RC Rock Crawlers – Switch! –

RCロッククローリング、クローラー情報

■公園クローリングとバッテリーマウント製作

3連休の中日に、茅ヶ崎の公園でクロってきました。

岩場の周辺が川や池になっていてワンミスで水没というところが多いんですが、ひとつだけ離れてある大きな岩を相手に練習です。

バッテリーをリヤからフロントに移設したんですが、まだバッテリーマウントを作っていなかったので、とりあえずフロントロアリンクの間にバッテリーを押し込んで走りました。おかげでちょっと重心が高くバク転しやすかったのは要改善。

ウェイトが若干足りないかな?という感じですが、軽い走り心地はイイ感じです。

.

.

続きを読む

2009年 10月 14日 Posted by | すべて, sLug.Bully2 | , , , | 8件のコメント

■(5)sLug.Bully2制作進捗

■(4)sLug.Bully2制作進捗に引き続き、今回は「おまけ」という名称の最終工程、BTAの取り付けです。

前回はサーボマウント「バリ切れ君。」に使用する全ネジが短くてサーボをうまく取り付けられない問題に直面したところで終わりました。

その連絡をクロマニ店長じゅげむさんに入れたところ、「うちのは4mmくらいしか入らんかったったいねー。アクスル個体によって全然違っとるみたい」との会話ののち、速達で34mmと4mm延長した全ネジを送ってくださいました。おかげさまで今回バッチリ取り付けすることができました。

Bully2をバリ切れ君。+「おまけ」でBTA化♪

Bully2をバリ切れ君。+「おまけ」でBTA化♪

.

まずはBTAの完成写真です。絶妙なクリアランスになってます。

「おまけ」という工程の名の通り、sLug.Bully2セットにはステアリングリンクにあたるアルミチューブ(両端にねじ切り、最初はまっすぐ)が付属していました。

あくまでも「おまけ」なので、それを自分で曲げて、手持ちのボールエンドの長さに合わせて両端をカットして、ボールエンドを付けて、ドラッグリンクも自作する必要があります。でもこの加工自体はそれほど難しくはありませんでした。

それよりむしろサーボの取り付けの方が・・・できるなら、もうやりたくない。のですが、あと2回は最低限やらなきゃいけないんですよね。今のバリ切れ君は「仮」なので、正規版のバリ切れ君。が届いたら入れ替え。モントラックス製BTAキットと比較するために入れ替え。あぁ憂鬱です。何が大変だったのかは後述します。

.

まずは今回の作業を順を追ってご紹介します。

続きを読む

2009年 7月 8日 Posted by | すべて, BTA, Bully, sLug.Bully2 | , , , , , , , , , , , , , , , , , | 14件のコメント

■モントラックス新製品 ProtoType Bully2 コンプリート

最近モントラまさよしさん直々にコメントを多数寄せていただいていて超!盛り上がりを見せているモントラックス情報ですが、タイムリーにBully2アクスル+ProtoTypeのシャシーを組み合わせたコンプリートマシンが限定発売されました!

ProtoType Bully2 コンプリート

ProtoType Bully2 コンプリート

Bully2アクスル
ピニオンギヤ
モントラックス新製品BTAキット
ロッドエンドボール
リンク
プロトタイプシャーシ
GTビードロックホイール
タイヤはオマケ

というセットになっています。試作ロットでの製作で未走行車、組みあがった状態での販売です。

価格は42,000円(税込44,100円)とセット内容からするとかなりお買い得です。

購入はこちらから

続きを読む

2009年 7月 7日 Posted by | すべて, Bully, MONTRUCKS | , , , , , , , , , , , , , , , , , | 10件のコメント

■(4)sLug.Bully2制作進捗

■(3)sLug.Bully2制作進捗の続き、バリ切れ君。でのサーボ取り付けですが、どうにか取り付けできることは確認できました。

問題は抱えつつ、一旦サーボ載せ完了

問題は抱えつつ、一旦サーボ載せ完了

こんな感じです。

ただ、本当はダンパーマウントへサーボをナット止めする部分には皿ワッシャーが入るのがマニュアルどおりなんですが、全ネジの差込深さを間違ったので、今回は皿ワッシャーを使うことができませんでした。

もうひとつの懸案だったバリ切れ君ポストの取り付け。ネジがサーボの裏側に隠れて締められない、という件は、じゅげむさんのアドバイス「サーボをグッと奥に押してサーボをずらせば締められるよ~」を実践したところ、どうにか取り付けることができました。なかなかネジ穴の位置が合わなくて苦労しましたが・・・

全ネジの差し込みなおしがあるのでまたやり直しますが、まぁ一応解決です。

続きを読む

2009年 7月 5日 Posted by | すべて, Bully, sLug.Bully2 | , , , , , , , , , , , , , , , , , | 4件のコメント

■(3)sLug.Bully2制作進捗

■(2)sLug.Bully2制作進捗ではサーボマウント「バリ切れ君。」がうまく取り付けられなかったところで終わりました。

今回はそのバリ切れ君。の取り付けに再度挑戦しました。が、結論から言うとまだ取り付けられていません。

原因はBully2アクスルの個体差、のようです。

全ネジは30mmと正しい長さ

全ネジは30mmと正しい長さ

バリ切れ君。に使用する、ダンパーマウント部分の銀色の全ネジの全長が足りず、サーボを固定するに十分なネジしろが取れない問題。

まず全ネジ自体が設計上の長さに足りていないエラーかどうかを確認しました。正常な長さは30mmですが、計ったら同じく30mm。全ネジの長さは設計どおりのものになっていました。

でも、この30mmのネジが、ネジしろがなくなるほどアクスルに深く入っちゃうんです。

どのくらい入るかというと、

続きを読む

2009年 7月 5日 Posted by | すべて, Bully, sLug.Bully2 | , , , , , , , , , , , , , , , , , | 2件のコメント

■(2)sLug.Bully2制作進捗

■(1)sLug.Bully2制作進捗に続いてsLug.の組み立て状況報告です♪

sLug.ではあんまり見ないアングルの写真:-p

sLug.ではあんまり見ないアングルの写真:-p

.

ご覧のとおり、アクスルに取り付け完了です!入り組んだリンクがかなりソソります。

ここまで組めると、sLug.最大の特徴である車高のアップダウンを手で動かして遊べるようになります。

↓車高アップダウンの写真はこちら↓

続きを読む

2009年 7月 4日 Posted by | すべて, Bully, sLug.Bully2 | , , , , , , , , , , , , , , , , , | 50件のコメント

■(1)sLug.Bully2制作進捗

sLug.Bully2、6章まで完成!

sLug.Bully2、6章まで完成!

.

今日のところはここまでできました。マニュアルの10章あるうち6章まで終わり!

あと4章分で完成です。

フロントダンパー、手持ちのオイルだと#1300というのはなくて、どうにかブレンドして近い数字にしてみました。どの程度入れればいいのかわからず、左右均等にオイルの量を揃えることはできてない感じがします。難しい~!

あと、マルチリンクの「ガタ」はちゃんとあるんですが、逆にどこまで締め込んでもキッチリ締まらない。緩める必要なくガタガタしてます。ちょっとガタが大きすぎる?

とりあえず完成させてみてから考えます♪

2009年 7月 2日 Posted by | すべて, Bully, sLug.Bully2 | , , , , , , , , , , , , , , , , , | 22件のコメント

■(2)Bully2アクスル切ったり削ったり

■(1)Bully2アクスル切ったり削ったりに続いて、またもBullyアクスルの切削情報です。

切削情報ばかり記事にするとBullyアクスルが難しく感じるかもしれませんが、必ずやらなきゃいけない作業じゃないので、もし更なるポテンシャルアップを狙うなら是非、くらいで捉えてくださいませ。

.

最近の新製品ではLosi 1/10 Comp Crawler Race rollerが舵角45度、Berg2のセカンドロットではなんと46度という驚異的な舵角を誇っていますが、実はBully2アクスルの最大の欠点はこの舵角が不足していることかもしれません。超ヘビーな重量は必ずしもデメリットにはならないと踏んでいますが、舵角不足は最近のコンペシーンでは苦しい面もあります。

今回の切削は、この舵角不足を解消するためのナックル切削です。

まっすぐな状態

まっすぐな状態

.

まずは標準状態でのBully2アクスルの舵角を測定してみたいと思います。

これがまっすぐな状態です。ここからフルにステアリングを切って舵角を計測します。

続きを読む

2009年 7月 1日 Posted by | すべて, Bully | , , , , , , , , , , , , , , , , , | 10件のコメント

■(1)Bully2アクスル切ったり削ったり

Bully2アクスル、以前「新品のアクスルながら、いきなりリューターで削らなきゃいけないらしいですwao」と書いたんですが、どこを削るのか。

これはクロックド加工したBully2には特に効く加工になります。

クロックド加工有無の比較

クロックド加工有無の比較

.

この写真をご覧ください。右がクロックド加工されたフロントアクスル、左がクロックド加工されていないリヤアクスルです。

左のリヤアクスルの形状で設計されているんですが、右のフロントアクスルのようにクロックド加工すると、モーターもギヤボックスも高いところに移動するため重心が高くなります。

そこで、少しでも低重心化してクロックド加工のネガを消すための工夫として、「ギヤケースをブッタ切ってしまおう♪」と。男義あふれる加工です(笑)

じゅげむさんが奈良トラで走らせたsLug.もこの加工が施されていました。

では具体的にどこを切るのかを見てみます。

続きを読む

2009年 6月 30日 Posted by | すべて, Bully | , , , , , , , , , , , , , , , , , | 6件のコメント

■sLug.Bully2のバリ切れ君。Ver.UP予定!

昨日パーツをざっと見た感じではどれがバリ切れ君。(ステアリングサーボマウント)なのかわからなかったのですが、今朝クローリングマニアWebサイトにアップされたsLug.Bully2の組み立てマニュアルを見てわかりました。

(sLug.は、オーナー専用のサポートページで組み立てマニュアルやセッティングノウハウ集を見ることができる特典付です。組み立てマニュアルにも今まで思いつかなかったセッティング情報が満載。初めて見た時はかなり驚きました。。。)

バリ切れ君。とはこれのことか・・・

バリ切れ君。とはこれのことか♪

.

←これのことでした。プレート形状なのかと思っていたのですが、サーボに足を付けるような形状でした。ちなみに真ん中一番下にあるパイプがBTA用ステアリングリンク、その上のプレートが余ったパーツを流用して作った簡易バッテリープレート(オマケ)だそうです。初めからBTA化できるキット構成、素敵です♪

このバリ切れ君はまだ仮バージョンで、正式バージョンを今製作中だそうです!正式バージョンでは仕様もバージョンアップされ、マウント位置がもっと下がって低重心化されるそうです。

おまけに!バリ切れ君。のバージョンアップと合わせて、アクスルの裏側にバッテリーを載せられるプレートも開発中とのこと!

続きを読む

2009年 6月 30日 Posted by | すべて, Bully | , , , , , , , , , , , , , , , , , | 2件のコメント