RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■(2)C-sLug.制作 舵角Up!ドライブシャフト切削作業

シャシーが組み上がっただけではアクスルに組み付けられないのがBully。ノーマルで29度しかステアリングが切れないというウィークポイントを抱えているので、Bullyは舵角アップ加工が必須です。

Bullyの舵角をアップさせるためには

1.ドライブシャフトの根元を削る加工

2.ドライブシャフトのカップを削る加工

3.アクスルチューブを削る加工

4.ナックルを削る加工

の4つが必要です。

上:自作40度XVD 下:クロマニ製46度XVD(加工前は39度)

上:自作40度XVD 下:クロマニ製46度XVD(加工前は39度)

.

1.のドライブシャフトの根元を削る加工は、C-sLug.注文時にクローリングマニア店長じゅげむさんにお願いしてありました。自分で削ったドライブシャフトもありますが、僕のものは切れ角40度。じゅげむさんのは最大45度オーバーまで行けるように加工も可能(可能、なのですが、買ったままではダメです。詳しくは後述)されています。どんな感じの加工になっているのかを見たくて購入しました。

この写真は、上が今まで使っていた自作の40度XVD、下がクロマニ製39度XVDです。(自作の方がフルに切れてない写真なので比較としてヨクナイですね・・・)

じゅげむさんの旋盤加工はメチャクチャきれいです。きちんとベアリングの耳は残ってますし、そのギリギリまで切削されてます。僕の削り方よりも深く削れてますので、角度も稼ぎやすそうです。

これにちょっと加工をすることで46度まで行けました!

続きを読む

2010年 4月 26日 Posted by | すべて, C-sLug., Crawling mania | , , | コメントをどうぞ

■(1)C-sLug.制作 シャシー塗装と組み立て

いやーこの1カ月あまり、とあるサイトの公開まで全力疾走してたら公開後も忙しさキープ!でまったく更新する時間が取れません・・・

一応チャンプさんの修理とかC-sLug.用のBullyアクスルの加工とか、作業はいろいろ進めてるんですけど、それを記事に書く時間が取れてません。毎日午前2時帰宅から早く脱したいです。

C-sLug.シャシーは一通り完成

C-sLug.シャシーは一通り完成

.

さて、そんな中少しずつ進めていたC-sLug.の制作ですが、ここまで進みました。

この写真を撮った後に間違いも見つけましたが・・・向かって左側のダンパーマウントに付いているアルミの塊は、ここに付けるんじゃなかったです。後日修正します。(ちなみにダンパーマウントのネジ、10mm指定ですが10mmでは長さが足りませんでした。向かって左はC-sLug. Convから抜いた12mmを使ってピッタリ。右はほとんどナットが入ってません。10mmでいいんですかね?>謎天様)

>謎天様からお電話いただきました。「12mmが正解!10mmネジは別のところに使う&ネジの数は合ってるから12mmに変更ヨロ!&マニュアルも書き換え済み!」とのことです。

.

見た目真っ黒ですが、シャシーやリンクを自動車用ペイントで塗装してみました。あっという間にボロボロになるのは目に見えているんですが、leafさんの真っ赤なアルマイト仕上げの[G-sLug.]に感動して、なんかやりたくなったのでした。

leafさんからは「黒、シルバーは禁止」と仰せつかっていたので、ちょっとだけ味付けしてみました。

続きを読む

2010年 4月 19日 Posted by | すべて, C-sLug., Crawling mania | , | 6件のコメント

■sLug.→C-sLug. Conversion→C-sLug.!!!

久々のsLug.さんネタですが、いきなりビッグチェンジです!正式版が発売されたC-sLug.シャシーを導入することにしました♪

まるで出世魚のようですが、初代sLug.→C-sLug. Conversion→C-sLug.とクローリングマニア謹製sLug.Bullyのすべてのバージョンを通ることができました。これはいい経験ができました。

C-sLug.とパーツ一式

C-sLug.とパーツ一式

.

今回はC-sLug.シャシーキットだけでなく、車体全体をバージョンアップすることにしました。

モーターが前後違うものだったのを揃えるためにenPower 2212-1000KVブラシレス、軽量ギヤボックス前後、Bully Beef upアクスルチューブ、XVDドライブシャフト、そしてBastard Jr.用ですがCC-BECという内容です。

ご好意でC-sLug.化するために、削り落としてしまったダンパーマウントをいただきました。どなたかのパーツで余ったものを譲っていただいたとのことで、ハンドルネームを失念してしまいましたが、本当にありがとうございます!

では、今回のパーツをもう少し詳しく見ていくことにしましょう。

続きを読む

2010年 3月 18日 Posted by | すべて, Bully, C-sLug., Crawling mania | , , | 4件のコメント

■HS-7955TG修理完了!&小物のお買い物

耳折れで修理に出ていたハイテックのHS-7955TG×2が今日修理から戻ってきました。先週の水曜日に送ったので6日で修理完了です。

なんかドッサリ届きました。

なんかドッサリ届きました。

.

で、サーボ×2が戻ってきたらこんなことになってました(笑)

まず修理上がりのサーボに同梱されていたのがハイテックのカタログと卓上カレンダー、そして最近僕がTRAXXASのE-Revo VXLを欲しがっているのを見透かしているのか:-p TRAXXASのカタログ。

そしてたまたまenRouteオンラインストアで注文していた小物たちが同日に届いたので、ずいぶん賑やかな感じです。

今日はサーボの修理上がりレポと、購入した小物たちのご紹介、そしてakaさんからいただいた発見!コメントのアンサーで「円卓」と「ポテトヘッド×トルーパー」をご紹介します。

続きを読む

2010年 2月 17日 Posted by | すべて, Battery, Charger, Pro-po, Rock Racer, Servo, Wheel | , , , , , , | 6件のコメント

■サーボの耳折れと対策

さーて、更新していない間に溜まってしまったネタを少しずつ吐き出して行きたいと思います。

.

まずネタ出しの最初は現在走行不能になっちゃっているC-sLug. Conversion Bully2、略してスコンブさんの話から。

スコンブさんが走れない理由はタイトルの通り「サーボの耳折れ」です。

高価なHS-7955TGを2個も壊した・・・

高価なHS-7955TGを2個も壊した・・・

.

先日、天園でmichiakiさん、松ちゃんさんと集まってクロって来ました。が、僕のスコンブさんは開始2分でバク転させてしまって、打ち所が悪くサーボの耳を折ってしまったのでした。

スコンブさんはサーボを上下逆さまに取り付ける「バリ切れ君。」なマウント方法です。なので横向きに寝かせてマウントする取り付け方法に比べるとサーボが地面に当たりやすく、当たった時の「耳」への衝撃も大きくなります。

実はサーボの耳を折ったのはこれで2個目です。前回は昨年11月15日に開催されたFRC enRouteカップの練習で玉淀&4Seasons Rockを走らせていた時に折りました

ご覧のとおり、ハイテックのHS-7955TGという高価なサーボを2個も壊してだいぶ凹みました・・・

.

.

.

.

手持ちの予備サーボはトルク13.0kg・cmのものしかなく7955TGの24.0kg・cmと比べてスペックダウンするので載せる気がしません。

でも新たにサーボを買うとなると7955TGは1万4000円、31.0kg・cmとさらにハイトルクな双葉のBLS-152は1万5000円と高価でオイソレと買えません。

そこで、まずは7955TGをメーカーに修理に出すことにしました。

続きを読む

2010年 2月 11日 Posted by | すべて, C-sLug. Conversion, Servo, sLug.Bully2 | , | 12件のコメント

■(3)FRCエンルートカップ3 レポート

今回から動画レポート編に入りまーす。

まずは決勝戦のじゅげむさんの走りから。(音声が飛んでいるので明日作り直します。)

続きを読む

2009年 11月 19日 Posted by | すべて, Competition, Event | | 4件のコメント

■FRCエンルートカップに出発!

もーギリギリです。

日中に買い物に出たら大渋滞で帰ってきたら夜でした。そこから作業開始して今@AM2:30になってしまいました。

タイヤが新品になったC-sLug.Conversion略してスコンブさん。

タイヤが新品になったC-sLug.Conversion略してスコンブさん。

.

ボディも作り直そうと思ってましたが間に合わず、結局モーターの前後入れ替え(弱い赤モーターをフロントに、リヤに2212を)、リヤ用アンプの削り込み、リヤアクスル削り、タイヤのインナー作り直し、タイヤをHBローバー白の新品に交換、ウェイトの追加で時間切れになりました。

.

続きを読む

2009年 11月 15日 Posted by | すべて, C-sLug. Conversion | | 6件のコメント

■sLug.さんがC-sLug.Conversionに進化!

昨日パーツが届いていたんですが、組み付け作業で目いっぱい時間を使ってしまって記事を書く時間がなくなっちゃいました。1日遅れですが、【sLug.Bully2が遂にC-sLug.Conversionに進化!】というビッグニュースをお伝えします♪

.

先にお断りしておきます。sLug.→C-sLug. Conversionのパーツは正式発売前で、今回じゅげむさんに無理を言ってじゅげむさんがテスト中のプロトタイプのパーツを送ってもらっています。

というのも、先日お伝えしたとおり僕のsLug.さんがコンペ直前なのに車高調整機構の要のパーツが脱落して走行不可能になり、しかも標準sLug.のままでは今度のFRCエンルートカップのレギュレーションを通過できないことが確定(1Gでキープ可能な「最長」WBで317mm以内、という解釈になったようです)したため「コンペに参加できるようにする」ことにご厚意をいただいたのでした。

もうひとつ。sLug.ベースでコンバージョンキットを組み付けるC-sLug.Conversionと、ゼロから設計し直されているC-sLug.という車両はまったくの別物です。

C-sLug.Conversion略して「Convさん」完成!

C-sLug.Conversion略して「Convさん」完成!

.

プロトタイプのコンバージョンキットなので微調整がこれからも加わります。製品版とは違う部分がありますが、これがC-sLug.Convさんです。

・・・今までのsLug.とどこが違うか、この写真じゃ分からないですね(笑)

発売前なのでボディの中身はお見せできませんが、大きな違いは2箇所!

.

続きを読む

2009年 11月 13日 Posted by | すべて, C-sLug. Conversion, sLug.Bully2 | , , | 18件のコメント