RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■Bastard Jr. on AX10のサーボをバックマウントに。(2)

Bastard Jr. on AX10のサーボをバックマウントにしたものの、課題盛りだくさんでした。ようやくその修正が終わりました。

サーボのバックマウント完成!

サーボのバックマウント完成!

.

サーボを裏返してサーボから出るケーブルがナックルアームに干渉するのを避けました。その変更でサーボホーンが車体の中央に移動したので、サーボホーンとダンパーの干渉も解消しました。

でもサーボホーンの位置が変わったので、ドラッグリンクを短く変更する必要が。前回はオレンジ色だったドラッグリンクが、今回はCLチャレンジャー用の銀色に変わりました。

ついでにサーボのケーブルも短くカットして配線がすっきりしました。

それ以外にちょこちょこ仕様変更して結構いい感じに♪

続きを読む

2010年 3月 28日 Posted by | すべて, Bastard Jr | , , | 10件のコメント

■Bastard Jr. on AX10のサーボをバックマウントに。(1)

5リンク化しようとしたためにフロントアクスルが思いっきり前に回転してしまい、ステアリングリンク類が地面に近づきすぎたBastard Jr.さん。

そのまま走ってみましたが、やっぱりステアリングリンクがガツガツと岩に当たって走れたものじゃありません。

そこで、ステアリングリンク類を思いっきり逃がしてみることにしました。

ステアリングリンクの取り回しを大胆に変更

ステアリングリンクの取り回しを大胆に変更

.

こちらが完成品です。最近このリンクの取り回しが流行っているようで、どこかで見たような感じですが、BTAよりもリンクの取り回しに無理がなくていい感じです。

このリンクの張り方にするためにメカプレートを撤去、サーボ(とアンプ)をアクスルに直固定にしたので、多少重心が下がっていそうです。バッテリーが今までアンプのあったボンネットの位置に移動しているのでもしかすると重心は上がっているかもしれませんが、アクスル直固定にするためにアクスルから生えていたマウントを切断したので後には引けません(笑)

今回はこのカスタマイズについて詳しくお届けしたいと思います。

続きを読む

2010年 3月 23日 Posted by | すべて, Bastard Jr | , , | 2件のコメント

■Bastard Jr. on AX10の5リンク化

Bastard Jr.の前足は設計上ダンパーのストローク分しか伸びず屈折角が足りない印象なのですが、それに輪をかけて屈折できなくしている原因がAX10のフロントアッパーリンクが3リンクだと踏みました。

3リンクはちょうど三角形の点をリンクで結ぶ格好ですが、ネジレ方向には回りやすく屈折方向には動きにくいという特性を持っています。

AX10の3リンク構造ではネジレるが屈折方向に伸びない。

AX10の3リンク構造ではネジレるが屈折方向に伸びない。

.

これがAX10の3リンクのピボット部です。

ボールエンドを差し込む構造で、回転方向にはグルグル回りますが、ボールエンドの可動幅分しか屈折方向に動かないことがわかります。

実はダンパーを最大限伸ばしてもボールエンドの可動限界まで行かないので3リンクでも不都合はないんですが、動きにくい方向だというのは間違いないので手を入れてみます。

4リンクは回転方向にも屈折方向にも動きやすいという特性を持っています。でも回転方向はリンク同士の「よじれ」が発生するので、3リンクに比べると動きにくく回転軸もぶれます。

そこで、3リンクと4リンクの両方の構造を持たせた「5リンク」にしてみることにしました。

続きを読む

2010年 3月 10日 Posted by | すべて, Bastard Jr | , , | 2件のコメント

■Bastard Jr. on AX10のFrontアウターコイル化

モノは試し、とBastard Jr. on AX10のフロントダンパーをドゥループからアウターコイルスプリングに変更してみました。

車高アップしたBastard Jr.

車高アップしたBastard Jr.

.

うーん。。。

イマドキっぽい見た目ではありますが、僕のイメージするBastard Jr.はバギーのように地を這うマシンなので、好みから離れてしまってます。

このBastard Jr. on AX10はロッククローラーではなく『ロックレーサー』に仕上げようとしているのでなおさら「違う」感が・・・

それでも腹下のクリアランスがある程度初めから確保されていた方がロッククローリング時に楽なので、とりあえず腹下のクリアランスを測ってみます。

続きを読む

2010年 3月 4日 Posted by | すべて, Bastard Jr | , , | 4件のコメント

■Bastard Jr. on AX10のアウトドライブシャフト修理

ユニバーサルシャフトに交換、の次は、ネジ切れてしまったアウトドライブシャフトの交換です。

3Racing製のステンレスアウトドライブシャフトに交換することにしましたが、その名の通りステンレス製で丈夫そうです。

ネジ切れたアウトドライブシャフト

ネジ切れたアウトドライブシャフト

.

ここをネジ切ってしまうとはすごいトルクです。もしくは純正のアウトドライブシャフトの耐久性が低いのか?

今回はカップとドッグボーンが外れて噛み込んでネジ切れてしまいましたが、たとえば岩の隙間にフロントタイヤを噛み込んでも同じことが起きるわけで、やはり強化品にしておくに越したことはないようです。

この交換作業自体はそれほど難しくはなかったんですが「ネジ切れた」という状況が作業を面倒にしていました。。。

続きを読む

2010年 3月 2日 Posted by | すべて, Bastard Jr | | コメントをどうぞ

■Bastard Jr. on AX10をユニバーサルシャフト化!

カップ+ドッグボーン式のフロントドライブシャフトでは、舵角をあまりアップするとフルステア時にドッグボーンが外れてしまうことが分かったので、ユニバーサルシャフトに交換することにしました。

3Racing製のユニバーサルシャフトを購入したところまでお伝えしましたが、今回はその取り付け編です。

この写真で変更点が全部分かったらスゴイ。

この写真で変更点が全部分かったらスゴイ。

.

ドッグボーン脱落→噛み込みが原因で破損したアウトドライブシャフトの交換、その他若干のカスタマイズと調整も終わっていますが、全部書くと相当長くなってしまいそうなので、今回はユニバーサルシャフト編、次回にアウトドライブシャフト交換と若干のセッティング変更編の2本立てでお伝えします。

ちなみにこの写真は全部の作業が終わった後に撮影したものです。結構変更点があるのと、1箇所「間違い」があります。明日やり直す予定ですが、この写真で気づいたらスゴイ!

では前編・ユニバーサルシャフト化について詳しくお届けします♪

続きを読む

2010年 3月 1日 Posted by | すべて, Bastard Jr | | 2件のコメント

■Bastard Jr. on AX10の補修部品到着!

せっかく爆速で走れるようになったBastard Jr. on AX10ですが、舵角を増やしたおかげでドッグボーンが脱落して前輪がロック、そこにトルクをかけたせいでアウトドライブシャフトがねじ切れた、ところで前回までのあらすじ。

3レーシングの3点セット。

3レーシングの3点セット。

.

その補修部品が届きました。3Racing製のユニバーサルシャフトと、同じく3Racing製のステンレスアウトドライブシャフトです。

ついでに、同じ3Racing製のタムテックギア バギーチャンプ用オイルダンパーも購入しました。タミヤ純正のエアレーションダンパーもありますが、それより3Racing製は1500円近く安いんですよね。3セルLi-Poで爆速になったおかげでちょっとしたギャップでも飛んでいってしまうのが少しでも防げれば。

イーグル模型が3Racingの代理店でしたが、取り扱いをやめるとのことなので、3Racing製品は入手しづらくなるかもしれません。欲しい方はお早めに~

.

続きを読む

2010年 2月 27日 Posted by | すべて, Bastard Jr | | コメントをどうぞ

■Bastard Jr. on AX10 爆速実走テスト!

本日、天園にてロックレーサーのつもりのBastard Jr.を走らせてきました。

庭でちょっと走らせたくらいだと速すぎるかも・・・と思いましたが、広いところで走らせるともっと速くてもいいな、と思えます。でも平地は爆速で良くても岩場でクローリングするにはこれ以上速いと扱いにくくなりそうで悩みどころです。

一度5600KVくらいのモーターを積んで本当の爆速を試してみたい、んですが、致命的な問題が発生しました。

.

今回の試走の動画をアップしましたので、まずはこちらをどーぞ。

.

続きを読む

2010年 2月 22日 Posted by | すべて, Bastard Jr | | 10件のコメント

■Bastard Jr. on AX10にHS-7955TGを投入!

修理から帰ってきたハイテックのチタンギヤサーボ『HS-7955TG』、元はsLug.さんで使っていたものですが、sLug.さんにはJRプロポのフルメタルジャケットなサーボ『DS6301』を奢ったので余っていました。

そこでBastard Jr.にこのハイトルクサーボを投入することにしました。

Bastard Jr.にHS-7955TGを投入!

Bastard Jr.にHS-7955TGを投入!

.

うん、このサーボはルックスもカッコイイです。

サーボ交換のついでに、サーボホーンもOK模型の1インチアルミサーボホーンにしました。今まではRCTRAXのアルミサーボホーンを使っていましたが、それより長いサーボホーンにすることで舵角アップを狙います。

AX10で、この写真のようにサーボホーンを下向きに取り付ける場合、あんまり長いサーボホーンだとステアリングリンクにサーボホーンがぶつかってしまいます。

今回の1インチアルミサーボホーンも普通に取り付けようとするとぶつかってしまうので、ちょっとだけ工夫しました。

続きを読む

2010年 2月 21日 Posted by | すべて, Bastard Jr, Servo | | 2件のコメント

■Bastard Jr. on AX10のギヤ比変更!

タムテックギヤ バギーチャンプの爆速化の話題を取り上げる予定だったんですが、今日48Pのピニオンギヤが手に入ったので、昨日に引き続きBastard Jr. on AX10のロックレーサー化についてご紹介したいと思います。

店頭にある48Pで最小のピニオンは15Tでした。

店頭にある48Pで最小のピニオンは15Tでした。

.

今回購入したのは川田模型の超硬ジュラ・ピニオンの15Tです。

相模原のタムタムに行ってきたんですが、そこに売っている48Pのピニオンギヤで最小のものは15Tでした。

ロックレーサーとしてジャンプとかやってみたいんですが、一応ロックレーサーといえどもロッククローリングも楽しみたいので、スピードと登坂能力は7:3くらいのバランスで行きたいと思い、15Tくらいのがないかなーと考えていたのでちょうどよかったです。

ジュラコン製ですがメッキされているので金属製のような見た目です。

ジュラ「ルミン」製でした。失礼しました~

これを最初92Tのスパーに組み合わせたんですが、これじゃあまだ遅い印象。

続きを読む

2010年 2月 15日 Posted by | すべて, Bastard Jr | | 10件のコメント