RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■(2)FRCエンルートカップ3 レポート

昨日のフォトレポートの続編、今回は予選を勝ち抜いた8人のエキスパートクローラーによる決勝戦をお伝えします。

.

予選が行われた午前8時~午後2時のうち、時間が早ければ早いほどまだ路面が濡れていてグリップできない状態でした。その序盤のうちに難易度の高かった第2・第3・第4セクションを走ったらやっぱりなかなかいい点数が出せないんですよね。チーム分けでセクションの走行順が決まるので多少なりとも有利不利の差が出るもの・・・

2戦2連覇中のしょうちゃん選手のリグ。

2戦2連覇中のしょうちゃん選手のリグ。

.
かと思いきや!決勝に残った8人のエキスパートにはそんなことは関係ない!路面が濡れていようが、砂が浮いていようが、前に走った人が穴を掘っていようが関係なく好成績を出し続けることができる人が決勝に残りました。

ファイナリストはFRCのマイルドプリンさん、enRouteCup2連覇のしょうちゃん、東北のK田さん、ドリフトの神様こと新井さん、MRCCのPZJ-Pさん、YSSの片岡さん、クローリングマニアのじゅげむさん、FRCのアニさん(すみません、僕がハンドルネームを存じ上げない方が多くてSrayさんの紹介文から引用です)という錚々たる顔ぶれ。これは盛り上がること必至!

.

.

.

.

.

.

決勝コースの目玉、ダブルブリッジ!

決勝コースの目玉、ダブルブリッジ!

.

決勝は10ゲートの超ロングコースを、予選と同じく5分で走り切るタイムマネジメントが重要になる特設セクションが用意されました。

もちろんゲートは決勝らしく高難度に設定されましたが、何より決勝コースの目玉はコレ!増水で溢れた水辺を対岸まで渡す2本の橋『ダブルブリッジ』です。

しかも1本は途中で90度橋の上をターンしなければならず、おまけに橋の途中に4番ゲートが置かれているという、まるでラジコン版「サスケ」のようなコースです。

さらに!この写真ではまだなかったのですが、橋の作成中にじゅげむさんの「途中に石でも置いたら?」という冗談の一言で・・・

.

.

.

橋の途中にウッドブロックが!

橋の途中にウッドブロックが!

.

橋の途中にウッドブロックが打ち付けられました(笑)

ワンミスで水没という緊張感、途中の90度ターンで試される小回り性能。

予選にも1箇所橋が用意されましたが、もちろんこんなアクロバティックな設定ではありません。なるほど決勝らしいユニークなコースです。

決勝開始前のコース試走では、90度ターンはギリギリでフロントは2輪乗りますが、後輪は橋から落ちてしまいました。それでもフロントだけ乗っていればズルズルと前に進めることが確認できました。

橋から転落すると「リフト」扱いで遠い第3ゲートまで戻され、10点も加点されてしまいます。しかし時間も5分と限られているので素早く通過したいところです。

.

.

.

ファイナリストの常連、じゅげむさんのC-sLug.

ファイナリストの常連、じゅげむさんのC-sLug.

.

予選通過順位が8位の方から走り、最後に予選トップが走行します。

予選-決勝方式なのでファイナリスト以外の参加者・観戦者はエキスパートの素晴らしい走りを全員見ることができます。そして観戦する場所も最高のアリーナ席である「ファイナルセクションの岩場」に自由に入ることができました。本当に間近で見られるのはいいですね。大興奮です。

ダブルブリッジ以外のマーカーも高難度に設定されていて、最初のマーカーすら「どうやって登るの???」と思ってしまうほどでした。

ファイナリストでも序盤のマーカーに苦戦して橋に着いた時は時間がかなり経っているということも。

.

.

.

.

タイヤが餅のような感触、片岡さんのリグ。

タイヤが餅のような感触、片岡さんのリグ。

.

そんな中、最初にタイムアップせずにゴールしたのはYSSの片岡さんでした。序盤のマーカーは皆が苦労しているのが嘘のようにスルスルと簡単に登ってしまいました。

橋は90度ターンをせずに地面にダイブ!大幅なタイム短縮・・・ですが、橋を作った甲斐がないぞー(笑)の声で爆笑。

その後もソツなく、最後の10ゲートは「指が震えてきたから早く終わりたかった」とプログレスを取らずマーカータッチで終了。あまりにスムーズにゴールまで行ったので、本当に難しいのか?と思ってしまうほどでした。いやーお見事!

.

.

.

.

さすがの技術の高さに舌を巻きましたが、驚愕の走りを見せたのが過去のエンルートカップ2戦を全勝しているFRCのしょうちゃん!

僕も動画を撮っていたのですが、橋を渡り始める直前でデジカメのバッテリーが切れてしまいました。。。

SENMOさんがスタートからゴールまでの一部始終を撮影されていますのでご紹介します。

.

いやー見事すぎます!あまりにも簡単に走ってしまいました。この走りで3連覇達成!おめでとうございます!

.

ごくオーソドックスなマシンで最強!

ごくオーソドックスなマシンで最強!

.

腕もさることながら、どんだけすごいマシンなのか興味を持ちますよね。

でも、これがいたってオーソドックスなんです。

アクスルはBERG2でOTAにしている以外は特に変わったところはなく、シャシーはAX10純正形状のカーボンシャシー、シングルアンプに電子ディグ。

タイヤはHBローバーでインナーに至っては「ローバーの付属品をそのまま使っている」とのこと。

もちろんこれが絶妙なバランスなのかもしれませんが、やはり走り込んだ腕が物凄いんでしょうね。本当に見事でした。この走りを目の前で実際に見られただけでも参加した甲斐がありました。

.

.

.

.

これで決勝のフォトレポートはオシマイです。残すは動画レポートですが、まだ編集に着手できなさそうなので少々お待ちを・・・じゅげむさんと片岡さんの走りをアップ予定です。請うご期待!

2009年 11月 18日 - Posted by | すべて, Competition, Event

まだコメントはありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。