RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■(2)JRプロポ製DS6301サーボ導入

サーボホーンが入手できたので、さっそくDS6301を取り付けてみました。結論から言うと、6301をBullyに倒立マウントで載せるにはサーボの耳を結構削らないとダメでした。でも削れば載ります。今回はその加工と、取り付け後の軽いインプレッションをお届けします。

1インチサーボホーンは長くていい感じ

1インチサーボホーンは長くていい感じ

.

入手したサーボホーンはOK模型というメーカーの1インチアルミサーボホーンになります。

加工ナシで使えるアルミサーボホーンの中では長めの部類で、値段も比較的安め。しかもネジでカシメて止めるタイプなので緩みにくく超お勧めです。

.

この商品、hitec HS-7955TGの時も使ってました。フタバ用が使えます。もちろんフタバのBLS-152にも。キングさんを買った時に付いていたOption No.1のCR-SVサーボにもフタバ用が使えます。

.

.

.

.

.

.

サーボホーンの長さ比べ

サーボホーンの長さ比べ

.

左のシルバーのものがフタバ用、真ん中が今回買ったJR用、右はsLug.購入時にじゅげむさんに用意してもらった、2本出しだったものの片側を切り落として作った長めのアルミサーボホーンです。

若干ですが1インチアルミサーボホーンの方が長いです。また、ボルトでカシメる構造なのもいい感じです。

概ね良い製品なんですが、ドラッグリンクを取り付けるネジ穴部分の内径がほんの少しだけ小さく、そのままだとネジが入りません。ネジ溝が切ってあるんですが、そのネジ溝をタップで切りなおすかドリルやヤスリでネジ溝を潰す必要があるかもしれません。左のシルバーのものはリューターでネジ溝を潰して拡張しました。今回のJR用もネジが入りませんでしたので拡張予定です。

.

.

.

.

.

.

.

ダンパーステーに干渉してネジ穴が合わない

ダンパーステーに干渉してネジ穴が合わない

.

さて、ここから加工・取り付けレポートです。

耳の代が多いことで入らなくなると思いきや、あてがってみたら干渉する箇所はダンパーステーとの接点部分でした。

こんなふうに干渉するとしたら、削るにしてもネジ穴部分を切り落とすのに近いところまでやらないといけなさそうです。

.

.

.

.

.

.

.

.

ダンパーステー側も削ることで耳を少しでも残す努力を・・・

ダンパーステー側も削ることで耳を少しでも残す努力を・・・

.

さすがに耳を削り落としてしまうのは、いくら金属ボディの6301といえども強度不足になりそうな気がしたので、仕方なくダンパーステーとサーボの耳と両方を少しずつ削ることにしました。

ダンパーステーの強度も心配なので、削り過ぎないように注意しながらリューターを回しました。

ダンパーステーは1mmくらい削りましたが、このくらいならまだ大丈夫、かな。

.

.

.

.

.

.

.

サーボ側も切り落としギリギリまで削る

サーボ側も切り落としギリギリまで削る

.

サーボ側は切り落とす寸前まで削りました。少しでも残っていればネジのズレは防げると思いますので、こちらもできるだけ厚みを残すようにがんばってみましたが、出来上がりはやっぱり不安になるほど薄くなってしまいました。

ちなみに、耳の代も1mmくらい削ってダンパーステーからはみ出さない程度にしてあります。これは必須ではない加工です。反対側は削っていません。

.

.

.

.

.

.

.

スペーサー都合で右下がりに。

スペーサー都合で右下がりに。

.

ギリギリまで削ってようやく取り付けできるようになりました。

ちょうどいい長さのスペーサーがなかったので右下がりになってしまいましたが、無事取り付け完了です。

サーボホーンの取り付けネジがアクスルチューブに当たりそうなのでこれ以上搭載位置を下げることができません。

ギヤボックスより高い位置に重量物があるのは嫌ですねぇ。。。普通のサーボだと、サーボ内のギヤが収められている部分だけが重いので倒立マウントにしてもそれほど重心は上がらないんですが、フルメタルジャケットはケース自体が重いので重心が高めになっていまいます。

.

.

.

.

.

ギリギリですが取り付けできました

ギリギリですが取り付けできました

.

こんな風に、削って削ってどうにか取り付けられるようになりました。

耳の代は削らない方がよかったかも・・・

一応ボルト頭の下にスペーサーを入れて面圧を上げてありますが、ここはもう少し負荷分散する方法を考えたほうがよさそうです。

.

.

.

.

.

.

.

.

アップで見るとこんな感じ

アップで見るとこんな感じ

.

削った部分をアップで見ると、本当にギリギリの削り方になっているのが分かります。

ボルト頭の下のスペーサーもダンパーステーに干渉しつつあります。なのでダンパーステーはどうしても削らないといけないようです。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

サーボホーンもギリギリ

サーボホーンもギリギリ

.

BTA(ビハインド・ザ・アクスル)化しているのでサーボホーンはアクスルの後ろに出ますが、サーボホーンをフルに振り切るとダンパーステーの下まで来ます。

ダンパーステーを削ってあるので干渉はしませんがギリギリですね。

ちなみにこの写真で見ると分かるんですが、サーボホーンにきっちりネジが通ってません。冒頭でお伝えしたとおり、このサーボホーンはネジ穴の内径が少し小さいので加工が必要です。

でもナットでボルトを受けるようにしてしまうとダンパーステーにナットが当たるようになってしまいます。その場合はサーボホーンを少し下向きに曲げる必要がありそうです。

.

.

.

.

さて、無事取り付けが完了したところで配線をつなぎ、夜のKAMA-Rockで試走してきました。

今回の配線では降圧はせずに6Vでサーボを動かすようにしてみました。予想通り、6Vでも異常は出ませんでした。

そして走行インプレッション。寒かったので10分くらい走っただけですが、正直なところ7955TGと印象が変わりません。トルク24kg・cmの7955TGに対して6301に6Vかけると45.6kg・cmものトルクを発揮して差は歴然としている、はずだったんですが、岩にタイヤがはまるケースやコジって走るようなケースでなければ、普通に走った時の印象に違いはありません。

いやむしろ、7955TGの方が若干反応スピードが速かったような気もします。

まぁイザという時にその大トルクを発揮するんだと思います。その大トルクのおかげでドライブシャフトを破損しないかどうかの方が心配です:-p

.

まだ材質が金属になっただけで、取り付け方法で負荷分散する工夫は盛り込んでいません。サーボの下に詰め物をするか、サーボ自体を保護するバンパーステーをつけるかを考え中です。

でもとりあえず、スコンブさんが走れるようになってよかった♪

7955TG×2が修理から戻ってきたら、キングさんとBastard Jr.さんに奢ってあげることにします。

2010年 2月 13日 - Posted by | すべて, Bully, C-sLug. Conversion, Servo, sLug.Bully2

4件のコメント »

  1. 私もこのフタバ用のサーボホーンを使っています。

    しかし、このサーボを買ったばかりでここまでヤスッてしまうのは、”漢”ですね~。
    あっ、買ったけど使えないよりは良いのかっ!

    45.6kg・cm!!! ほっ、欲しい。またいつもの病気がっ!

    コメント by NUMBER5 | 2010年 2月 13日 | 返信

    • NUMBER5さん
      このサーボホーンいいですね。かなりサーボからサーボホーンが抜けるっていうトラブルに悩まされていたんですが、このサーボホーンを使い始めてからトラブルがなくなりました。

      6301、さすがに高い品物なので削る向きを間違えないように何度も確認しましたよーでも削ること自体には全く躊躇がないです(笑)アクスルやギヤボックスをガンガン削っているうちに、削ることがアタリマエな感覚になってきました。

      45.6kg・cmっていうのは単純計算なので実際そんなに出ているのかわかりませんが、超ハイトルクなのは間違いないですね。多少加工しなきゃいけなくてもこれは魅力的です。
      でも重たいものをギヤボックスより上に載せるのがものすごくイヤンな感じです。

      このサーボ、もう少しスピードが速ければ大満足です。7955TGを初めて使ったときに一番感動したのはスピードでしたから。でもこれで壊れなくなれば万々歳ですね。ガードをどう作るか、まだ悩み中です。

      コメント by モリカワ | 2010年 2月 14日 | 返信

  2. さすがっ!!の一言ですね~。フルメタルジャケットを簡単に加工してしまうなんて・・・。

    早く一緒に遊びたいですね~。

    コメント by five-three | 2010年 2月 13日 | 返信

    • five-threeさん
      フルメタルジャケットなら削り放題じゃないですか(笑)
      金属=削ってもいい、っていう感覚がもうおかしいです:-p

      そろそろ週末は週末らしく過ごせるようになってきたので遊びましょう~エンルートカップには出られないですが、HAMA-Rock開拓やりましょう~天園も4Seasons-Rockも楽しいですよー

      コメント by モリカワ | 2010年 2月 14日 | 返信


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。