広げたくないと考えています。

      ちなみにワイドナーと同じ効果が得られるのがBERG用のW30-6/W33-10アルミホイールです。ホイールハブが一番内側・ツライチの位置にあるのでホイールが外側に出るんですよね。これならパーツがひとつ減ってシンプルになります。ウェイト調整も楽になるっていうメリットもあります。

      DIG、うまく作動できるようにするのはみんな悩むみたいですね。機械式ですからほんのちょっとの微調整なんでしょうねーMOAの電気式DIG(っていうか前後独立駆動)に慣れちゃったのでおっかない印象です(笑)

      コメント by モリカワ | 2009年 11月 12日 | 返信する

      • モリカワさん

        素人の自分には難しいですが勉強になります。なんかアンプもおかしいみたいで・・・(悲)。なかなかうまくいかないもんですね~。まあ、だから面白いんですけどね。

        それより、最終調整中ですよね??

        コメント by five-three | 2009年 11月 12日 | 返信する

        • five-threeさん
          すみません、説明が長い上難しかったですね。
          原因に合わせた対策をやる必要がある、ってくらいで。

          アンプ不調ですか。最近周りでマシンの不調をよく聞くんですが、流行り風邪みたいなものかな:-p

          最終調整中、まさしく。なかなか時間が取れないのでホントに直前までかかりそうです。ヤヴァイ!
          とりあえずC-sLug. Conversionにアップグレードして修理の類も終わりました。残すはタイヤとウェイト調整、そしてアクスル&アンプ削りです。またリューターでアルミ粉を吐きまくります!

          コメント by モリカワ | 2009年 11月 13日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。