RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■Bastard Jr. on AX10をユニバーサルシャフト化!

カップ+ドッグボーン式のフロントドライブシャフトでは、舵角をあまりアップするとフルステア時にドッグボーンが外れてしまうことが分かったので、ユニバーサルシャフトに交換することにしました。

3Racing製のユニバーサルシャフトを購入したところまでお伝えしましたが、今回はその取り付け編です。

この写真で変更点が全部分かったらスゴイ。

この写真で変更点が全部分かったらスゴイ。

.

ドッグボーン脱落→噛み込みが原因で破損したアウトドライブシャフトの交換、その他若干のカスタマイズと調整も終わっていますが、全部書くと相当長くなってしまいそうなので、今回はユニバーサルシャフト編、次回にアウトドライブシャフト交換と若干のセッティング変更編の2本立てでお伝えします。

ちなみにこの写真は全部の作業が終わった後に撮影したものです。結構変更点があるのと、1箇所「間違い」があります。明日やり直す予定ですが、この写真で気づいたらスゴイ!

では前編・ユニバーサルシャフト化について詳しくお届けします♪

.

.

.

.

.

.

ユニバーサルシャフトと元のシャフトの比較

ユニバーサルシャフトと元のシャフトの比較

.

まず元のフロントドライブシャフトを抜いて、3Racing製のユニバーサルシャフトと比較してみました。

太さは似たような感じで細いです。ユニバーサルシャフト化すると舵角が減るんじゃないかと心配していましたが杞憂でした。ほぼ同じくらいステアできることがわかりました。むしろ大舵角で外れてしまうカップ+ドッグボーン式より舵角が大きいとも言えます。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

ユニバーサルシャフトは全バラにしてグリスアップ。

ユニバーサルシャフトは全バラにしてグリスアップ。

.

ユニバーサルシャフトは、買ってきてそのまま取り付けるんじゃなく、一度全バラにして、何かに接触する箇所すべてにグリスアップしておいた方がよいです。

シルバーのリングをずらして外し、ジョイント部分に刺さっているピンを静かに抜くと全バラにできます。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

ピンを押さえるリングの内側にネジロック剤を塗布。

ピンを押さえるリングの内側にネジロック剤を塗布。

.

マルさんにコメントで「3Racing製のユニバはピンが抜けやすい」と伺っていたので、事前に対策しておきます。

ピンが抜けないようにシルバーのリングで覆っているわけで、抜けやすいという理由はこのシルバーのリングがズレやすいんだろうと踏みました。

そこで対策。このシルバーのリングの内側にネジロック剤を塗って軽く固着させることにしました。ネジロック剤なら完全固着しないので「ズレにくい」程度で固定できるだろうと。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

装着後。確かにリングがズレる隙がある。

装着後。確かにリングがズレる隙がある。

.

AX10のドライブシャフトは左右でほんの少し長さが違うので、注意して正しい長さのものを挿入して、外したナックル類を取り付ければ作業完了です。

装着後に確認しましたが、確かにこのシルバーのリングが動ける隙間があります。ネジロック剤を塗布する前はスルスルとリングが動いていました。

もう少しリングの幅が広ければピン脱落は減る気がしますし、もう少しギリギリの径ならズレにくいんだと思いますが。。。

熱と遠心力で多少リングも大きさが変わってしまうはずなので、やっぱりネジロック剤で固定などの対策は必要なようです。

.

.

.

.

.

.

.

.

ユニバにしても大舵角は維持!

ユニバにしても大舵角は維持!

.

ユニバーサルシャフトに交換後の最大舵角はこんな感じです。

心持ち程度ですが舵角が減ってはいます。でもカップ+ドッグボーンの頃とほぼ変わらない舵角がキープできてよかった。

そうそう、ないと~さんにご指摘いただいた「ドラッグリンクをナックルの内側のネジ穴に、ステアリングワイパーを左右ともナックルの外側にすることで左右の舵角の違いやアッカーマン比が揃って、かつサーボホーンの振り幅が減ってサーボの負荷が下がる」という対策も完了しました。

これまでは確かに右フルステアと左フルステアで舵角が違っていました。でも対策後はほぼ揃いました。

.

.

.

.

.

.

.

Losi Comp CrawlerやBerg2に匹敵する舵角!

Losi Comp CrawlerやBerg2に匹敵する舵角!

.

フルステアでどのくらいの舵角になっているのか、真上から撮影して測ってみました。

これによると・・・46度!Losi Comp Crawler Race Rollerが45度、Berg2が46度ですから、それに匹敵する大舵角です♪・・・が。

今はタイヤがLosiのRock Crawという(今となっては)比較的小径なものを使っているので問題になりませんが、最近の大径タイヤを履かせるとタイヤがダンパーに干渉するはずです。

実は今でも左にフルステアした時にサーボの耳にタイヤが当たります(ひとつ上の写真参照)。Bergホイールでオフセットしているのに当たるのは厳しいですね・・・

.

.

.

.

.

.

.

この写真の方が変更点が分かりやすい。

この写真の方が変更点が分かりやすい。

.

ユニバーサルシャフト化したことで、これからは安心して爆速フルステアターンができます♪

そして次はネジ切れたアウトドライブシャフトの交換と、いくつかのセッティング変更についてお届けします。

何かが大きく変わっています。そして全体的な雰囲気もどこかしらか変わっています。さて、どこを変更したのでしょう?

&変更しなくてもよかった箇所を変更しちゃってます。そのせいでめちゃくちゃ走りにくくなりました。その間違いはどこでしょう?

謎が謎を呼んで次回へ続く。

2010年 3月 1日 - Posted by | すべて, Bastard Jr |

2件のコメント »

  1. AX10のシャフトの長さ違うんですか?全然気にしてませんでした。ヤバ!!
    確認します。ピン抜けはシルバーのリングでなくて内側からピンをみると分かると思いますが面取りされている部分がありますがその面取り部が原因かと勝手に思っています。ところでどっち側のシャフトが長いのでしょうか?

    コメント by マル | 2010年 3月 1日 | 返信する

    • マルさん
      AX10のシャフト、左右で長さが若干ですが違いました。どっちがどっちだったかは覚えてないので、バラして確認します。
      たぶん左右を取り違えては入らないと思うので、今問題がなければ大丈夫なんじゃないかと:-p

      ピン抜けって内側から起きるんですか。カップの摩耗でも抜けやすくなりそうですね。。これは対策の打ちようがあまりないかも。
      それこそピンを完全に接着するくらいしか思いつきません。でも接着しちゃうとグリスアップする時にもバラせなくなっちゃいますね。困ったなー

      コメント by モリカワ | 2010年 3月 1日 | 返信する


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。