RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■Losi 1/24 Micro Rock Crawlerのゼロ円カスタム

いやー超久しぶりの更新になってしまいました。とーんでもなく忙しい師走。ここまで忙しくなるとは思ってなかったので自分でもビックリですが、同じ業界の方も皆さん同じ状況のようで・・・

低重心化したマイクロさん

低重心化したマイクロさん

.

さて、久々の更新はLosi 1/24 Micro Rock Crawler(McRC)のチョコいじりです。McRCを手にされた方も増えて、すでに同じカスタムを施されている方も多いと思いますが、遅ればせながら僕もやってみました。

今回手を加えたのは、パーツを外したり搭載場所を変えたりするだけの「ゼロ円カスタム」です。

定番の前後サスペンションのバネを抜くドゥループ化と、ESCをフロントに移動、バッテリーをリヤに移動することによる低重心化です。

マイクロさんはノーマルではかなり転びやすい体型をしているのですが、低重心化するだけでかなり改善します。

.

.

.

.

電源スイッチがボディにひっかかる

電源スイッチがボディにひっかかる

.

フロントのサーボの上にESCを移動させたのですが、これはかなりキキます。重心がフロントの低いところに移動しますし、サーボの配線が引っかかってネジレの動きを悪くしている問題の解消にもなります。

元のステーには両面テープで貼り付けてあるだけなので、ステーのネジを外して、無理やりESCを引っぺがせばOKです。

McRCは1.27mmの超小型HEXレンチが必要でした。

僕は電源スイッチを横に出すように配置したのですが、このままだとスイッチ部分の角がボディにひっかかります。この向きに搭載しないとスイッチが操作できないんですが、この向きならボディを少し切らないといけないっぽいです。

.

.

.

サーボの配線をESCの下にもぐらせる

サーボの配線をESCの下にもぐらせる

.

ESCをサーボの上に移動させる時に、ひとつやっておいた方がいいことがあります。

ノーマルではサーボの配線がダンパーに干渉して動きが悪くなったり、左右のネジレ量が違ったりしていました。

そこで、ESCをサーボの上に移動させるついでに、サーボの配線をESCの下に挟んでもぐらせてしまいました。

これをやることで配線がダンパーに当たることがなくなりました。

.

.

.

.

.

シャシーがスカスカになりました

シャシーがスカスカになりました

.

バッテリーはリヤアクスルの上に移動し、ESCのステーとバッテリーホルダーを取り外してしまって、ずいぶんすっきりしました。

底面のスキッドプレートでしかシャシーを支えていない状態でシナルんですが、超軽量で負荷もかからないマイクロさんはシャシー剛性がほとんど要らないと判断しました。実際、この状態でもまったく問題なく走れます。

バッテリーをリヤに置いたことで、充電するときにコネクターを抜き差しするのがとても楽になりました。ゆくゆく導入するであろうLi-Poでも十分置けるスペースがあります。

.

.

.

.

.

ダンパー取り付けの向きが悪く寝かせられない

ダンパー取り付けの向きが悪く寝かせられない

.

前後ダンパーからスプリングを抜いてドゥループ化、は定番中の定番ですね。YouTubeでもドゥループ化すれ!っていう英語のコメントをたくさんもらいました:-p

スプリングを抜く方法はダンパー上部のプラスネジを抜いてダンパーごと外すだけです。オイルダンパーではないので抜き差しは楽です。

ついでにリヤは上下逆さまにしてみましたが、金属のシャフトが上に来るので逆に重心が上がったかも?今度重量を測ってみます。

ダンパーのアクスル側のステーが通常の向きと違って正対するようにネジを打つ方向なので、ダンパーをほぼ寝かせられません。

.

.

.

.

とりあえずペッタンコだけど。

とりあえずペッタンコだけど。

.

ドゥループ化した状態を真横から見るとこんな感じです。ノーマルと比べればかなりペッタンコになりました。

この状態で走らせてみましたが、、、たったこれだけでも相当走破性が上がりました。垂直立ちに近い状態まで持っていけるようになり、ノーマルとは別物です。

が、、、傾けていったときの横転限界など静的な限界はこれで相当上がったんですが、実際に段差を超える時にはまだまだ問題があります。

.

.

.

.

.

.

伸びない足、引っかかるロアリンク。

伸びない足、引っかかるロアリンク。

.

この通り、限界までダンパーが伸びた時でも足があまり伸びません。

屈折角が足りず、ロアリンクがすぐに段差に当たる角度なので前輪が接地してくれないシーンが多いんです。

これを解決するにはダンパーの取り付け位置の見直し(またはカンチレバー化)とロアリンクの曲げ形状への変更ですかね。

ってことはシャシーとロアリンクを作る必要がある、と。

2.2クラスだとかなり大変な作業ですが、McRCサイズなら発泡ウレタンをカッターで切り出したもので強度は十分です。今度はシャシーとリンクの交換をやってみたいと思います。

.

.

.

そして追々、

・サーボホーンが最初にギャップに干渉してしまう問題の解決のためにサーボ交換

・やっぱり走行時間10分は寂しいのでLi-Po化

・受信機をR6004FF、アンプを航空機用の超小型アンプにしてプロポをスティックに♪

・可能ならモーター直挿しのMOA化!(リダクションはどうやろう・・・)

なんかもやれればなーと思ってます。

.

まだまだ忙しい日々が続いてますが、年末年始は休めそうなのでボチボチやっていきます。下手すると3月末までこのペースになるかもしれませんが、どうにか時間を作らなきゃです。

sLug.さんも実はFRCエンルートカップから全く触れてなくて、まだキャリーバッグから出してもいない状態です。こっちの修理も早くやらなきゃ。

ヨコモのMINIQLOとかMcRC国内販売情報とかサンワのクローラーに最適な新型ホイラープロポMX-3X(なんと4WS&2ESCのミキシングがデフォルト設定!)とかHot Boddiesの新型タイヤHB SEDONAの情報とかOption No-1のスーパーロックファイターの走行動画とか、いーろいろご紹介したいネタがあったんですが~まぁどうにか追っかけます。ファイト俺!

2009年 12月 23日 - Posted by | すべて, Losi Micro Rock Crawler |

6件のコメント »

  1.  お仕事お疲れ様です。
     ロアリンクが引っかかって、段差乗り越えができないのは困りますよね。
     薄型のティッシュボックスですら引っかかるのはさすがに苦しいです。
     自分はプラボディを載せて、重心を上げてしまったので、あきらめてしまっていますが・・・。

    コメント by kasatake | 2009年 12月 23日 | 返信する

    • kasatakeさん
      カンチレバー化して足が伸びるようになっても結局ロアリンクが急角度になってしまって段差が乗り越えられないんですよね。
      ロアリンクを作っちゃえば解決なので、まずここから着手してみようと思います。

      ボディはプラ棒でチューバーを作るのも簡単そうですね。試してみます。

      コメント by モリカワ | 2009年 12月 24日 | 返信する

  2. なるほど~受信機を前に積んで、後ろにバッテリー積めばいいんですね(笑)
    全く気付かず、バッテリーを前に載せてしまいました。
    早速真似させて頂きます。m(__)m

    うちのMcRCはあくまでも息子用なので、カスタムはやりますが、基本的にはスピードの遅いニッケル水素で行きたいと思います。
    純正は高いですが、安いものもあるようなので、本数で勝負です。

    コメント by 坊主 | 2009年 12月 24日 | 返信する

    • 坊主さん
      前に受信機、リヤにバッテリー、にしないと受信機はリヤに積みにくいんですよね:-p
      でも理想はフロントのリンクの間に、もっと小さい受信機とESCを載せることなんですけどね。

      ニッケル水素はスピードが遅くて子供向きなんですけど、Li-Poの方が容量比で小型なのが多いんですよね。1000円以下で買えるので2本くらい買えばいいかなっと思ってます。

      元が安いだけにあんまりお金をかけるのもなーというのが悩みですね。ヨコモのまいくろさんはオプションパーツが魅力的なだけに、下手するとCR-01が買えてしまうくらいお金がかかりそうなんですよねーノーマルのCR-01が今一番ほしいです(笑)

      コメント by モリカワ | 2009年 12月 24日 | 返信する

  3. モリカワさんこんばんは。 

    私もロアリンクを作ろうと思っているんですが素材に悩んでます。何か良さげな素材ないですかねぇ? 

    私は現在Li-poにしましたがランタイムが伸びたのは良いのですがパワーも上がってしまってスリッパーが効きまくってしまいます。

    コメント by maya | 2009年 12月 24日 | 返信する

    • mayaさん
      僕はホームセンターで買った硬質発泡ウレタンを使う予定です。
      3mm厚と5mm厚と買ってありますが、3mm厚で大丈夫なら3mm厚で行く予定です。

      これならカッターで切り出すことができて楽チンです。でも欠点はヒネリの力を加えると割れてしまうことです。ネジ穴部分はちょっと大きめに作る必要がありそうです。

      板で作るので、ダンパーステーもこのロアリンクに穴を空けて作ってしまおうと考えています。

      Li-Po、確かにかなり電圧が上がりますからねーちょっと負荷が高い気はしますが、走り方でなんとかカバーすることにします。そして余ったニッケル水素は子供用の充電待機に使おうと思います。

      航空機用の超小型アンプを導入しようかな―と考えているんですが、どれもブラシレス用なので、マイクロさんに使えるサイズのブラシレスモーターを探し中です。何かいいのありませんかね?

      マイクロさんはウォームギヤなのでドラッグブレーキのことを考えなくていいのが楽です。やれるならMOA化してスティックプロポ+2アンプにして前後ディグ、までやりたいんですけどねー

      コメント by モリカワ | 2009年 12月 24日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。