RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■sLug.さんがC-sLug.Conversionに進化!

昨日パーツが届いていたんですが、組み付け作業で目いっぱい時間を使ってしまって記事を書く時間がなくなっちゃいました。1日遅れですが、【sLug.Bully2が遂にC-sLug.Conversionに進化!】というビッグニュースをお伝えします♪

.

先にお断りしておきます。sLug.→C-sLug. Conversionのパーツは正式発売前で、今回じゅげむさんに無理を言ってじゅげむさんがテスト中のプロトタイプのパーツを送ってもらっています。

というのも、先日お伝えしたとおり僕のsLug.さんがコンペ直前なのに車高調整機構の要のパーツが脱落して走行不可能になり、しかも標準sLug.のままでは今度のFRCエンルートカップのレギュレーションを通過できないことが確定(1Gでキープ可能な「最長」WBで317mm以内、という解釈になったようです)したため「コンペに参加できるようにする」ことにご厚意をいただいたのでした。

もうひとつ。sLug.ベースでコンバージョンキットを組み付けるC-sLug.Conversionと、ゼロから設計し直されているC-sLug.という車両はまったくの別物です。

C-sLug.Conversion略して「Convさん」完成!

C-sLug.Conversion略して「Convさん」完成!

.

プロトタイプのコンバージョンキットなので微調整がこれからも加わります。製品版とは違う部分がありますが、これがC-sLug.Convさんです。

・・・今までのsLug.とどこが違うか、この写真じゃ分からないですね(笑)

発売前なのでボディの中身はお見せできませんが、大きな違いは2箇所!

.

.

.

.

.

.

.

車高ダウン時でもWBは315mm。

車高ダウン時でもWBは315mm。

.

一番大きな違いは車高ダウン時のホイールベースです。

ノーマルのsLug.は車高アップ時は316mm、車高ダウン時は340mmでした。おかげで高いところに足が届きました。

でもこれはsLug.の副作用のようなもので、本質的には「低重心+腹下確保」を両立することがsLug.の目的なのですが、コンペの時はいつも317mmに収まらない状態にできるsLug.が議論になってしまっていました。

C-sLug.Conversionでは車高アップ時は実測296.5mm、車高ダウン時は315mmといずれもレギュレーションの317mmを超えることはありません。

WBの差も24mmから18.5mmに縮まっているので車高アップ時の違和感も少し減りそうです。

.

.

.

RC4WDの激細ダンパーに変更!

RC4WDの激細ダンパーに変更!

.

そして2番目の違いがフロントダンパーです。

標準設定のダンパーが、sLug.のZEROショック(写真右)からC-sLug.&C-sLug. ConversionではRC4WDのDUAL SPRING 110MM SCALE BLACK SHOCKS(写真左)に変更になりました。

(一応コンバージョンキットには含まれないオプション扱いですが、これをベースに設計されています。)

強烈に細いので、フル舵角の時にタイヤがダンパーに当たりにくくなります(当たりますけど)。そしてかなりの軽量化ができます。これはC-sLug.でなくても使い出がありそうです。

.

.

.

.

元はアウタースプリングが付いている(しかも2段!)

元はアウタースプリングが付いている(しかも2段!)

.

日本国内では楽天で北海道のスポーツホビーさんが今のところ1点在庫しています。2本セットで3500円です。

先日まで2点在庫があったんですが・・・僕が1点買っちゃったので残り1点です(笑)

C-sLug.用はじゅげむさんにお願いしてご手配いただいたんですが、他の車種にも使ってみたくなったのでBastard Jr.用Vanquishハイクリアランスナックルを注文した時に一緒に買ってしまいました。

.

.

.

まだC-sLug. Conversionを走らせていないので分からないんですが、相当走りやすくなるようです。コンペ前日の土曜にシェイクダウンできるように、その他の準備を進めます。走らせたら感想をお伝えしますね~

.

大中小のenLIPO3セル。600mAhはかなり小さい!

大中小のenLIPO3セル。600mAhはかなり小さい!

.

先日バッテリーを1つ焼いてしまったので、追加で2本購入しました。今回買ったのはエンルート製enLIPO 3セル600mAhという超小型バッテリーです。ちょっと出力特性(C値)が低く15C-30Cというのが気になりますが、コンペでの「5分」は走れますし軽量化もできるのでこれにしました。

なお650mAhというワンサイズ大きいものは18C-25Cと最大出力がもっと低いので600mAhの方にしました。

合わせて、もう生産中止になっているFF7&6EXプロポ用の平型LIPOバッテリーも購入しました。今まではエネループを使っていましたが充電に8時間かかるのがタマラナイので。

.

.

.

.

いよいよ準備も大詰めになって来ました。最近大雨だったりして天気が心配ですが、きっと晴れるでしょう!ギリギリまでマシンを詰めて当日ガンバリマス!

2009年 11月 13日 - Posted by | すべて, C-sLug. Conversion, sLug.Bully2 | , ,

18件のコメント »

  1. モリカワさん
    すごいですねぇ!!。これで世界に3台しかない内の1台ですねぇ。
    モリカワさんも開発の仲間入りですね。
    是非今度見せてくださいね。

    コメント by BRRGマン | 2009年 11月 13日 | 返信する

    • BERGマンさん
      C-sLug.は世界に2台、そしてこのC-sLug. Conversionは別物なので世界に3台目ってんじゃないんです。試作機も含めるともうちょっとあるようです。
      でもレアものには違いないですね。発売前の製品ですから。発売に先行して無理言って送ってもらいましたからじゅげむさんにはホントに申し訳なく。。。

      でもおかげさまで今度のコンペに出場することができるようになりました。危うく出れないところでしたからねー

      コンペ当日はレアなマシンがワラワラ走ることになりますね。それだけでも見ごたえがありそうです。当日はいらっしゃるんですか?是非お待ちしてますよー♪

      コメント by モリカワ | 2009年 11月 13日 | 返信する

  2. モリカワさん

    記事を読む限りでは良さそうな感じがプンプンしますね~!!

    自分も負けてられないと思って先ほどからDIGをイジイジしていましたら、奇跡的に簡単に問題解決しました(笑)

    アンプはドラグブレーキが効かないのとスイッチがちゃんと切れないのであやしいです。

    15日は晴れるといいですね~!!当日は彼女も行くと言っていたのでもしかしたら、長くいれないかもですがなるべく長く撮影できるようにがんばります。

    コメント by five-three | 2009年 11月 13日 | 返信する

    • five-threeさん
      今までsLug.で困っていたのがいろいろ一気に解消しそうです。

      ホイールベースの差が大きすぎて車高アップダウンでの走行感覚が変化しすぎること、
      ホイールベースが長い故小回りが効かずにコンペで回りきれないこと、
      車高アップ時の高さが高すぎて転びやすいこと、
      車高ダウン時の車高が低すぎてすぐに車高アップしたくなること、

      というのが解消できそうなのでかなり期待しています。高いところに足が届く、というのはsLug.の副作用の偶然に近いので、C-sLug.の方が安定して走れそうです。

      DIG、うまいこと問題解決してよかったですねー
      ドラッグブレーキはアンプの設定変更で何とかなりますかね?

      15日、天気は大丈夫そうです。ちょっと寒そうですね。あったかい格好でお越しください。特に女性にはつらいかもしれませんのでヌクヌクで。

      テントサイトにピットを作っていると思いますので、白いプロポ+C-sLug.を探してみてください。
      あ、でもボディは作り直すかも。同じ色合いで作るのでわかるとは思いますが~
      撮影よろしくおねがいしますね~♪

      コメント by モリカワ | 2009年 11月 13日 | 返信する

      • モリカワさん

        なんかすごい方々とお知り合いみたいで良かったというか、人とのつながりってありがたいですね。早くモリカワさんのマシンの走りが見たいですね(笑)

        ブレーキはセッティングカードでやってもだめでした(残念)

        撮影はサーフィンしか撮った事がないのでアングル、手ぶれ等心配事が多々あって不安です。

        コメント by five-three | 2009年 11月 13日 | 返信する

        • five-threeさん
          じゅげむさんは世界大会に出ちゃうような方ですしねーホント、sLug.買ってよかった!と毎日思います(笑)

          クローリングマニアにしろエンルートにしろ、人が対応することの良さを感じますね。
          お店でモノを買ってきて、ポンと付けて、試行錯誤して、だけでは行き詰るところが、本当にいろいろ助けていただきながらイジって楽しんでいけるというのはシアワセです。

          セッティングカードでもドラッグブレーキが利かないって何かおかしそうですね。アンプは何をお使いですか?

          動画の撮影って難しいですが、簡単にできるコツもありますよ。

          アップにしない。

          これだけです(笑)
          アップにすると追いかけなきゃいけなくなって、動かすとブレブレの映像になっちゃいます。

          引いて撮っていれば、極端な話、三脚に据えっぱなしでもいいほどです。アングルもあまり気にする必要がなくなります。
          人間三脚になったつもりで、動かさない・追いかけない撮り方をすれば結構きれいに撮れますよ~

          コメント by モリカワ | 2009年 11月 13日 | 返信する

          • モリカワさん

            アンプはenRouteでBeRG CRAWLと書いてあります。色はシルバーです。

            バッテリーつないだ時から受信機のランプが赤くついていて、スイッチONにしたら受信機が緑色に光ります。 最初はこういうものだと思っていたんですが、スーラジの方に聞いたらおかしいですねって言われました。

            アンプ買い替えですかねー??

            自分の事相手にしてる暇じゃないのに申し訳ないです・・・。

            コメント by five-three | 2009年 11月 13日 | 返信する

            • five-threeさん
              あーいわゆるBERGアンプですね。sLug.に使っているものと同じです。僕は2個壊して都合4個目です(笑)

              プロポの電源を入れる前にバッテリーをつないだ時は、受信機は赤いランプが点きますよ。
              で、スイッチONにしたら、のスイッチってアンプの電源スイッチですか?

              プロポの電源を入れない状態で、アンプの電源を入れるだけで受信機のランプが緑色になるってことはないと思いますが・・・

              まぁアンプのスイッチはよく壊れるので、僕はスイッチの配線を切って、その配線(2本で構成されてますよね)をハンダでダイレクトに短絡してますよ。常にアンプの電源がONになっている状態で、バッテリーの抜き差しだけで電源を入り切りします。

              症状がはっきり分からないんですが、アンプのスイッチだけなら叩き切っちゃってハンダ付けすればよいです(笑)

              今日はsLug.さんを触ってないんで大丈夫ですよー
              明日はボディのマスキングでもやろうかな。雨続きで塗装できるかどうか微妙ですが、C-sLug.にコンバートしたら元のボディに空けていたボディポストの位置が変わっちゃったんですよね。

              タイヤの調整・ウェイトの調整は買い物後じゃないとできないし、リューターを回してアンプとアクスルを削るのは深夜は憚られるし、ってことで今やれることがなくなっちゃったんですよ。

              コメント by モリカワ | 2009年 11月 13日 | 返信する

  3. モリカワさん

    モリカワさんのコメントを読んだかぎりでは大丈夫そうな感じです。
    今日も仕事なのにまたこんな時間になってしまいました(汗)

    ラジコンてはまると魔物ですねー。最近彼女にも『またラジコン』と言われるようになっちゃいました。そろそろ寝ますね。遅くまで申し訳ありません。ありがとうございました。

    コメント by five-three | 2009年 11月 13日 | 返信する

    • five-threeさん
      アンプはスイッチ問題とドラッグブレーキが効かない問題と別々にあるような感じがしますが、スイッチはともあれドラッグブレーキは何なんでしょうね?バッテリー→アンプ→モーターの相性(っていうか電力不足とか)があるかもしれません。

      ラジコンはハマるとドップリですし時間も取られますが、負けないくらい彼女との時間を充実させることで補いましょう~僕も妻には「またラジコン」って思われているはずですが、家族最優先で予定を立てる努力などなどで一応認めてはくれているようです。でも早く寝ないと心配をかけてしまうのでボチボチがんばりまーす!

      コメント by モリカワ | 2009年 11月 13日 | 返信する

  4. C-sLug.Conv、楽しみです。どう走りが変わるか!
    そてとこれ、”1Gでキープ可能な「最長」WBで317mm以内”これって定番化するんでしょうか?とってもまずいです。
    今までの苦労がいや楽しみが水の泡なのか?でも解決手段は見えているのでもう一度ステンレスリンク作り直して・・・もうやりたくないなぁ~。

    それと大事な一点、15日はやはりいけそうにありません。じゅげむさんからもお誘いがあったし、気楽に見物&レポートに行きたかったのですが、やはり無理でした。すみません。12月13日もやばげです。
    仕事も全体的には暇なんですけど日程的にな~。

    今のところ当日は天気も良さそうですし、是非頑張ってください!
    応援してますよっ!

    コメント by NUMBER5 | 2009年 11月 13日 | 返信する

    • NUMBER5さん
      走りは相当「楽」になると思います。まだ一度も試走できていないので、車高アップダウンの挙動(っていうかC-sLug.&C-sLug.Convの場合は車高ダウンで走行が基本、アップしないようにガチガチにする)が大丈夫なのかどうかを早く確かめなきゃです。

      1Gで「キープ」可能な「最大」WB、という解釈はたぶん一般化すると思います。いつも問題になりますし、正直sLug.ユーザーとしてこの議論はメンドクサイので。WBが長いことの優位点を指摘されますが、317mmに合わせてコース設定されているコンペではデメリットも相当あります。

      それにWBを長くすることが目的じゃないので、超低重心+腹下ガッツリ確保の両立ができるという点だけでもC-sLug.は強いと思ってます。

      でもステン曲げをまたやるのはしんどいですね~いい治具が作れればハンマーで行けますよきっと。

      15日残念ですねー日本全国のエキスパートが一堂に会するコンペなのでかなり盛り上がると思いますし、お祭り的に楽しいはずなので是非来ていただきたかった!

      静岡は僕もかなりムリっぽいです。ちょっとでもいいから観戦したいなー(13日が未確定すぎて出場エントリーできません。。)

      天気は大丈夫そうですね。かなり川が増水しているようなので、ポンプで水抜きするようです。主催者の皆さんはかなり大変だと思います。いつもありがとうございます~

      当日の雰囲気をできるだけたくさんお伝えできるようにがんばりまーす!デジカメのバッテリーがどれも死に気味なのが心配ですが・・・

      コメント by モリカワ | 2009年 11月 13日 | 返信する

  5. 不安が解消されてよかったですねー。ところでバッテリーの18C-25Cとはどういう意味でしょうか?今まで気にせず使ってました。15日見学に行きますので声掛けさせていただきます。家からは結構近いんですよ。

    コメント by マル | 2009年 11月 13日 | 返信する

    • マルさん
      ホント、ギリギリで出場の目処が立って、なおかつsLug.で悩ましかった問題が解消してよかったです。走行性能の悩みもそうですが、WBが長い問題・レギュレーション解釈問題が解消したのがイチバン気が楽になりました。

      15日、いらっしゃるんですね~なんか目印があった方がいいかな?かなりの人数が来るので見つけていただきやすいように何か考えます♪

      バッテリーのCレート表記の意味ですが、よく聞かれるので後日ちゃんと記事にするとして、簡単に説明しますね。

      たとえば1000mAhの容量で定格20C出力-瞬間最大30C出力、と書かれているバッテリーがあるとします。
      容量は「バッテリーの持ち」だと思いがちですが、「一度に放電できる電力量」も司っています。

      1000mAh=1Ahです。(ミリは1000分の1なので)
      で、
      1Cというのは1000mAhのバッテリーなら「定格1A(アンペア)放電できる」を指します。

      なので定格20Cと書いてあれば、標準的な出力では1000mAhのバッテリーなら「1A×20C=20A放電できる」という出力性能になります。

      瞬間最大出力は30Cですから、こちらは「瞬間的になら30A放電できる」です。

      じゃー600mAhで15C-30Cと書いてある今回のenLIPOなら

      0.6Ah×15C=定格9Ah出力
      0.6Ah×30C=瞬間最大18Ah出力

      ということになります。

      なので、Cレートが高い方が放電能力が高く、高出力(電気をたくさん喰う)モーターを回せる、ということになりますし、同じCレートならバッテリー容量が大きい方が高出力、ということです。

      ・・・ん~十分詳しく書いちゃいました。

      これにアンプの容量・出力能力やらモーターの消費電力(要求電力)やらが絡むので、そのマシンが発揮できるトルク・パワーは全体の電気の流れ全部を加味する必要があるのだ!っとか、Li-Poは1Cで充電するのが基本だからバッテリーの容量によって「何アンペアで充電していいのか」が決まるよ、だとか、同じCレートでもLi-PoとLi-FeとNi-MHとNi-Cdとでは出力特性が違うよ、とかまで説明すればパーフェクトですが、おなかいっぱいになりそうなのでこの辺で。。

      まーCレートは実はメーカー表記や測定方法がマチマチであんまり信用できないんですけどね:-p
      Cレートがでかい方がパワフル!くらいに思っていればとりあえずヨシかと。

      コメント by モリカワ | 2009年 11月 13日 | 返信する

  6. 十分に説明されてますよ。今度買うときは表記を参考に買ってみます。ありがとうございました。

    コメント by マル | 2009年 11月 13日 | 返信する

    • マルさん
      Cレートは同一メーカー内であれば比較条件として参考に。
      他社とは比較しない方がいいです。実感としてIP850の35CよりenLIPO1000の20Cの方がパワフルだったりします:-p

      まーイチバンCレートを意識するのは充電の時ですかね。1000mAhなら1A充電、1300なら1.3A充電と設定するので。

      Li-Feだと僕の持っている3セル9.9V 1100mAhのものは5C充電できるので5.5AでもOKです。充電器が5Aまでしか対応していないので5Aで充電してますが15分で充電が終わります。もっと小さいLi-Feが出ないかなーと切望してます。

      コメント by モリカワ | 2009年 11月 13日 | 返信する

  7. LiーFe使ったことがないですがアンプには問題ないのでしょうか?またリポ3セルとリフェ3セルでは電圧がちがいますよねリポ対応のアンプであればリフェも使えるのかな?リフェは安全と言いますから出来れば使いたいですね。

    コメント by マル | 2009年 11月 13日 | 返信する

    • マルさん
      アンプは対応限界電圧とオートカットオフ電圧がLi-Feに対応していればOKです。

      Li-Feの3セル9.9VはLi-Poの3セル11.1Vより低いので、7.4V以下じゃないとダメっていうアンプでなければ大丈夫。
      カットオフ電圧は明確に電圧が指定できるタイプと変動幅が10%になったら、など自動判定のタイプとありますが、Li-Poの3.7VカットオフよりLi-Feの限界3.3Vの方が低いので、Li-Fe対応を謳っているアンプの方が長時間走らせられます。

      それより充電器ですね。Li-Fe対応を正式に謳っていない充電器じゃないと充電は危険です。
      5A充電ができたりクギを刺しても燃えなかったりと基本的に安全ではありますが、充電は気をつけたほうがいいですね。最近の充電器なら多くが対応しています。

      ただやっぱりイチバン小さいセルが1100mAhで単三電池くらいの大きさがありますので、これを3本使う3セルだと大きくて重たいです。もっと小さいセルのLi-Feが出て欲しいです。

      コメント by モリカワ | 2009年 11月 13日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。